レコード・プレイヤー

フランス語入門日記

アントワーヌとコレット~入門日記第25回

こんにちは。フランス語愛好家のpenです。
きょうは、入門日記をお届けします。

入門日記とは、私が独学でフランス語の学習を始めたときに、自分の記録のために非公開ブログに書いていたもの。

毎週土曜日にその週やったことを記録していました。また、時々、好きなトリュフォー監督の映画のタイトルを調べながら語彙増強をはかっていました。

きょうはそんな映画のタイトルについて書いたある日の日記です。学習開始後4ヶ月ほど経過しています。



フランス語独学日記

2009年9月1日 Truffautの映画のタイトル-7

7作目は Antoine et Colette 副題が l’amour à 20 ans。1962年

また人の名前でアントワーヌとコレット*。副題は二十歳の恋。このamour という男性名詞が「愛、恋愛」という意味。

この映画は「大人は判ってくれない」のアントワーヌが17歳のときのエピソードを同じ役者(ジャン=ピエール・レオ)が演じている。

あのニヒルな少年がなぜかあぶない青年になってしまっている。

コレットに一目ぼれしたアントワーヌは、あれやこれやお近づきになるためにストーキングまがいのことをするが結局ふられるというごく短い話。

あらすじの仏文にあるストーカーまがいのアントワーヌの描写。

Il l’aborde, lui écrit, lui téléphone, l’emmène au cinéma, lui offre un disque et finit même par déménager pour s’installer en face de l’immeuble où elle habite avec ses parents.

aborder: to approach
écrire: to write
téléphoner: to call
emmener: to take
offrir: to give
même: even
déménager: to move (house)
s’installer: to settle
en face:opposite
immeuble (m):block of flats、building

最後にはコレットの近所に引っ越して、両親とは仲良くなれたのだが・・。

YouTubeに英語字幕のものがある。以前見たことあるが、古いものがいっぱい画面に登場するので楽しい。

アントワーヌはクラシック音楽が好きで、レコード会社で働いていて、レコードをプレスしたりする。

・・・古い日記ここまで・・・

*「また人の名前」と書いているのは、その前の映画も「ジュールとジム」という人名がタイトルだったからです。

「ジュールとジム」についてはこちらをどうぞ⇒突然炎のごとく~入門日記第23回

『アントワーヌとコレット』

この映画は『二十歳の恋』というオムニバス映画のパリ編です。長さは30分ほど。

『二十歳の恋』はパリ、ローマ、東京、ミュンヘン、ワルシャワという5つの都市を舞台にした青春を、それぞれの国の監督が描いた作品を集めたもの。

おそらく、トリュフォー監督のパリ編が一番有名です。ワルシャワ編はアンジェイ・ワイダ監督によるもの。東京編は石原慎太郎監督のものです。私はパリ編しか見ていません。

アントワーヌというのは、「大人は判ってくれない」で出てくるアントワーヌで、いわゆるアントワーヌ・ドワネルものの二作目です。

「大人は判ってくれない」についてはこちらに書いています⇒「大人は判ってくれない」の原題知ってる?~入門日記第12回



日記の中のフランス語について

当時は、英仏辞典を使うことが多かったので、単語の意味を英語で書いています。改めて、日本語で記しておきますね。

aborder:近づいて話しかける
écrire 書く

téléphoner 電話する

emmener 連れて行く

offrir あげる

même ~でさえ

déménager 引っ越す

s’installer 住む

en face 正面に

immeuble (m) 大きな建物、ビル、アパート、マンション

文章の和訳は

彼は彼女に近づき、手紙を書き、電話をし、映画に連れ出し、レコードをプレゼントし、とうとう彼女が両親と暮らしているアパートの真ん前に引っ越しまでします。

このようにアントワーヌは猛然とアタックしたのですが、コレットからは兄のような存在と見られて、あっさりふられてしまいます。コレットの両親からはすごく気に入られるのですけどね。

過去の入門日記はこちらからどうぞ⇒フランス語入門日記~目次を作りました

いかがでしたか?

この日記を書いたときは、中に書いた仏文の意味は辞書をひいても、ぼんやりとしかわかりませんでした。さすがに今はわかるようになっていて、よかったです。

少しフランス語を勉強すれば、この程度の文章はわかるようになります。

「フランス語をやってみたいけど、難しくて無理そう」と思っている方は気軽に始めてみてはいかがでしょうか?

何も皆が皆、ペラペラとフランス語をしゃべったり、翻訳や通訳ができるようになる必要はありませんから。

それでは、次回の入門日記をお楽しみに。






海岸映画『プチ・ニコラの夏休み』がフランスで公開 後編前のページ

歌と訳詞:アナと雪の女王「雪だるまつくろう」~フランス語版次のページ雪の女王

ピックアップ記事

  1. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 炎

    フランス語入門日記

    突然炎のごとく(フランソワ・トリュフォー)~入門日記第23回

    入門日記のお時間です。このコーナーでは私が独学でフランス語の学…

  2. ペン 勉強中

    フランス語入門日記

    フランス語を始めて二ヶ月半たったころ~入門日記第13回

    フランス語を始めたばかりの頃の日記のご紹介です。私の初めてのフ…

  3. 脳に汗かくpen

    フランス語入門日記

    暗記するためパタパタシートをパタパタさせてはみたものの・・・入門日記第6回

    ラジオ講座の内容を覚えるために作っていたパタパタシートをご紹介します。…

  4. フランス語学習中のpen

    フランス語入門日記

    冠詞にも前置詞にも見えるdeの話~入門日記第11回

    不定期に、私がフランス語の学習を始めたばかりの頃の日記をのせています。…

  5. 辞書とpen

    フランス語入門日記

    ついにプチ・ロワイヤル仏和辞書を買う~入門日記第19回

    独学でフランス語を始めたころの日記を紹介しています。ラジオ講座…

  6. 単語カードと私

    フランス語入門日記

    私の単語の覚え方~入門日記第22回

    半年ぶりに入門日記の記事です。このコーナーは、私が独学でフラン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP