ウエディングケーキ

百合のFranceウォッチング

L42 フランス人の結婚観

ラジオ講座『百合のFranceウォッティング』第42課の受講メモです。

この日のスキットでは、さくらが「(今はパックスだけど)子どもが生まれたから、結婚するつもり」と話していました。

きょうのメニュー

  • commeのいろいろな用法
  • ポーズカフェ~フランスのカップル事情
  • それでは、復習行ってみよう。



    commeのいろいろな用法

    Come nous avons eu un bébé…
    私たちは子どもができたので

    commeは接続詞ですが、副詞や前置詞のような機能もあり、いろんな意味があります。主だったものをまとめてみました。

    ~のように、~と同じく

    Elle est sage comme sa mère.
    彼女は母親同様、賢い。

    Faites comme vous voulez.
    あなたのしたいようにしてください。

    Il fait noir comme dans la nuit.
    夜のように暗い。

    ~として comme+無冠詞名詞

    Je vous conseille comme un ami.
    友人としてきみに忠告します。

    Qu’est-ce que tu prends comme dessert ?
    デザートは何にする?

    ~なので(理由)

    Comme il pleuvait, je suis resté chez moi.
    雨が降っていたので、家にいた。

    Comme on n’a pas le temps, on va prendre un taxi.
    時間がないからタクシーに乗ろう。

    感嘆、驚きを示す

    Comme le temps passe vite !
    時がたつのはなんて早いのだろうか。

    Comme il y a longtemps que nous ne nous sommes pas vus !
    ずいぶん長い間会いませんでしたね。実に久しぶりです。

    comme si + 半過去/大過去 まるで~のように

    (イディオムのように用いられる表現もたくさんありますが、一つだけ書いておきます。)
    Il dort comme s’il était mort.
    彼は死んだように眠っている。



    ポーズカフェ~フランスのカップル事情

    書き取り

    子どもができたから、パックスから結婚に移行するのは一般的なのですか?

    Pas nécessairement, ce sans doute Sakura qui en tant que Japonaise est très attachée à l’institution du mariage.

    On ne peut pas généraliser mais c’est certain que pour une majorité de Français, cela n’a pas de sens de faire durer un mariage continu à plus d’amour.

    Au Japon, le divorce est souvent mal vu et l’on parle de «batsuichi» mais en France le divorce n’a plus de connotations négatives de nos jours.

    En France il n’est pas rare du tout de se remarier et de fonder une nouvelle famille après avoir divorcé.

    要約

    必ずしもそうではない。さくらは日本人だから結婚という制度に執着があるのだろう。

    一般化はできないが、フランス人の大部分は愛がないのに結婚しているのは無意味だと考える。

    日本では離婚は悪くとられることが多いが、現代のフランスではそんなことはない。離婚後、再婚して、新しい家族をもうけるのは珍しいことではない。

    単語メモ

    en tant que + 無冠詞名詞
    ~として、~の資格で
    En tant que spécialiste, je vous donne mon avis.
    専門家として、私はあなたに意見を述べます。

    ★第26課以降の記事の目次はこちらです。
    『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~)

    エンディングテーマが流れるところで、シルヴィ先生が「フランスの女性はいつもサプライズを期待してます」と言われてましたね。

    日本の女性だってそういうことがあるとうれしいと思いますけど。

    話は変わりますが、フランス語の結婚は mariage (マリアージュ)、英語は marriage (マリッジ)とRが2つ。混乱します^^;






    チューリップかわいいフランス語教えます~その23 花言葉【第8回】前のページ

    子ども新聞が伝えるオランド大統領の熱愛騒動~大統領の私生活は報道されるべきか否か次のページパリ

    ピックアップ記事

    1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
    2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
    3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

    関連記事

    1. 自転車競技選手

      百合のFranceウォッチング

      L33 ツール・ド・フランスとは?

      藤田先生のラジオ講座初級編、第33課の受講メモです。きょうは3…

    2. クリーム

      百合のFranceウォッチング

      L21 日本人女性は若く見える

      ラジオ講座、百合のFranceウォッチング、受講メモです。この講座では…

    3. クスクス

      百合のFranceウォッチング

      L61  クスクスとはどんな料理?

      ラジオ講座、『百合のFranceウォッチング』第61課の受講メモです。…

    4. ショーウインドウ

      百合のFranceウォッチング

      L23 フランスのデパート事情

      藤田先生によるとフランスのデパートのショーウインドウは、下着のディスプ…

    5. ステーキ、フレンチフライぞえ

      百合のFranceウォッチング

      L24 フランスの家庭料理

      百合のFranceウォッチング、受講メモです。第24課は買い物を終えて…

    6. パリ・プラージュ

      百合のFranceウォッチング

      L32 パリ・プラージュとは?

      百合のFranceウォッチング第32回の受講メモです。この日は3人でパ…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    新しく書いた記事です。

    1. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
    2. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
    3. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
    4. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
    5. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
    6. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?
    7. パンテオンから見るパリの景色
    8. フランスの子どもたち、新学期の用意にマスクが加わる
    9. ツール・ド・フランスとは何ですか?(動画)
    10. パンテノン(パリにある建物)とは何ですか?

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    フランス語の勉強法とか

    1. 日めくりとpen
    2. 黒板
    3. 星の王子さまの本

    アーカイブ

    PAGE TOP