トラとネコ

時事ニュース

パリ郊外で目撃された虎は実は巨大な猫でした

「パリ近郊に現れた虎は実は猫だった」というニュースを子ども新聞で読みました。

先週の木曜日に、パリ近郊のセーヌ=エ=マルヌ県で、虎を目撃したという情報が住民から寄せられました。その後、大規模な捜索が行われていましたが、「実は虎ではなく、大きな猫」という結論に至ったというものです。

記事のタイトルは
Seine-et-Marne : pas un tigre, mais un “gros chat” !
セーヌ=エ=マルヌ県:虎ではなく、「巨大な猫」!

それでは訳していきます。



Seine-et-Marne : pas un tigre, mais un “gros chat” !

セーヌ=エ=マルヌ県:虎ではなく、「巨大な猫」!

Ce n’est pas un tigre, mais un “gros chat” en liberté qui a été aperçu jeudi et vendredi, en Seine-et-Marne. Les autorités et les spécialistes se sont trompés en analysant les empreintes et les photos. Le dispositif de sécurité et les recherches ont donc été allégés.

木曜にセーヌ=エ=マルヌ県で目撃されたのは、虎ではなく、「巨大な猫」でした。当局と専門家は、足あとと写真の分析を間違えたのです。よって安全措置と捜査は、ゆるめられました。

セーヌ=エ=マルヌ県のモンテヴランの住民によって、虎が目撃されたと通報があってから、一匹の虎が全メディア(テレビ、ラジオ、新聞、インターネット)の注目の的でした。

当局と専門家は、写真と足あとからそれが虎であると確信しました。しかし、その地域の動物のいる公園や、サーカスからは虎が逃げたという通報はありませんでした。

住民を守るため、大掛かりな安全対策がとられました。

・200人の警察官と憲兵が広範囲に渡って監視。その広さは、サッカー場、4つから5つに相当。

・市民を守るヘリコプターが上空を飛行。このヘリコプターは赤外線カメラ(熱を出しているものの位置を割り出せる)を搭載。

・3つのコミューンの住人に家にいるように勧告。

・子どもたちの徒歩の下校の禁止。

しかし、金曜日にどんでん返しがありました。専門家が残された足あとを再度調べ、それはネコ科の動物ではあるが、虎でもなく、オオヤマネコでもないと断定したのです。

10キロほどの大きな猫か、20~30キロのネコ科の動物とのこと。いずれにせよ、この動物は危険ではありません。

「大きなネコ科の野獣はいませんから、住民に危険はありません。」パリ地域の野生動物と、国の狩猟協会の責任者である、エリック・ハンソンは説明しました。

そのため、小規模な安全措置を残し、捜査の手はゆるめられました。

パリや、フランスの都市で、ネコ科の野獣のフォールス・アラートがあったのは、これが初めてではありません。エリック・ハンソンによれば、「動物の足あとからその動物を特定するのは決して簡単ではない」とのことです。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Seine-et-Marne : pas un tigre, mais un "gros chat" ! ☆記事が削除されたので、リンクをはずしました(2020/08/10)



単語メモ

en liberté 自由に

empreinte 痕跡、足あと

dispositif  対策

alléger  軽くする

gendarme 憲兵

survoler 上空を飛ぶ

repérer  位置を割り出す

coup de théâtre   どんでん返し

lynx オオヤマネコ 
関連エントリー⇒ 「虎と小鳥のフランス日記」第30話 チープ&シック その2 ヤマネコについてい書いています。

いかがでしたか?

フランスで「虎が出現した」という誤ったニュースが流れたのは、これが初めてでない、と書かれていますね。そんなにたくさん虎がいるのでしょうか?

セーヌ=エ=マルヌ県はディズニーランドがあるのですが、そこから逃げる可能性もあるのかも。

目撃された猫は見つかってないようですが、意外とどこかの飼い猫かもしれないですね。






まさかの友フランス語のことわざ61~困ったときにこそ本当の友だちがわかる(まさかの友が真の友)前のページ

フランス語の数字【第19回】~17(ディセット)次のページseventeen

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. アバ

    時事ニュース

    アバの記念ミュージアムがストックホルムで開館~その1

    先月初めにスエーデンのストックホルムで、アバの記念ミュージアムが開館し…

  2. パリ

    時事ニュース

    2017年フランス大統領選挙入門

    フランスの子ども新聞、jde.fr から、フランスの大統領選挙に関して…

  3. 海とかもめ

    時事ニュース

    プラスチックの海を掃除する船、オーシャンクリーンアップ

    海にたまったプラスチックを掃除する船、The Ocean Cleanu…

  4. 自己隔離中

    時事ニュース

    外出制限の中、あるフランス人家族はどんなふうに暮らしているか?

    COVID-19の感染拡大防止措置のため、フランスではきびしい外出制限…

  5. pen新聞

    時事ニュース

    ニュースの記事のまとめ(1)

    ニュースの記事の目次を作りました。ニュースの記事とは子ども新聞やEur…

  6. アメリカの国旗

    時事ニュース

    アメリカ合衆国の就任式で行われること。トランプ大統領の就任にちなんで。

    フランスの子ども新聞よりトランプ大統領の就任式に関する短いニュースを紹…

コメント

    • かぢゅ*
    • 2014年 11月 28日

    こんばんは(*’▽’)
    penさんお久しぶりです^^

    このニュース私も気になっていました!
    パリ郊外にトラが・・・!と心配していたのですが
    猫だったようで安心したというか・・・笑

    でもつい最近はパリのシャンゼリゼ通りのカルティエ?で
    銃撃があったみたいですね。。。

      • フランス語愛好家
      • 2014年 11月 29日

      かぢゅ*さん、こんにちは。

      猫でもこんなに大きいと、私はこわいです。

      はい、カルティエで強盗がありましたね。
      フランスはアメリカみたいに一般人にはそんなに簡単に
      銃は手に入らないと思うから、その筋の人の
      犯行かもしれないですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. ギロチンの歴史(前編)
  2. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
  3. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
  4. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
  5. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
  6. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
  7. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
  8. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
  9. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
  10. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 日めくりとpen
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

アーカイブ

PAGE TOP