ビストロ

フランス語を読む練習

フランス名物、アンドゥイエットとは?

アンドゥイエット(l’andouillette )に関する3分のアニメーション動画を紹介します。ARTEのKarambolageシリーズの一つです。

アンドゥイエットは、豚の臓物を詰めたソーセージで、独特の匂いがします。



アンドゥイエットって何?

3分12秒。

L’andouillette トランスクリプション

Klaus a faim. Normal. Il a marché toute la journée. Il a vu le Jardin des Plantes, l’Île Saint Louis et même le Sacré Coeur. Et comme demain il retourne en Allemagne, il veut se régaler une dernière fois dans un bon restaurant français.

Ca tombe bien, en voilà un. Avec des nappes à carreaux, des carafes d’eau sur les tables et une ardoise qui annonce la spécialité de la maison : l’andouillette. «Formidable» se dit Klaus, je ne connais pas, je vais goûter ça.

Klaus s’installe, commande une andouillette AAAAA, c’est comme ça que c’est marqué sur la carte, et grignote un peu de baguette en attendant son plat, chose qu’il ne peut pas faire dans un restaurant allemand.

Car dans un restaurant allemand il n’y a pas de pain sur les tables.

Quand le patron revient avec l’andouillette, qui se trouve être une grosse saucisse grillée, c’est d’abord l’odeur qui frappe Klaus. Une odeur très particulière, très forte. Un peu comme une odeur de… «Mais non, ce n’est pas possible» se dit Klaus en balayant tout de suite cette pensée dégoûtante.

Le patron pose l’assiette, lui souhaite bon appétit et reste dans les parages, un sourire malicieux aux lèvres.

Ce n’est pas la première fois qu’il observe un touriste manger sa première andouillette et à chaque fois ça lui égaye un peu son quotidien.

Klaus, tiraillé entre appréhension et curiosité, prend son courage à deux mains et la coupe en deux.

La saucisse exhibe alors sa généreuse farce : des gros morceaux roses de…de quoi au juste ?

Ahuri, Klaus demande au patron, «qu’est-ce que c’est ? ».

«Et bien» répond celui-ci, «ce sont des abats. De l’intestin de porc et de fines lamelles d’estomac de porc. Le tout a été scrupuleusement nettoyé, mais pas trop assaisonné pour laisser place au goût authentique de la matière première.»

Justement, en parlant d’authentique, l’andouillette que Klaus s’apprête à manger, a reçu le label AAAAA, décernée par une association qui veille à la qualité des andouillettes en France.

AAAAA, ce n’est ni une exclamation de plaisir gourmand, ni un cri de dégoût. C’est le nom de l’Association Amicale d’Amateurs d’Andouillette Authentique, fondée à la fin des années soixante par cinq chroniqueurs gastronomiques.

C’était le rire un peu particulier de l’un d’entre eux «Ah Ah Ah Ah Ah», qui a inspiré ce nom.

Il paraît que la France est, avec le Vietnam, le seul pays à fabriquer cette spécialité culinaire dont l’odeur peut indisposer certains, y compris parmi les Français.

En gros, on pourrait diviser les Français en deux groupes : ceux qui adorent l’andouillette, et ceux qui préfèrent mourir de faim plutôt que d’en avaler une bouchée.

Car l’andouillette a une odeur vraiment très très particulière.

A ce propos, le patron site la fameuse phrase de l’ancien maire de Lyon, Edouard Herriod : «La politique, c’est comme l’andouillette. Ca doit sentir la merde, mais pas trop.»

Puis, le patron dit à Klaus : «Allez-y, elle va refroidir.» Courageux, Klaus prend alors sa fourchette et son couteau, coupe un bon morceau d’andouillette, le met dans sa bouche, mâche lentement, avale, regarde le patron et ose : «C’est très bon».

☆トランスクリプションの引用元⇒L'andouillette (A2+/B1) | La Boite à FLE

アンドゥイエット:和訳

クラウスは空腹でした。当然です。1日中歩き回りましたから。

植物園、サンルイ島、サクレクール寺院すら見ました。

明日、ドイツに帰るので、最後においしいフランスのレストランで食事をしたいと思いました。

ちょうどいいのがありました。

チェックのテーブルクロスがかかっているテーブルの上には、水差し(カラフ)、スレートには、この店の名物料理として、「アンドゥイエット」と書かれていました。

「すばらしい」クラウスは思いました。何か知らないけど、食べてみよう。

クラウスは席に着き、アンドゥイエットAAAAAを注文しました。そう、メニューに書かれているのです。

料理を待つ間、少しフランスパンをかじりました。ドイツのレストランでは、できないことです。

ドイツのレストランでは、テーブルにパンは置いてありませんから。

店主がアンドゥイエットを持って戻ってくると、それは、大きなソーセージを焼いたものでした。

クラウスはすぐ匂いに気づきました。

とても特別で、とても強烈な匂い。

この匂いは、少し、あの匂いに似ている……

「いやいや、そんなはずはない」。クラウスはそう思い、すぐにおぞましい考えを打ち消しました。

店主は皿を置き、召し上がれと言って、その場にとどまりました。冷やかすような笑みを浮かべながら。

店主が、はじめてアンドゥイエットを食べる旅行者を見るのは、はじめてではありませんでしたが、毎回、それは、彼の日常を少しばかり楽しいものにしてくれるのです。

クラウスは、不安と好奇心の間で葛藤しながらも、勇気を奮い起こし、ソーセージを2つに切りました。

ソーセージの中身は、ピンク色の大きなかたまり……いったい何だろう?

驚いたクラウスは、店主に尋ねました。

「これはなんですか?」

「ああ」店主は答えました。

「臓物です。豚の腸と豚の胃袋の薄切りです。すべて丁寧に洗ってあります。でも、味付けは薄めです。素材の本物の味を残すために」。

ところで、本物と言えば、クラウスが食べようとしているアンドゥイエットは、フランスの、アンドゥイエットの品質を管理している協会からAAAAAラベルを得ています。

AAAAAは、食道楽の人の驚きの声でも、嫌悪の叫びでもありません。

「Association Amicale d’Amateurs d’Andouillette Authentique(本物のアンドゥイエットの愛好家の友好クラブ)」のことです。

このクラブは、60年代末に、5人のフードジャーナリストによって設立されました。

その中の一人の、「あ、あ、あ、あ、あ」という少々独特の笑い声が名前の元になっています。

フランスはベトナムと共に、この特別な料理を作る唯一の国のようです。

その匂いは、一部の人々を不快にさせ、その中にはフラン人も含まれます。

一般に、フランス人は2つのグループに分けることができます。アンドゥイエットが好きな人たちと、アンドゥイエットを口にするぐらいなら、餓死したほうがましだと思う人たちです。

というのも、アンドゥイエットは、本当にとても独特な匂いがするからです。

この点については、元リヨン市長のエドゥアール・エリオッドが有名な言葉を残しています。

「政治は、アンドゥイエットのようなものだ。くそのように感じられるが、それほどひどくはない」

その後、店主はクラウスに言いました。「さあ、さめてしまいますよ」

勇気を出して、クラウスは、ナイフとフォークを手に取り、アンドゥイエットの塊を切って、口に運びました。ゆっくりかみ、飲み込み、店主を見ると、言い放ちました。

「とてもおいしいです」。

単語メモ

les parages  近所、周辺、地域

prendre son courage à deux mains  敢然と決心する、勇気を奮い起こす

ahuri  唖然とした、面食らった

abats  臓物、もつ

une lamelle  (小)薄片

décerner  賞などを授与する

veiller à  ~に注意する、気をつける

indisposer  不快にさせる



アンドゥイエット関連動画

フランス北部のArras(アラス)のレストランのアンドゥイエットをルポした動画です。

5分52秒。

動画だとにおいはしないから、ふつうのソーセージに見えますね。

私は臓物は苦手なので、アンドゥイエットも食べたくありませんが、好きな人は好きなのでしょう。






ボクシングアルコール依存症から立ち直ったカミーユ(後編)前のページ

私はそこにいる(Je serai là):ジネット・ルノ(歌と訳詞)次のページ母と娘

ピックアップ記事

  1. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. ピンクのバラの畑

    フランスにまつわるあれこれ

    香水の都、グラース(Grasse)ってどんなところ?

    南フランスにあるグラース(Grasse)という街は、香水産業で有名です…

  2. モナ・リザ

    フランス語を読む練習

    モナ・リザの盗難事件(1911年8月22日)

    ルーブル美術館に飾られている、世界的に有名な名画、『モナ・リザ』は、美…

  3. おうむ

    フランスにまつわるあれこれ

    フランスのあいさつ、ビズはどうやるのか?

    フランス人があいさつするときするビズ(bise)を取り上げている短い動…

  4. 修理する人

    フランス語を読む練習

    こわれたものはリペアカフェを利用して修理して使おう。

    物がこわれてもすぐに捨てて買い換えるのではなく、リペアカフェ(修理カフ…

  5. 木製クリップ(ハートの飾り)

    フランス語を読む練習

    バレンタインデーとその神秘~その5 相手がいる人のバレンタインデー その2

    フランスの若い女性向けWebマガジンにのっているバレンタインデーの記事…

  6. カラスとキツネ

    フランス語を読む練習

    カラスとキツネ(タイトルのフランス語:第7回)

    『カラスとキツネ』というお話のフランス語のタイトルを紹介します。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP