ブシー・サン・マルタン教会

虎と小鳥のフランス日記

ブシー・サン・マルタン教会(パリ郊外)「虎と小鳥のフランス日記」第121話

今週の虎と小鳥は、パリから東へおよそ25キロ行ったところにある村、ブシー・サン・マルタン(Bussy-Saint-Martin)にある教会が舞台でした。

カミーユとアントワーヌの友だちであるザヴィエという人がこの村の古い教会について説明してくれます。

村の名前と同じブシー・サン・マルタン教会です。

きょうのメニューは

  • 重要表現3つ
  • 表現の解説
  • 教会の中で熱唱するカミーユ
  • ブシー・サン・マルタン教会
  • 以上です。

    それでは、早速復習します。



    第121話より重要表現3つ

    その1 大切なもの

    ザヴィエに対してアントワーヌが、

    ところで、この教会はきみにとって特に大切なものなの?

    ブシー・サン・マルタン教会

    Et toi, c’est une église qui te tient particulièrement à cœur ?

    その2 ここで生まれ育ったから

    それに対して、彼は

    うん、もちろん大事なものだよ。
    僕はここで生まれ育ったからね。

    ブシー・サン・マルタン教会

    Alors moi c’est une église effectivement qui me tient à cœur dans la mesure où j’ai grandi ici.

    ザヴィエは歴史、特に中世が好きなのだそうです。

    その3 昔は柱に色がついてた

    昔の教会はカラフルに色が塗られていたというザヴィエ
    今は色が落ちているから、カミーユが

    残念ね。

    ブシー・サン・マルタン教会

    C’est dommage qu’on puisse pas…

    重要表現をちょっと解説

    ~にとって重要である tenir à cœur à ~

    tenir は持つ
    à cœur は心臓に
    ですから、「重要だ」という意味になるのは想像つきますね。心にひっかる⇒大切だ、ということです。

    Ce livre lui tient à cœur.
    その本は彼にとって重要だ。

    ~の範囲で dans la mesure où+直接法

    ~の範囲で、~の限りにおいて

    mesure はメジャー(洋服のサイズをはかるやつ)のもとの単語です。この場合は、「範囲」という意味

    Je vais t’aider dans la mesure où je peux le faire.
    できる限り手伝うよ。

    Vous ferez des progrès dans la mesure où vous ferez des exercices.
    練習すればそれだけ上達しますよ。

    残念ね c’est dommage que+接続法

    que以下のことは残念である

    C’est dommage qu’il pleuve aujourd’hui.
    Du coup on ne peut pas faire un pique-nique.
    雨降りで残念。
    だって、ピクニックに行けないから。

    きょうのライブ

    今回もカミーユの歌声が聞けました。
    なんと、教会の中でTomo Hatanoとライブを展開。

    ブシー・サン・マルタン教会

    Tomo Hatanoとはうどん屋さんでマヌーシュを演奏していたギタリストです。
    参考⇒オペラ地区で聞くジャズ・マヌーシュ「虎と小鳥のフランス日記」第115話

    ブシー・サン・マルタン教会

    お客さんたちも比較的楽しそうでした。

    ちなみに歌っていたのは、ジョージ・シアリングの「バードランドの子守唄」なのですが、他の歌みたいに聞こえました。

    たぶん、教会の中だと声が響きすぎるからだと思います。



    ブシー・サン・マルタン教会

    この建物はけっこう古くてザヴィエによると、11世紀までさかのぼるとのこと。

    この教会が建てられる前にも、ベースとなる教会が別にあり、それは7世紀ごろのものだったようです。

    11世紀でも充分古いですね。1000年前ですから。

    この教会は11世紀~12世紀にかけて作られたので、ロマネスクとゴシックの建築様式がまざっています。

    ザヴィエはそれを

    C’est une église composite.
    この教会は様式的に不統一なんだ。

    と表現していました。

    composite 雑多な、寄せ集めの ⇔ homogène

    また、ゴシック建築の教会は始めは、柱や、彫像などはカラフルに彩色されていたそうです。

    でも塗料はすぐに落ちてしまうので、今は石の色しか残っていないのです。

    ほかにも、この教会が巡礼路の休憩地であったので、巡礼者はここで聖マルティヌスに祈りを捧げ、蹄鉄を扉に打ち付けていったこと。

    ブシー・サン・マルタン教会

    ブドウ畑の守護聖人の聖ヴァンサン・サラゴスのこと。

    ブシー・サン・マルタン教会

    ブドウ畑の守護聖人なので、ブドウをぶらさげています。

    興味深い話がたくさんありました。

    この教会は古いわりに、外観がきれいなのですが、これは20年間かけて修復し1999年に再度扉を開いたからです。

    内装は、かなり昔のものが残っているとは思いますが、そのあたり、教会建築にうとい私には、「古そうだ」ということしかわかりませんでした。

    古い教会に興味のある方のために、画像をたくさんご紹介しますね。

    ブシー・サン・マルタン教会

    ブシー・サン・マルタン教会

    この村の人口は600人だそうです。

    こんな村がパリのすぐそばにあるなんて、なんだか不思議な気分でした。






    関連記事

    1. サンバの演奏

      虎と小鳥のフランス日記

      パリの日曜日のサンバ~「虎と小鳥のフランス日記」第54話

      こんにちは。フランス語愛好家のpenです。きょうは「虎と小…

    2. イングリッシュ・ブレックファースト

      虎と小鳥のフランス日記

      パリで食べるイングリッシュ・ブレックファーストの味は?

      「虎と小鳥のフランス日記」第107話で、カミーユさんがル・ナポレオンと…

    3. パレ・ロワイヤル

      虎と小鳥のフランス日記

      コメディ・フランセーズ~「虎と小鳥のフランス日記」第23話

      金曜日は「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーを1つずつ見ています…

    4. ロシュフォールの恋人たち
    5. モンマルトルの家庭菜園~ゴッホ

      虎と小鳥のフランス日記

      モンマルトルの収穫祭 2013年 その1「虎と小鳥のフランス日記」第128話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」は10月の9日から13日まで行われてい…

    6. パリ10区の区役所

      フランスにまつわるあれこれ

      フランスの大統領選挙 後編~「虎と小鳥のフランス日記」第50話

      「虎と小鳥のフランス日記」のバック・ナンバーも週1本ずつ復習しています…

    コメント

    1. こんにちは、パリに16才のとき行ったのですが、教会にいくつかはいったときの、ことを思いだしました。サビィエさんのように歴史をしっているともっと楽しめますね。

        • フランス語愛好家
        • 2013年 10月 13日

        花南さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
        16歳!なんだかときめく響きですね。
        ザヴィエさんは、この城の関係者かもしれないです。
        みょうにいろいろ知っていました。
        もともと歴史が大好きだったんですって。
        私も歴史ってよく知らないのですが、この講座始めたら、少しずつ知識がついてきました。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね♪

    CTL+D でお気に入りに登録。

    Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

    follow us in feedly

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    おすすめ記事いろいろ

    1. 夏(季節の単語)~フランス語の暦(2)
    2. 帽子の選び方~あなたの顔にあったデザインは?前編
    3. 映画 Le Papillon(パピヨンの贈りもの)予告編のフ…
    4. 愛にちなんだ言葉~恋は空腹で生き…~アルフレッド・ド・ミュッ…
    5. エステサロンに関係のある単語~かわいいフランス語教えます(9…
    6. L4 空港からは乗り合いタクシーがお得
    7. 予告編のフランス語:『屋根裏部屋のマリアたち』(1)
    8. 「まいにちフランス語」7:初級編L19-21~er動詞
    9. 「ベルサイユのばら」の新作を再掲載~週刊マーガレット第13号…
    10. ドビュッシーの生涯~前編

    新しく書いた記事です。

    1. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
    2. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
    3. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
    4. シャーベットができるまで。カルカソンヌのアイスクリーム工場ル…
    5. 趣味に関する単語:かわいいフランス語教えます(117)
    6. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
    7. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …
    8. 第二次世界大戦で起きた奇跡の救出作戦、「ダンケルクの戦い」と…
    9. アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。
    10. エモーティコン(絵文字)は言葉の世界を変えるか?

    おすすめのまとめ記事

    1. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
    2. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
    3. フランス語の名言の記事の目次
    4. フランス語のことわざ~目次 その2
    5. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
    6. フランス語入門日記~目次を作りました
    7. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
    8. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
    9. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
    10. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1

    フランス語の勉強法とか

    1. ペンディクテ中
    2. 黒板
    3. 星の王子さまの本
    4. 黒板
    5. penのイラスト

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    アーカイブ

    1. 本屋

      フランス語の教材

      フランス語の達人になるために~その2
    2. キューピッド

      フランスの暦、年中行事

      バレンタインデーとその神秘~その2
    3. 花束

      かわいいフランス語

      かわいいフランス語、教えます~その60 いろいろな赤、ピンク、黄色
    4. モンマルトル

      虎と小鳥のフランス日記

      モンマルトルの裏通り~「虎と小鳥のフランス日記」第168話
    5. エッフェル塔

      時事ニュース

      当選後のマクロン大統領の今後のスケジュール。
    PAGE TOP