金網のフェンス

時事ニュース

アメリカとメキシコの国境で親から引き離された子どもたち。

2018年の6月半ば、国境を越え、不法にアメリカに入国しようとしたメキシコ人の親子が引き離されているという状況がマスコミでニュースになりました。

トランプ大統領の、移民に対する不寛容(ゼロ寛容)政策のせいです。

さすがに、これは、子どもたちがかわいそうだ、非人道的だ、とアメリカ内外で大問題になり、結局、その後、大統領は、もう離れ離れにはしない、と(一応)発表しました。

カリフォルニア州の裁判官も、今後30日以内に、親子を一緒にさせろ、と命じました。5歳以下の子供の場合は、14日以内です。

このニュースを伝える1jour1actuのニュースを紹介します。



2300人の移民の子どもたちがアメリカで家族と離れ離れに

« 2 300 enfants migrants ont été séparés de leur famille aux États-Unis ! »

先週、アメリカ合衆国では、たくさんの人々が、大きなスキャンダルのあと、行動を起こしました。

マスコミによって報道された写真は、アメリカ警察が、メキシコからアメリカの国境を越えとしている移民家族を引き離しているさまを見せました。

1jour 1actuはアメリカの専門家に、事態についてインタビューしました。

母親と引き離された子供

アメリカ人に衝撃を与えたある写真には、泣いている小さな女の子が写っています。

女の子の隣では、大人の足だけが見えます。

警察官が、女の子の母親を検査しているのだとわかります。メキシコとアメリカの国境で起こった出来事です。

ここでは、去年、およそ35万人の移民が、アメリカでもっとましな生活をすることを夢見て、国境を越えようとし、逮捕されました。

1jour 1actuは、なぜこの状況が問題になっているのか理解するために、アメリカの専門家、ニコール・バキャランにインタビューしました。

国境を越えてアメリカにやってくるのはどんな人たちですか?

NB:南米中から、メキシコ経由で、アメリカに入ろうとしてやってきます。

彼らは、ビザを持っていません。つまり、アメリカへの入国を許可されていないのです。警察の監視のすきをついて、国境を越えます。

一般に、こうした人たちは、自国での貧しさ、暴力、不安定な生活、ドラッグの問題から逃れるために、アメリカに入国しようとします。

アメリカで、もっとよい暮らし、仕事、家族の安全を得たいと願っているのです。

彼らの中には、子どもたちもいますか?

NB:はい、家族づれ、母親たちだけなど、いろいろなケースがあります。たいてい、すでにアメリカに家族のいる人たちで、合流しようとしている人たちです。

移住に正式な書類を持たない家族は、警察に捉えられ、大人はそのまま刑務所に収監されます。これは、トランプ大統領が、移民に対する「ゼロ寛容(tolérance zéro)」と呼んでいるものです。

ですが、国境を越えた人の子どもたちを刑務所に入れる権利は誰にもないので、警察は子どもたちを家族から引き離すのです。

子どもたちは、親の手から引きはがされます。

親と離された子どもたちはどこへ行くのですか?

NB:子どもたちは、まず、国境近くの金網のフェンスで囲まれたキャンプ地にあるテントで待機します。

刑務所の看守が監視するのではなく、アメリカ人の、アメリカ国内に世話をしてくれる家族がいる子どもたちを探すサービスにたずさわっている人が監督しています。

しばらくしてから、子どもたちは、アメリカのあちこちの保護施設に連れていかれます。

そうなると、子どもたちを見つけるのは難しくなります。というのも、大多数の子どもたちはとても小さいので、どこから来たのか、自分は誰なのか、名前を言うこともできないからです。

知らない国に、両親と離れ離れで暮らすことになるのです。

なぜ、トランプ大統領は移民の家族を引き離すことにしたのですか?

NB:家族を引き離せ、などいう法律はアメリカにはありません。これはトランプ大統領の決めたことなのです。

大統領は、演説で、これはほかの政治家(政敵)のせいであるとし、メキシコの国境における移民の流入に対して、何もしなかった政治家を非難しています。

アメリカ人は皆、大統領の選択に賛成しているのですか?

NB:アメリカ人の3人に2人は、この状態は容認できないと考えています。

アメリカ中で、国民によるたくさんのデモが起きました。メディアのおかげで(子どもたちのキャンプの様子を見せたことにより:編集部注)、人々は、何が起きているのかわかりました。

その結果、トランプ大統領は、皆の言い分を聞き入れ、これ以上、家族を離すことはしないと約束しました。けれども、これはほんの少しの前進にすぎません。

元記事 → « 2 300 enfants migrants ont été séparés de leur famille aux États-Unis ! » – 1jour1actu.com – L’actualité à hauteur d’enfants !

単語メモ

se mobiliser  (人々が)動員される、集結する

suite à   ~に続いて

contrôler  検査する、点検する、調べる

systématiquement  体系的に

arracher  引き離す

grillager  金網の柵をめぐらす、~に格子をはめる

au bout d’un moment  しばらくして

se retrouver  (ある状態に)行き着く、陥る、戻る

discours  演説、スピーチ、あいさつ

concurrents  競争者

reproche  非難、批判

ndlr note de la rédaction  編集部による注

reculer  (困難、障害を前に)しりごみする、後退りする、たじろぐ



関連動画

子どもたちの状態を伝える6月19日に公開されたFRANCE 24のニュース。

1分21秒。

親と引き離された子どもたちがどんな生活をしているかリポートしたものです。

4月半ばから2000家族以上が引き離されたとのこと。

3分55秒。

国境そばのスーパーマーケットを改築というか、とりあえず人が住めるようにして、子どもたちを収容しています。

ここはすごく暑いから(暑すぎて、冷房なしに人間が生活するには適さない)、ふとんはいらないでしょうけど、アルミホイルをからだにかけるってどうなんでしょうか?

しかも、プライバシーも何もなし。

24時間のうち、金網の中に22時間いるというし。

乳幼児などもっと小さい子どもたちは別のところに送られています。

こちらは、トランプの政策に抗議をする6月30日のアメリカにおけるデモを伝えるニュースです。

6月16日頃、マスコミに、引き離された子どもたちのことが、ニュースで報じられました。

その後、ものすごい非難が起きたので、トランプ大統領は、20日に、「もう親子は分けない。だけど、不法入国に対しては断固とした態度をとる」と言いました。

この時、離れ離れにした家族をどうするかは、具体的な発表がありませんでした。

*****
子供がかわいそうすぎて、ニュース見てると泣けてきますね。よくこんなひどいことできるなあ、と思います。

大人のケンカのつけは、みんな弱者に回るわけです。

子どもたちが1日でも早く、安心して暮らせますように。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. ミャンマー

    時事ニュース

    アンジェリーナ・ジョリーがアウンサンスーチーの招きでミャンマーを訪問

    アンジェリーナ・ジョリーが国連の仕事でミャンマーを訪れたことを伝える短…

  2. 紫

    時事ニュース

    プリンス、57才で亡くなる。死因は不明

    2016年4月21日に、突然アーティストのプリンス(1958-2016…

  3. ベルリンの壁

    時事ニュース

    ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 前編

    2014年11月9日はベルリンの壁が崩壊してから25周年にあたります。…

  4. ツール・ド・フランス(2014)

    時事ニュース

    第104回、ツール・ド・フランスが始まった。

    世界的に有名な自転車のロードレース、ツール・ド・フランス(Tour d…

  5. ハロウィン

    時事ニュース

    ハロウィンの仮装用、ニセの血の作り方。意外な材料を使います

    10月31日はハロウィンですね。仮装する人のために、うその血、ニセの血…

  6. 聖アンドリュー教会

    時事ニュース

    オランド大統領がプーチン大統領とサプライズ会談

    フランスのオランド大統領が、モスクワでプーチン大統領と会見したニュース…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランス語の学習に役立つおすすめの本
  2. 新しいもの:かわいいフランス語(130)
  3. エピファニー(公現祭)とはどんな意味?
  4. 今年はフランス語をがんばるぞ、という新年の目標を達成するには…
  5. サンタクロースがやってきた:ペッパピッグで学ぶフランス語(3…
  6. クリスマスの13種のデザート(プロバンス地方の伝統)
  7. 連絡:お問い合わせいただいたプッゼさん、返信メールが戻ってき…
  8. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  9. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  10. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…

おすすめ記事いろいろ

  1. 歌と訳詞:サン・ジェルマン~ヴァネッサ・パラディ
  2. 『エール!』La famille Belier (最終回)~…
  3. Dommage (ドマージュ):ビッグフロー・エ・オリー、歌…
  4. Toi + Moi(トワプリュスモア)グレゴワール:歌と訳詞…
  5. L22  フランスのバーゲンセール
  6. SNCF(フランス国有鉄道)の発車案内、聞き取れる?
  7. かわいいフランス語、教えます~その59 いろいろな青と緑
  8. 猫は人間の最良の友?フランスでは犬より猫の人気が上昇中
  9. 芸術家として生きることの難しさとは?パリの写真家へのインタビ…
  10. お肉に関するフランス語~かわいいフランス語教えます(88)

おすすめのまとめ記事

  1. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  2. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  3. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  5. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  7. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  8. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  9. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  10. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. フランス語の日めくり
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP