マカロン

フランス語入門日記

初めて買った教材はラジオ講座のテキスト~入門日記第4回

私が初めて買ったフランス語の教材について書いた昔の日記を紹介します。

ラジオ講座でフランス語デビューしたので、初めての教材も「まいにちフランス語」のテキストです。



これでフランス語学習デビューした

講座は「サトシのナント留学記」。人間、誰しも最初はやる気があるので、難しくてよくわからかったのにもかかわらず、何度も聞いていました。

写真は当時のもので、ボケてます。

2009年5月29日

先週の金曜日にラジオ講座のテキストが届いた。

この講座のストリーミング放送が始まり、ネットで聴けるようになったことが勉強を始めたきっかけでもあるので、今のところこれをメインに学習している。

今週から一日分ずつ聞き始めて、今6日目のLeçon6を終えたところ。

聴いただけで、内容は身についていないけど、それが普通だと思う。きょうの講義を聴いているとき、étreとavoirの活用はえらく大事らしいので、あとで覚えとこう、と思ったのだが、できなかった。まあぼちぼち・・。

さて、NHKの語学講座のテキストを見るのは10年ぶりぐらいだが、いつのまにか表紙が無地になっている。

「まいにちフランス語」のテキスト

以前は何か味のあるイラストがついていたような気がするのだが*。値段も380円とあがっている。スターバックスのコーヒー代と思えば安いかもしれないが、この講座は半年で終わるから6冊で約2400円か。音声はほぼ無料だから、身につけばすごくリーズナブルなのでがんばりたい。

私の聴いている、全くの初心者向けらしい講座は月、火、水の三日だけ。木、金は中級者むけのようなので、今のところ聴いていない。

週三日って少ないけど、残りの日々は復習に費やせばよいだろう。

6日間聴いた感じでは、文法の説明に力が入っているよう。始めたばかりの人は復習しなければきついと思う。などと、人ごとのように言っているが、私も勉強を始めて一ヶ月あまり。

いろいろ出てくる文法用語に少しとまどっている。定冠詞とか不定冠詞とか所有形容詞とか。こういう言葉を聞くのもずいぶん久しぶりだ。

冠詞はともかく所有形容詞なんてあまり聞き覚えがない。きょうなんて直接目的語の場合はなんたら、と先生はおっしゃっていたが、それがどんな目的語なのかもう忘れてしまったよ。あとで英語の参考書を見ておこう。

フランス語のテキストはこの本が始めてなので、内容をどうこういえないのだが、文の下にカタカナで発音が書いてあるのはいいのか、悪いのか。

ついそっちを読んでしまうから、紙で隠しながら見ている。でもこのカタカナがないと復習するときどう読んでいいのかさっぱりわからない。しかも英語読みをしてしまうのである。

単語の最後の子音は発音しない、と頭でわかっていても、ぱっと文字を見ると最後までしっかり発音してしまう。このくせがいつなったらなくなるのか興味深いところだ。

これが今のスキットのページ。緑色のバックパック、その他を持ってNantesというところに留学してきた男の子が到着したところ。

「まいにちフランス語」のテキスト

これは文法のページ。きのうだったか、部分冠詞というものの説明がさらりとあったが、よくわからず。数えられないものにつける冠詞だそうだ。

「まいにちフランス語」のテキスト

冠詞は英語でもとても難しいところ。でも英語の冠詞はきけば冠詞とわかるが、フランス語の冠詞は動詞や前置詞と発音が同じではないか**。どうやって聞分けているのだろうか。そんなことを思いながら進めている。



補足:

*大昔に見た英語のテキストと比べています。

**動詞と発音が同じ冠詞はないと思うのですが、この時はそう思っていたようです・・・。

淡々と感想を書いていますが、当時は放送が毎日楽しみでした。

☆前回の記事⇒初めて買った辞書:Oxford Learner’s French Dictionaryの続きです(学習初期の日記第4回)。

☆入門日記第5回はこちらから⇒ラジオ講座を聞き始めたものの・・

思えば、フランス語の独学を始めたころは、本当に楽しかったです。知らなかったことを知るって本当におもしろいですね。最近はマンネリ気味ですが、引き続き、だらだらと続ける所存です。






関連記事

  1. 脳に汗かくpen

    フランス語入門日記

    暗記するためパタパタシートをパタパタさせてはみたものの・・・入門日記第6回

    ラジオ講座の内容を覚えるために作っていたパタパタシートをご紹介します。…

  2. 大人は判ってくれない

    フランス語入門日記

    「大人は判ってくれない」の原題知ってる?~入門日記第12回

    フランス語を始めて三ヶ月ぐらいだったころの日記のご紹介です。冠…

  3. penのパソコン

    フランス語入門日記

    「銃を打つ」という単語を覚えた日~第14回

    学習入門日記第14回です。このシリーズは私の学習初期の日記を不定期で紹…

  4. ランス ノートルダム大聖堂

    フランス語入門日記

    柔らかい肌~入門日記第27回

    ノートルダム大聖堂・ランスこんばんは。フランス語愛好家のpen…

  5. pen勉強中

    フランス語入門日記

    トリュフォー監督のお世話になることを決意~入門日記第7回

    フランス語を始めて二ヶ月ほどたったある日の日記をご紹介します。…

  6. パリメトロ14番線~シャトレ駅

    ラジオ講座でフランス語

    L10 フランスのメトロ事情

    「百合のFranceウォッチング」第10課の受講メモです。今季…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 抽象名詞(1)美しさや希望~かわいいフランス語教えます(10…
  2. 映画 Le Papillon(パピヨンの贈りもの)予告編のフ…
  3. マクドナルドの灯りを頼りに路上で勉強していたフィリピンの少年…
  4. カーニバルの楽しみ方。フランスの子ども新聞記事より。
  5. フランス語と日本語の3つの大きな違い~お問い合わせに関しまし…
  6. フランスの母の日の意外な起源
  7. 形容詞(4):かわいいフランス語教えます~その32
  8. 花言葉【第6回】かわいいフランス語教えます~その21
  9. 中国で親孝行が法的義務に
  10. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…

新しく書いた記事です。

  1. ビートルズの「ミッシェル」に出てくるフランス語
  2. スペインのバロセロナとカンブリスで起きたテロ
  3. プチ・ニコラの夏休み・予告編のフランス語
  4. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
  5. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  6. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
  7. シャーベットができるまで。カルカソンヌのアイスクリーム工場ル…
  8. 趣味に関する単語:かわいいフランス語教えます(117)
  9. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
  10. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …

おすすめのまとめ記事

  1. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  2. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  3. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  4. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  5. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  6. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  7. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  8. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  9. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  10. かわいいフランス語、教えます~目次 その1

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. ペンディクテ中
  3. 星の王子さまの本
  4. penのイラスト
  5. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. バースデーケーキ

    かわいいフランス語

    誕生日に関する言葉:かわいいフランス語教えます(112)
  2. 黄昏

    フレンチポップスの訳詞

    オール・オーヴァー・ザ・ワールド:フランソワーズ・アルディ(訳詞)
  3. カキ

    虎と小鳥のフランス日記

    マルシェでカキの味見~「虎と小鳥のフランス日記」第141話
  4. ロマン派美術館

    虎と小鳥のフランス日記

    パリ・ロマン派美術館「虎と小鳥のフランス日記」第48話 その2
  5. 世界女性デー

    時事ニュース

    国際女性デーにちなんで~3人の女性の話(1)
PAGE TOP