ゴミ

フランス語を読む練習

どうやったらもっとゴミを減らせるか?

1 jour 1 question の、Comment réduire les déchets ?(どうやってゴミを減らすか?)という動画を紹介します。

新型コロナウィルス感染予防のために、使い捨てするものが増え、最近、ゴミが増えていますね。

あらためて、ゴミについて考えたい時期です。



Comment réduire les déchets ?

1分42秒。

トランスクリプト

Comment réduire les déchets ?

Chaque seconde, dans le monde, l’homme produit plus de 100 tonnes de déchets. Et quand ils sont stockés dans les décharges, jetés dans les océans ou brûlés, ces détritus polluent.

Avec quelques gestes simples, il est pourtant possible de mettre nos poubelles au régime.

Alors comment fait-on pour moins jeter ?

Moins jeter, c’est d’abord moins gaspiller. Acheter en petites quantités évite de se débarrasser d’aliments périmés qu’on n’a pas consommés.

Autre astuce : préférer des produits avec moins d’emballages en plastique ou en carton.

Et vérifier qu’un produit est fini avant de le remplacer. Chaque année, 70 000 tonnes de dentifrice resté au fond du tube sont inutilement gaspillées.

Quand vient le moment de jeter, on s’amuse à trier pour ne pas mettre tous nos déchets dans la grande poubelle.

Épluchures, pain sec ou coquilles d’œufs : direction le composteur.

Dans ce récipient, ils se transforment en engrais pour les plantes.

Papier, carton, verre ou plastique se mettent dans des conteneurs spéciaux pour être recyclés.

Ampoules, piles et matériels électroniques se déposent dans des bornes, à l’entrée de nombreux magasins. ,

Ainsi, petit à petit, la poubelle qui accueillait tous nos déchets rétrécit, rétrécit, rétrécit…

C’est un challenge collectif. Et c’est dans cet esprit qu’est organisée, en novembre, la Semaine européenne de la réduction des déchets !

トランスクリプションの引用元⇒Comment réduire les déchets ? – 1jour1actu.com – L'actualité à hauteur d'enfants !

ゴミを減らす方法・和訳

毎秒、世界で、人は100トン以上のゴミを出しています。ゴミ捨て場にゴミがたまると、海に捨てたり、燃やしたりして、その残骸が、環境を汚染します。

でも、ごく簡単な行動で、ゴミを減らすことができますよ。

捨てるゴミを減らすにはどうしたらいいのでしょうか?

捨てる量が少ないということは、無駄にする分が少ないということです。

少量だけ買って、食べきれず古くなった食品を捨てなくてすむようにします。

別のコツは、プラスチックや紙の包装が少ない商品を選ぶことです。

そして、使い切ってから商品を買い替えます。

毎年、まだ底に残っている歯磨き粉のチューブが7万トンも、無駄に捨てられています。

捨てるときは、すべてを大きなゴミ箱に捨てないで、分別します。

野菜の皮、固くなったパンや、卵のからはコンポスターに捨てます。

コンポスターに入れれば、植物の肥料になります。

紙、ボール紙、ガラス、プラスチックはリサイクル用の特別の入れ物に入れます。

電球、電池、電子機器は、たくさんの店の入り口にあるターミナル(専用の捨て場所)に捨てます。

このようにすれば、少しずつ僕たちのためるゴミは減っていきます。少しずつ、少しずつ。

これはみんなでするチャレンジです。この考え方にのっとって、11月に、欧州ゴミ削減週間が行われます。

単語メモ

une décharge  ゴミ捨て場

un détritus  廃物、ゴミ

gaspiller  無駄遣いする、浪費する

se débarrasser de  ~を処分する

périmé  期限の切れた

remplacer  取り替える

inutilement  無駄に

s’amuser à + inf.  (話)ふと~する気を起こす

une épluchure  野菜の皮、くず

un engrais  肥料

une pile  電池、乾電池

une borne  ターミナル



ゴミを減らす・関連動画

パリのゴミ処理場のレポートです。

フランス語の字幕がついています。4分50秒。

■関連記事もどうぞ

ゼロ・ウエイスト(Zéro déchet)とは?

地球を守るために日常生活でできること。

猛暑をフランス語でなんと言う?

プラスチックの海を掃除する船、オーシャンクリーンアップ

なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?

10月16日は「食品の無駄捨てとたたかう日」

地球温暖化防止のために個人ができることとは?

私の住んでいる市もそうですが、ヨーロッパでも、マスク着用の義務化がすすんでいるので、使い捨てされるマスクが増えますね。

物を使いまわすと、感染の確率があがるから、エコバッグや自分の家のガラス瓶を持ち込んで買い物することもできなくなっています。

ただでさえ、ゴミがやたらと多いのに、コロナのせいで、ますますゴミが増えていく…。

せめて、よけいな物を買わず、物を使い切る生活を心がていますが、ゴミを減らすのってとてもチャレンジングですね。






アイスクリームアイスクリーム、大好き:ペッパピッグで学ぶフランス語(4)。前のページ

ペタンクってどんなスポーツ?(前編)次のページペタンクの球(ブール)

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 鳩時計

    フランス語を読む練習

    アニメ:『ジャックと機械じかけの心臓』~その2

    現在フランスで公開されているアニメーション映画、『ジャックと機械じかけ…

  2. フランス語を読む練習

    人魚のお仕事

    「人魚になる」という仕事を考えだした若い女性の記事を子ども新聞で読みま…

  3. バレエ

    フランス語を読む練習

    ミスティ・コープランド~夢を実現させたバレリーナ

    ミスティ・コープランドについて子ども新聞で読みました。コープラ…

  4. かわいいマスキングテープ

    フランス語を読む練習

    フランスでもマスキングテープの人気が上昇中

    数年前から日本ではカラフルなマスキングテープが流行っていますが、最近、…

  5. レオナルド・ダ・ヴィンチの像

    フランス語を読む練習

    レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき

    誰もが知る天才、レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)を取り上…

  6. ブロブ

    フランス語を読む練習

    驚くべきブロブ、謎の生物の正体は?

    2019年の秋、ブロブと呼ばれる単細胞の生物が、パリの動物園で公開され…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP