おうむ

フランスにまつわるあれこれ

フランスのあいさつ、ビズはどうやるのか?

フランス人があいさつするときするビズ(bise)を取り上げている短い動画を紹介します。

ビズはキスではなく、お互いのほっぺたとほっぺた合わせる挨拶です。唇でキスをする音をたてる人もいます(個人差あり)。

基本的に、親しい人に行います。

タイトルは、La bise, une spécialité française (ビズ、フランスの名物)です。



ビズって何?

トランスクリプション

Bise empressée, effleurée, appuyée, très pressée, les Français embrassent sans compter mais ne comptent pas toujours le même nombre de bises.

Une bise, pas plus dans le nord du Finistère, un peu comme en Belgique.

Une c’est un peu « cheap », ça fait un peu… bon… deux, ça va.

Deux bises, c’est justement ce que font la majorité des Français.

Dire aux gens qu’on les aime !

Certains gourmands en font trois dans la région du sud-est. Les plus âgés, eux, en font même quatre, notamment au nord de la Loire.

Avec quatre, ça passe bien tout le temps, je trouve, il y a un bon tempo.

Mais une fois la bise lancée, le carambolage de pommettes peut encore vous guetter !

Car la moitié de la France tend la joue droite, l’autre moitié, la joue gauche.

Je m’en sors jamais avec le côté. Moi, je tends toujours du côté, la joue droite d’abord.

Il faut pas trop se tromper de côté parce que ici, on la fait à l’envers et en Bretagne, dans l’autre sens.

Et au royaume de la bise sur la joue qui a dit qu’il n’y avait qu’un seul mot pour parler de « big bisous ». « Se boujouter », « se faire une baisse », « se biger », « se biser », « se faire un schmoutz », « se faire un bec ».

Les gens sont très, très attachés en fait à ces expressions régionales et à ces rituels régionaux. C’est beaucoup grâce aux réseaux sociaux qui repermettent justement de se défendre un peu, de réaffirmer son identité régionale, de dire : « Moi, je viens de là, j’utilise cette forme, ça veut dire que c’est mon patrimoine ».

Les Romains, eux, avaient trois mots pour désigner un baiser dont le « basium », le baiser de courtoisie. Au Moyen-Âge pour se saluer, un geste suffit. Seule la noblesse s’embrasse sur les lèvres : ici le roi de France et le roi d’Angleterre. Au XIVe siècle, la bise recule. Grandes épidémies obligent, on s’éloigne du corps.

Le baiser revient après la Première Guerre mondiale : baise-main dans la bonne société, bécot sur la joue dans les milieux populaires.

Aujourd’hui, la bise s’invite en entreprise mais difficile de savoir si elle est toujours la bienvenue. Normal pour cet anthropologue, pour qui elle garde encore son mystère.

C’est un mode d’emploi qui est un peu invisible d’une certaine manière.

Vous n’avez pas un code préalable, il faut connaître les usages les plus courants voire même les usages de la personne avec qui l’on est pour savoir si elle accepte ou pas d’être embrassée comme ça, et c’est vrai que si on franchit certaines frontières, la bise ne se fera pas du tout de la même manière et même, ne se fera pas du tout.

Salut, je m’appelle Paul.

J’habite en France et un des trucs qui m’énervent le plus ici, c’est la bise. Pour cet humoriste britannique, la bise est incompréhensible.

Il en a fait ce sketch.

Et ça ne s’arrête pas là parce que si une autre personne nous rejoint, il faut tout arrêter pour encore faire la bise.

Et parce que les Français s’interrompent pour faire la bise, nous allons nous aussi, terminer ce reportage.

トランスクリプションの引用元⇒7 jours sur la planète | Apprendre le français avec TV5MONDE

和訳

まめなビズ、軽くふれるビズ、熱烈なビズ、大急ぎでするビズ、フランス人は、無意識にビズをしています。けれども、いつも同じ回数のビズをしているとは考えないでください。

ベルギーのように、1回だけするのはフィニステール県だけです。

1回はちょっとけちくさいですね、2回ならいいです。

大半のフランス人が2回ビズをします。

好きな人にします。

南西の地域のように、3回する人もいます。北ロアール地方のように、4回する地域もあります。

4回は、いつもうまくいくと思います。ちょうどいいテンポです。

ですが、いったんビズが始まると、ほっぺたがぶつかることもあります。

フランス人の半分は右頬をさしだし、もう半分は左側を差し出すからです。

そちら側は絶対だしません。僕は、いつもこっちを出します。まず右の頬から。

間違えないようにしないといけません。ここではブルターニュとは反対ですから。

ほっぺたにビズをする王国(フランスのこと)では、ビズの言い方は1つだけではありませんでした。« Se boujouter », « se faire une baisse », « se biger », « se biser », « se faire un schmoutz », « se faire un bec » といろいろです。

人々はそれぞれの地域の言い方とやり方にとてもこだわっています。

ソーシャルメディアのおかげで、地域のアイデンティティを守るというか、再確認しているんです。「私はどこそこ出身で、こういうやり方をして、つまり、それが私が受け継いでいる共同遺産だから」という具合です。

ローマ人は、« basium » という、礼儀を示すためのキスを意味する言葉が3つありました。中世でのあいさつは仕草だけで充分でした。高貴な身分の人だけ、唇にキスをして挨拶しました。この絵では、フランス国王とイングランドの国王がしています。

14世紀には、ビズはすたれました。伝染病が猛威をふるっていたので、他人の体にさわらないようにしていました。

第一次世界大戦のあと、ビズが復活しました。手にキスをするのはハイソサエティの習慣で、頬に軽くキスをするのは、中流の人たちに人気でした。

現在、企業でもビズが入ってきていますが、そうすべきかどうか知ることはむずかしいです。この人類学者にとって、それは当然のことです。なぜなら、いまだにそれは謎なのですから。

ビズのやり方は、あまりよく見えないマニュアルなのです。

あらかじめルールがあるわけではなく、もっとも行われている方法を知っているべきであり、さらには、一人ひとりやり方が違うので、その人にビズすべきなのか、しないほうがいいのか知っていなければなりませ

ある国境を越えたら、同じようにビズをしないだろうし、全くしない場合もあります。

「こんにちは。僕はポールです。私はフランスに住んでいますが、ここで、もっともいらつくのはビズです。だって終わりませんから。もし、別の人が来たら、みんな手をとめて、またビズをするんです」。

このイギリスのコメディアンにとって、ビズは理解不能です。ビズをコントにしています。

フランス人が、やっていることを中断してビズをするのは、私たちも同じだということをお見せして、このルポルタージュを終わります。

単語メモ

effleurer  軽くふれる

appuyé  力のこもった

carambolage  (連続的な)衝突
 
pommette  頬骨、頬

guetter  ~を待ち構える

courtoisie  礼儀正しさ

bécot  軽いキス

mode d’emploi  マニュアル

préalable  前もっての

s’interrompre  (話、行為を)中断する



いろいろなビズ

フランス語の字幕を表示させることができます。

3分

パリのビズはあっさりしていますね。

田舎のほうが、ゆっくりしっかりビズをするようです。

*****

日本人はビズやハグみたいなスキンシップは苦手ですね。

でもまあ、周りの人がやっていたら、それが普通に思えて、自分も普通にやってしまうのが人間ですから、「ビズ、どうしよう」と悩むこともないでしょう。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 腐らんす日記

    フランスにまつわるあれこれ

    マンガ『腐らんす日記』(フランス語版)を試し読みできます

    キンドルファイヤで表示させてみました。写り込みが激しいので、私の大顔が…

  2. ミュシャの絵

    フランスにまつわるあれこれ

    アルフォンス・ミュシャ、ベル・エポックのイコン。

    2018年の秋から、2019年の1月にかけて、パリのリュクサンブール美…

  3. ローストダック

    フランス語の語彙

    クリスマスの単語 その7 レヴェイヨン~イヴやおおみそかのごちそう

    12月の土曜の夜はクリスマス関連の単語を集めています。きょうは…

  4. パリ

    時事ニュース

    社会党の候補者は誰に?2017フランス大統領選

    JDEというフランスの子ども新聞から、大統領選挙に関する記事を紹介しま…

  5. バゲット

    フランスにまつわるあれこれ

    フランス人は朝ごはんに何を食べているか? 典型的なメニューを紹介。

    フランスの朝食は、コーヒーにクロワッサン、あるいはバゲット(フランスパ…

  6. レッド・カーペット

    フランスにまつわるあれこれ

    カンヌ国際映画祭のパルムドールの起源

    第66回カンヌ国際映画祭が26日の夜に終了しました。コンペティ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランス語で書くクリスマスと新年のメッセージ、例文。
  2. 12月6日は聖ニコラ(聖ニコラウス)の日。この人はいったい誰…
  3. ジンジャーマンクッキー(パンデピス)の作り方:フランスのお菓…
  4. 12月1日は世界エイズデー。AIDSに関する理解を深めよう。…
  5. フランスのあいさつ、ビズはどうやるのか?
  6. ディリリとパリの時間旅行:予告編のフランス語。
  7. なぜボジョレー・ヌーヴォーは人気があるのか?
  8. 11月19日は世界トイレの日。
  9. 月の花:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  10. 1918年の11月11日に起きたこと。

おすすめ記事いろいろ

  1. アナと雪の女王「とびらを開けて」(フランス語版)の歌と訳詞
  2. 映画 Stella (ステラ) 予告編のフランス語 その1
  3. 形に関する単語~かわいいフランス語教えます(99)
  4. 造園家・アンドレ・ル・ノートル生誕400周年
  5. パトリシア・カースのMon mec à moi(モン・メック…
  6. 0から1000億の位までの復習~大きな数字の読み方のコツ:フ…
  7. 今年はフランス語をがんばるぞ、という新年の目標を達成するには…
  8. ギリシャの名前由来のフランス語の女の子の名前:かわいいフラン…
  9. 子どもの日の由来~前編:鯉のぼり
  10. オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語

おすすめのまとめ記事

  1. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  2. ニュースの記事のまとめ(1)
  3. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5
  4. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  5. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  6. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  7. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  8. フランス語の名言の記事の目次
  9. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  10. かわいいフランス語、教えます~目次 その4

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. フランス語の日めくり
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP