テアトル広場

秘密のパリへ連れてって

パリで一番クスクスがおいしい店、モンマルトルのル・プチ・ブルー

『秘密のパリへ連れてって』第5話の受講メモです。今回のタイトルはLa cuisine africaine de Montmartre(モンマルトルのアフリカ料理)

今回は、ディノさんが、行きつけらしいモロッコ料理のレストラン、Le Petit Bleu に案内してくれます。

字幕なし動画が公開されていますので、ごらんください。

このお店は、モンマルトルの裏通りにあります。地元では有名な店のようです。なぜかというと

●値段が安い
●ボリュームがある
●おいしい

この3拍子揃っているから。

特にクスクスがおいしいと評判です。クスクスといってもクスクスだけ出てくるのではなく、クスクスの上に肉などをのせます。

パリはおいしい店が多いと思いますが、そのなかでも人気の店、ということで、本当においしいのでしょう。

ディノさんも、「これでたった11ユーロ」と言ってました。現在、1ユーロは113円ぐらいなので、1250円ほど、ということになります。

☆きょうのメニュー
●3つのキーフレーズ
●ミニ知識:チキンと野菜のタジン鍋の作り方



3つのキーフレーズ

肉のグリルを一皿(assiette)

J’ai pris une assiette de grillades.
私はグリルをオーダーしました。

何ということもない文章ですが、 解説の先生は、この言葉のちょっと前に出てくる plat と assette の違いについて話をしていました。

一般に、un plat は 料理、une assette は 皿
ただ、plat も お皿という意味があり、その場合は、assiette よりは大きい皿(大皿)です。assiette は料理を取り分ける皿です。

ディノさんが言っているように、assiette de 無冠詞名詞 で、料理の一皿分という意味もあります。

demander deux assiettes de crudités 生野菜を二皿注文する

シェアする

Il y a des gens juste qui partagent leurs expériences, leurs voyages, des photos, ce qu’ils font, etc.
単に、自分の体験や旅行、写真、自分のすることをシェアする人がいる。

ソーシャルネットワークで使う「シェアする」はフランス語では partager です。英語の share もよく使われるとのこと。

後半しゃべっていたのはこの店のオーナーだと思いますが、あるとき、日本人がやってきて彼や店の写真をとりました。

その人は、自分のブログで店のことを紹介。

すると、それを見た日本人客がたくさんやってきた、という話をしています。

オーナーはなぜ、日本人客が増えたのかわからなかったのですが、ディノさんが、有名ブログにのったから宣伝になったんだ、と教えています。

Vous pouvez utiliser OneDrive pour partager des photos, des documents Microsoft Office, divers fichiers et des dossiers entiers avec d’autres personnes.

OneDriveでは、写真、マイクロソフトオフィスで作成したドキュメント、さまざまなファイルやホルダーすべてをほかの人と共有できます。

これはOneDriveのフランス語の説明です。

fichier も dossier もファイルという意味ですが、dossier は「書類を入れる紙ばさみ」という意味もあるので、ここではホルダーとしました。

envoyer 人を送り出す

C’est qui qui vous envoie ?
どうやってこの店を知ったの?

qui が 2つ並んでいるので、「おや?」と思いますが、これは強調構文です。

強調構文を示す、C’est —- qui ~ を取り去ると、Qui vous envoie ? 誰が、あなたをここを送り出すのか?⇒ 誰のせいでここに来るのか?⇒どうやってこの店を知ったのか?

envoyer は 人を送り出す、送り込む、という意味です。

C’est le ciel qui vous envoie.
よいところに来てくれた←天があなたを送り出してくれた。

強調構文についてはこちらをどうぞ。



チキンのタジン鍋の作り方

モロッコとは?

モロッコはアフリカの北西部にある国で、大西洋と地中海に面しています。首都はラバド。

8世紀からずっとイスラム王朝でしたが、1912年にフランスとスペインの保護領として、分割されました。

1956年に独立。

大きさはアメリカのテキサス州ぐらいです。

イスラム文化に、フランスとスペインの影響がちょっと入った国、と言えましょうか。イスラム圏の国なので、公にはお酒が飲めませんが、観光客を誘致するために、レストランなどではビールやワインを飲むことができます。

また豚肉を食べないので、モロッコ料理に出てくる肉は、鴨肉や羊の肉が多いとのこと。ディノさんが食べていたのは、牛肉みたいですが、何の肉かは語っていませんでした。

モロッコは土壌が豊かで野菜がおいしいそうです。また、地中海に面しているので、フルーツも豊富。もちろん魚介類もたくさん取れます。

日本では、タジン鍋と塩レモンが有名ですね。

というわけで、今回はタジン鍋の作り方を紹介します。タジン鍋は、野菜がたっぷり食べられるヘルシーな料理として、日本でもちょっと前に流行ったそうです。私は知りませんでしたが。

タジン鍋は、鍋の名前からついた料理名です。

土鍋で、とんがり帽子みたいなフタがついているのがタジン鍋。蒸し煮しているときに出る蒸気が鍋の上のほうで冷やされ、素材に戻ります。

だからおいしさも、香りも逃げないのだとか。確かに野菜の重ね煮はおいしいので、タジン鍋の野菜もおいしいのでしょうね。

チキンのタジン鍋のレシピ Recette de Tajine de poulet

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Recette de Tajine de poulet – 750 Grammes

材料:

1 kg de poulet 鶏肉
1 courgette ズッキーニ
1 navet カブ
1 carotte にんじん
4 gousses d’ail にんにく
4 pommes de terre じゃがいも
1/2 piment とうがらし
1 feuille de laurier ローリエの葉
Du persil パセリ
De la coriandre fraîche コリアンダー
1/4 de bouillon de volaille チキンのブイヨン
1 c à c de cumin en poudre クミン小さじ1
Huile d’olive オリーブオイル
Sel et poivre du moulin 塩と胡椒 (挽いたもの)

★c. à c.=cuillère à café 小さじ

作り方:

鍋にオリーブオイルを入れ、鶏肉の表面をこんがり焼く。

鶏肉を火にかけたまま、にんじん、カブ、唐辛子、じゃがいもを小さく切って鍋に投入。

塩、クミン、にんにく、ローリエの葉を入れる。

フタをして10分煮る。

ズッキーニ(皮つき)を切って入れ、塩、コショー、ブイヨンを入れてフタをして10分ぐらい、ズッキーニが柔らかくなるまで煮る。

コリアンダーとパセリを散らしてできあがり。

★タジン鍋がなくても、フタがきっちりしまる鍋があればできます。

これは、そんなに調理時間もかからないし、野菜がたっぷり食べられていいですね。作ってみようと思います。

エピソードの中で、「日本人は写真を撮るのが大好き」と話しています。一昔前は、サラリーマン風でメガネをかけて、首にカメラをぶらさげている日本人のイラストが海外のメディアによく出てきました。

今は、スマホでスマホでバチバチ写真を撮っているみたいですね。

なぜ、日本人はこんなに写真を撮るのが好きなのでしょうか?

写真を撮ることに興味のない私にはよくわかりません。

ところで、ドイツでは、レストランなどの飲食店の料理を撮影して、無断でSNSに掲載してはいけない、と法律で決まりました(2015年)。

料理も著作権の対象になるとか。

客が、料理の写真を熱心に撮影するのは、レストラン側としては迷惑な行為ですよね。できたてを食べてほしい気持ちもあるでしょう。となりでごそごそ撮影していたら、ほかのお客さんだって、食べることに集中できません。

レストランは食事をする場所であって、写真を撮影する場所ではないので。

それでは、次回の「秘密のパリへ連れてって」の記事をお楽しみに。






ピックアップ記事

  1. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. デロールにて。

    秘密のパリへ連れてって

    『驚異の部屋』パリの剥製ショップ、デロールを訪問。

    フランス語の動画教材、「秘密のパリへ連れてって」第6話の受講メモです。…

  2. パリの古本屋

    秘密のパリへ連れてって

    まぎらわしい形容詞、vieux と ancien の違いとは?

    「秘密のパリへ連れてって」第4話の受講メモです。今回は、ディノ…

  3. アラブ世界研究所

    秘密のパリへ連れてって

    アラブ世界研究所から眺めるパリの景色は素晴らしい

    フランスダイレクトスクールの動画教材、「秘密のパリへ連れてって」本編第…

  4. マルメゾン城

    秘密のパリへ連れてって

    知的なパリジャンは接続法を使う?:「秘密のパリへ連れてって」プロローグ2

    フランスダイレクトスクールが週に1回配信している、「秘密のパリへ連れて…

  5. パリ

    秘密のパリへ連れてって

    教養あるフランス人は語彙が豊富。パリ日本文化会館の建物について学ぶ(1)

    「秘密のパリへ連れてって」第7話の受講メモです。この動画、半年ぐらい前…

  6. ペン、パリ観光中

    秘密のパリへ連れてって

    誰も知らなかったこんなパリ:「秘密のパリへ連れてって」プロローグ1

    フランスダイレクトスクールの動画教材の受講メモ。今回から、新しいシリー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランス人は働くことが好きなのでしょうか?
  2. シリアのドゥーマで何が起こったのか?
  3. 13日の金曜日の迷信、あなたは信じますか?
  4. 動物の名前:かわいいフランス語教えます(125)
  5. Dommage (ドマージュ):ビッグフロー・エ・オリー、歌…
  6. ペッパ・ピッグで学ぶフランス語2:春(エッグハント)の巻、前…
  7. 続・春をイメージさせる言葉:かわいいフランス語教えます(12…
  8. どうしてフランス語はほかの言葉より難しいの?
  9. セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。ラッキーア…
  10. ヌーヴェルヴァーグの代表作、大人は判ってくれない:フランス映…

おすすめ記事いろいろ

  1. 知られざるジョルジュ・サンドの生涯
  2. 子どもの日の由来~前編:鯉のぼり
  3. 『シンデレラ』はフランス語で何と言う? 第11回
  4. 知的なパリジャンは接続法を使う?:「秘密のパリへ連れてって」…
  5. 歌と訳詞:プレヴェールに捧ぐ~セルジュ・ゲンズブール 前編
  6. 歌と訳詞:コーヒー・カラー~セルジュ・ゲンスブール
  7. 「これは何て言う物?」「手作りみたい」お店で品物を見ながら話…
  8. マリー・アントワネットと18世紀のチョコレート
  9. 鳥の目になろう~翻訳のコツ
  10. イースターにフランス人が食べるものは何?

おすすめのまとめ記事

  1. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  2. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  3. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  4. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  5. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  6. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  7. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  9. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  10. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)

フランス語の勉強法とか

  1. 2018年フランス語日めくりカレンダー
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. ボールペン

    パッケージのフランス語

    【第23回】ノック式ボールペンをフランス語で?
  2. 風船

    フランス映画・テレビ

    『100歳の少年と12通の手紙』(前編)~予告編のフランス語
  3. 鳥の巣

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ14~ちりも積もれば山となる
  4. スケートする女子

    フランスにまつわるあれこれ

    パリ市庁舎前のスケート場
  5. 青い花瓶

    名言

    記憶は空想と同じくらい嘘つき~フランソワーズ・サガン(名言その12)
PAGE TOP