砂浜

フランス語を読む練習

映画『プチ・ニコラの夏休み』がフランスで公開 前編

7月9日にプチ・ニコラの新しい映画がフランスで公開されました。きょうはそれに関する記事を子ども新聞で読んでみますね。

記事のタイトルは
Le Petit Nicolas : « À la plage ou à l’école, c’est le même humour »
プチ・ニコラ 海岸でも学校でも同じようにおもしろい



プチ・ニコラの夏休み

早速、予告編をごらんください。

ニコラ役の男の子は前作と変わってますが、パパやママ、先生は同じ役者さんです。

前作から5年たっているので、前にニコラを演じた少年はもう子どもはできないんでしょう。

まずプチ・ニコラをご存知ない方のために、ニコラについてご説明します。そのあと、記事の前半を訳しますね。

プチ・ニコラ(Le Petit Nicolas)とは?

プチ・ニコラ(Le Petit Nicolas)はルネ・ゴシニの書いた子どもむけの小説。イラストはジャン=ジャック サンペです。

1959年に第1作が出てから、シリーズで何冊かあります。

主人公ニコラ(小学生)の作文という形になっていて、子どものいたずらがいっぱい出てくる楽しいお話。フランスでは誰もが知っている有名なシリーズです。

1つの本に短いエピソードがいくつか入っている構成で、フランス語の教材としてもよく利用されますね。

出版50周年の2009年に始めて劇場映画になりました。今回は2作目です。

参考までに、第1作の予告編もご紹介します。

1作めの映画の予告編のトランスクリプションを訳しています⇒プチ・ニコラ(映画)予告編のフランス語(前編)

それでは、記事を訳していきます。

プチ・ニコラ 海岸でも学校でも同じようにおもしろい

『プチ・ニコラの夏休み』が公開されました。ニコラは学校にいなくても、いつもどおり、友だちに囲まれて、いたずらをしています。

私たちは、ルネ・ゴシニの娘で、『プチ・ニコラの物語』の著者であるアン・ゴシニにインタビューしました。

Dans « Les Vacances du Petit Nicolas », les copains changent. Mais le lecteur s’amuse toujours autant !

Si on n’est jamais perdu, c’est parce que le langage que mon père a inventé est le même qu’on soit à la plage ou dans la cour de récré. Et ce qui fait le lien entre l’école et la plage, ce sont les dessins de Jean-Jacques Sempé. Quel que soit l’endroit, on retrouve la même poésie, le même humour.

-『プチ・ニコラの夏休み』では、友だちが変わっていますね。でも、お話はいつもどおりすごくおもしろいです。

おもしろさが失われていないとしたら、それは、父の書いた言葉が、海岸だろうと、休み時間の校庭だろうと同じだからです。それに、学校と校庭を関連づけているものがあるとしたら、それは、ジャン=ジャック サンペの挿絵ですね。

場所がどこであろうと、同じ詩情とユーモアがあります。

- バカンスに出てくる子どもたちはそれぞれ特徴がありますね。たとえば、フラクチューはなんでも食べますし。

実はニコラだけが、唯一なんの特徴もないんです。クロテールは劣等生。アニャンは先生のお気に入り。ジョフロワは一番金持ち。ユードは一番力持ち。『プチ・ニコラ』は普遍的なんです。誰でも、自分を重ねあわせることができます。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Le Petit Nicolas : « À la plage ou à l’école, c’est le même humour »

この続きはこちら⇒映画『プチ・ニコラの夏休み』がフランスで公開 後編

予告編のスクリプトを紹介しています⇒プチ・ニコラの夏休み・予告編のフランス語



単語メモ

quel que + être の接続法 ~がどんなものであろうとも
J’achète cette maison quel qu’en soit le prix.
この家の値段がいくらであろうと、私は買います。

Il affronte toutes les difficultés, quelles qu’elles soient.
彼はどんな困難にも立ち向かいます。

s’indentifier à/avec ~と同一になる、一体化する
acteur qui s’identifie avec son personnage
役柄になりきる俳優

私は『プチ・ニコラ』は文春文庫で読んでいました。すごく笑えますよ。

今は偕成社文庫で出ています。

もちろん、フランス語版を読んでもおもしろいです。

私は夏休みの話は英語版で読みました。そのうちフランス語版にも挑戦します。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. かもめ
  2. 勉強中

    フランス語を読む練習

    どうしてフランス語はほかの言葉より難しいの?

    子どもたちのさまざまな質問に1分40秒のアニメーションで答えている 1…

  3. おばあさん

    フランスの暦、年中行事

    フランスの「祖母の日」の起源

    きょう3月3日は日本ではもちろん「ひな祭り」la Fête des f…

  4. ワイン畑

    フランス映画・テレビ・動画

    『奇跡のひと マリーとマルグリット』(後編)~予告編のフランス語

    『奇跡のひと マリーとマルグリット』というフランス映画の予告編のスクリ…

  5. 回転木馬

    フランス映画・テレビ・動画

    映画『アメリ』の予告編のフランス語

    日本で大変人気のある『アメリ』という映画の予告編を紹介します。原題…

  6. バレンタインデー

    フランスの暦、年中行事

    バレンタインデーとその神秘~その6(終)いつもと何ら変わらないカップル

    きょうはバレンタインデーですね。相手のいる人、いない人がそれぞ…

コメント

    • アン
    • 2014年 7月 22日

    お久しぶりです。
    そちらも暑いですか?
    今度のニコラの方が、私のイメージするニコラに近いかも・・・
    でも、パパとママンが年取り過ぎな感じもするんですよね。
    日本でも劇場公開されるかなー。(できれば京都で)

      • フランス語愛好家
      • 2014年 7月 22日

      アンさん、こんにちは。
      はい、昼間は暑いです。

      前のニコラはすごく可愛かったですよね。
      私も最初違和感ありました。友だちもみんな可愛かったし。

      パパとママは前作から年をとっていましたから。
      こちらも最初、すごく違和感ありました。
      二人とも芸達者ですけどね。3作目はできないでしょうね。

      夏休みの話だから、公開するしたら来年なんでしょうか?
      京都でも公開あるといいですね。

    • Panda
    • 2014年 7月 22日

    Bonsoir!プチ•ニコラ 大好きです❤️
    それぞれのキャラが濃くておもしろい(笑) まだ和訳のものを見たことがないので是非日本でも上映して、見てみたいです(TcT)

      • フランス語愛好家
      • 2014年 7月 23日

      Pandaさん、こんにちは。
      Pandaさんもプチ・ニコラ、お好きなんですね。

      子どもたち、みんなかわいいし、おもしろいと思います。
      特に私はユードが好きです。

      私も一度日本の映画館で見てみたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランス語で書くクリスマスと新年のメッセージ、例文。
  2. 12月6日は聖ニコラ(聖ニコラウス)の日。この人はいったい誰…
  3. ジンジャーマンクッキー(パンデピス)の作り方:フランスのお菓…
  4. 12月1日は世界エイズデー。AIDSに関する理解を深めよう。…
  5. フランスのあいさつ、ビズはどうやるのか?
  6. ディリリとパリの時間旅行:予告編のフランス語。
  7. なぜボジョレー・ヌーヴォーは人気があるのか?
  8. 11月19日は世界トイレの日。
  9. 月の花:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  10. 1918年の11月11日に起きたこと。

おすすめ記事いろいろ

  1. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2019年版…
  2. ロイヤルベイビーの誕生を待つエリザベス女王
  3. Laisse tomber les filles~フランス・…
  4. 歌と訳詞:アリゼ Fifty-Sixty ウォーホルのミュー…
  5. ボジョレー・ヌーヴォーは何がそんなに特別なのか?
  6. ヴェルサイユ宮殿って何ですか?
  7. おとぎ話や童話に関する単語~かわいいフランス語教えます(84…
  8. フランシス・カブレル『死ぬほど愛する』歌と訳詞
  9. スタンダール「小説は街道を歩んでゆく鏡」名言その19
  10. 国際女性デーが生まれた背景。

おすすめのまとめ記事

  1. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  2. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  3. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  4. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  5. フランス語のことわざ~目次 その1
  6. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  7. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  8. ニュースの記事のまとめ(2)
  9. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  10. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP