海岸

フランス映画・テレビ・動画

プチ・ニコラの夏休み・予告編のフランス語

2014年の夏にフランスで公開された Les vacances du Petit Nicolas(プチ・ニコラの夏休み)という映画の予告編を紹介します。



レ・バカンス・デ・プチ・ニコラ

この映画、予告編がいくつかありますが、きょうは1分27秒のものを紹介します。

トランスクリプション

Il ne me reste plus qu’à vous souhaiter de bonnes vacances.

OUAIS !!

Moi, c’est Nicolas et j’aimerais bien vous raconter mes vacances.

Allons, allons, les enfants, du calme …

最後に皆さんにお伝えします。よい休暇を!
は~い!!

僕はニコラ、僕の休暇の話をしたいと思います。

ほら、ほら、子供たち、静かに。

Chaque année, papa et maman discutent devant moi où on va passer les vacances.

On ira à la montagne !
On ira à la mer !

Je n’sais pas pourquoi ils se mettent dans cet état alors qu’à la fin c’est toujours pareil.

À la montagne !
À la mer !

Alors ?
Ben …

毎年、パパとママは僕の前で、どこで休暇をすごすか、言い争いをする。

山に行くの!
海に行くんだ!

どうして、こうなるのかよくわからない。だって、結果はいつも同じなんだから。

山よ!
海だ!

何してるの?
何だよ。

Mais cette fois-ci ça ne s’est pas passé comme d’habitude …

Cette année c’est la mer, sinon rien !
D’accord et on emmène maman !

でも今年はいつもと違った。

今年は海だ。そうじゃなかったら休暇はなし。
いいわよ。ママを連れて行きましょう。

Qu’est-ce qu’on est venus faire dans ce pétrin !
Hé, hé hé !
Ouais ! Papa, t’es le plus fort !
Et là papa, c’est pas un bon endroit pour pique-niquer ?

こんなところで、どうするのかしら?
へへへへ~。
わーい! パパ、パパ最強!
えーと、ここって、パパ。ピクニックには向かないよね。

Papa est très content d’être en vacances, d’ailleurs il sourit beaucoup plus que d’habitude.

Maman, c’est comme d’habitude, sauf que d’habitude elle est pas en maillot de bain …

Ben pourquoi t’as mis ton bonnet de bain ? Tu vas te baigner tout de suite ?

パパは休暇中、すごく満足してた。いつもより、笑顔だった。

ママはいつもどおり。いつもどおり水着を着てなかったこと以外は。

おい、なんでバスキャップをしてるんだ。すぐ風呂に入るのか?

Maman,
Oui, mon chéri ?
c’est quoi le verbe plaire à la deuxième personne du pluriel du subjonctif ?
Plairâtres ?
Non, plusiez …
Non, plûtes …

ママ
何、ニコラ。
動詞、plaire の2人称複数の接続法の活用って何?

plairâtres かな。
違うわ、plusiez よ
いや、plûtes だ。

単語・表現メモ

Il reste qc/qn (à qn)  (~に)~が残っている

Il ne me reste que toi.  僕には君しか残っていない。

ne … plus que  もはや~しか~ない

Il n’y a plus qu’à attendre son arrivée.  あとは彼の到着を待つばかり。

Il ne me reste plus qu’à vous souhaiter de bonnes vacances. の直訳は、「私には、皆さんがよい休暇を過ごすことを願っていると言うことしかもはや残っていない」。

vacances  休暇、ヴァカンス。いつも複数形
日本語で「バカンス」というと、なんとなく豪華で贅沢三昧な休暇を思い浮かべますが、ごくふつうに、仕事や学校を休むことです。

ただ、フランス人はバカンス期間が長いため、どこかに旅行することを好みます。しかし、経済的な理由で、家にいて、近場で休暇を楽しむ人もいます。

se mettre  (ある場所・状況に)身を置く:(ある状態に)なる

alors que + 直接法   ~なのに

pétrin  窮地、袋小路

Qu’est-ce qu’on est venus faire dans ce pétrin 直訳は、「私たちはこんな困った状態になっていったい何をするのか?」

se baigner 入浴する
se baigner dans la mer/dans un piscine と続けば、海水浴する、とか泳ぐという意味にもなります。

しかし、ここではパパはママがバスキャップ(入浴中にかぶる帽子)をしていると思い込んでいるので、お風呂に入る、という意味です。

plaire の接続法現在の活用は

que je plaise
que tu plaises
qu’il plaise
que nous plaisions
que vous plaisiez
qu’ils plaisent

語末は接続法の活用のルールどおりですが、語幹が plais となるところがポイントです。

フランス語の動詞は煩雑なので、フランス語ネイティブでもあまり使わないものは忘れてしまうようです。子供たちは学校で動詞の活用を学びます。

日本では、漢字を覚えさせられますね。そして大人になると難しい漢字を書けなくなります。

接続法について⇒「まいにちフランス語」45:L67 接続法現在 その1

トランスクリプションはこちらの記事を参考にしました⇒CestFranc: La rentrée avec le Petit Nicolas

きょうのお話

学校が終わって夏休み。

この時期、ニコラの家では毎年、パパとママがどこでバカンスを過ごすのか言い争いをします。

しかし、結局、いつもママの言い分がとおって、山に行くことになるのです。

ところが、今年はパパが「海しかない、さもなくばバカンスもない」と強く主張。意外にもママはあっさり賛成しますが、自分のママを連れていくといいます。

実はパパはママのママ(パパにとっては義理のお母さん、ニコラにとっては母方のおばあさん)が苦手なのです。

というのも、おばあさんは、パパのことをあまりかっておらず、いつも、ママが昔つきあっていた人の話をして、「あの人はよかったわよね。立派だったわよね」なんて言うからです。

渋滞に巻き込まれながらも、なんとか無事に海に到着。これからニコラの楽しい夏休みが始まります。



プチ・ニコラとは?

プチ・ニコラは、フランスの子供むけの小説で、1959年~1965年にシリーズで発売されました。作者はRené Goscinny(ルネ・ゴシニ)。

日本のサイトでは「国民的絵本」なんて書いてありますが、絵本ではないです。Jean-Jacques Sempé(ジャン=ジャック サンペ)のイラストがふんだんに使われているので、そう言われるのでしょう。

フランスで長く愛されているシリーズです。

2009年にはじめて、実写版の映画化があり、Les vacances du Petit Nicolas は実写版の第二弾です。

実写版第一弾の予告編はこちら:
プチ・ニコラ(映画)予告編のフランス語(前編)

親指太郎ってどんな話?「プチ・ニコラ」予告編のフランス語(後編)

Les vacances du Petit Nicolas が公開されたときの記事はこちらで紹介しています。映画の詳細を知りたい方はお読みください。

映画『プチ・ニコラの夏休み』がフランスで公開 前編

映画『プチ・ニコラの夏休み』がフランスで公開 後編

監督は同じ、Laurent Tirard(ローラン・ティラール)で、パパとママを演じている役者も同じですが、ニコラ役は変わっています。

前作でニコラをやった Maxime Godart (マキシム・ゴダール)くんが大きくなったからです。

彼は1999年生まれ。前作を演じたときは、9~10歳あたりで本のニコラに合っていましたが、2014年当時は15歳ですから、もうニコラをやれないのです。

本作でニコラを演じているのは、Mathéo Boisselier (マテオ・ボワセリエ)くんです。オーディションで800人の中から選ばれたそうです。

マキシムくんは目がうるうるしていて、ニコラにしては可愛すぎると思いましたが、マテオ君はもう少しわんぱく風味が加わっています。

しかし本のニコラは何かというとすぐに泣くので、そのへんはちょっと違う雰囲気です。

前作では妹が生まれたのですが、今回、どこにも登場しません。まあ、妹が生まれたのは、映画の中の話で、本の中では、ニコラはずっと一人っ子です。

私もきのうから Les vacances du Petit Nicolas を読み始めました。

Audibleに、オーディオブックがあったのでこれも買ってみました。読んでる人が、おじさん声なので違和感がありますが、読み聞かせしてもらってると思えば、いいでしょうか。

パパのセリフはぴったりはまっているので、笑えます。ものすごい早口なので、本がないと何を言っているのかよくわかりません。もう少し、フランス語の処理能力をあげたいものです。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. 病院

    フランス映画・テレビ・動画

    『最強のふたり』(2): 型破りの介護人

    2011年のフランス映画、『最強のふたり』(Intouchables)…

  2. 教室

    フランス映画・テレビ・動画

    スワッガー(Swagger):予告編のフランス語

    フランス映画でフランス語を学ぶシリーズ。今回は、Swaggerというド…

  3. ショーウインドウ

    フランス映画・テレビ・動画

    オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語

    映画の予告編を使ってフランス語になじむシリーズ。今回とりあげるのは、ド…

  4. 見知らぬ女

    フランス映画・テレビ・動画

    『優雅なハリネズミ』(2)~映画の予告編のフランス語

    Le Hérisson ハリネズミ という映画の予告編のフランス語を…

  5. 星の王女さま

    フランス映画・テレビ・動画

    アニメ「星の王子さまと私」予告編のフランス語・後編

    アントワーヌ・サン=テグジュペリの小説、「星の王子さま」をアニメ映画に…

  6. ちょうちょ

    フランス映画・テレビ・動画

    映画 Le Papillon(パピヨンの贈りもの)予告編のフランス語 その2

    先週に引き続き、Le Papillon(パピヨンの贈りもの)という映画…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランスのティーンエイジャーの間で流行っているファッション。…
  2. 愛のケーキのレシピ(映画:ロバと王女より)の訳詞。
  3. ワインに関係のある言葉:かわいいフランス語教えます(139)…
  4. タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(仏語版)の予告編。
  5. 子供が出てくるイケアのCMのフランス語
  6. ガトーバスクの作り方:フランスのお菓子36
  7. 恋はジタンの香り(シルヴィ・バルタン)歌と訳詞
  8. G7とは何か?(子供むけの簡単な説明)
  9. プラスチックの海を掃除する船、オーシャンクリーンアップ
  10. レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス語のことわざ15~情けは人の為(ため)ならず
  2. 迅速と性急を混同するな(急がば回れ)フランス語のことわざ41…
  3. 地球温暖化防止のために個人ができることとは?
  4. マッチ売りの少女のフランス語のタイトルは?(6)
  5. 『サラの鍵』(1)~映画の予告編のフランス語
  6. 歌と訳詞:Amoureuse(恋人)ヴェロニク・サンソン
  7. 2017年人気のフランスの赤ちゃんの名前はこんな感じ。
  8. L22  フランスのバーゲンセール
  9. 序数(4)~フランス語の数字【第45回】
  10. 「まいにちフランス語」46:L68 接続法現在 その2

おすすめのまとめ記事

  1. ハロウィン関連記事の目次
  2. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  3. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  4. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  5. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  6. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  7. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  9. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  10. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP