娘と母親

フランス映画・テレビ・動画

Maman a tort (ママは間違っている):予告編のフランス語

映画の予告編を使って、フランス語になじむシリーズ。

今回は、2016年秋に公開された、フランスとベルギー制作の映画、Maman a tort の予告編を紹介します。

母とティーンエイジャーの娘の物語。日本では未公開です。



Maman a tort の予告編

1分43秒。

女子中学生が、母親の勤めている保険会社で研修をする話です。

予告編のトランススクリプト

– Maman?
– Quoi?
– Tu sais, moi, ça me dit bien de faire mon stage dans ton entreprise. Ça pourrait même être super.
– T’essaies de me mettre dans un service infâme.
– Eh, oh! Tu te crois où ici? C’est pas les vacances à la carte. T’es dans une compagnie d’assurance.

– Ici, c’est notre salle de rangement et, faudrait, euh, ben, complètement la restructurer.
– J’ai quand même passé toute la journée dans un cagibi, tu trouves ça normal ?
– Non.

– On remet comme hier, si toi tu trouvais que c’était plus pratique Eh! ça va, là ? Tranquillou ? Non mais l’autre, par terre !
– Bienvenue dans le monde du travail !

– Ça fait un an que j’attends. Vous comprenez ça ? Un an ! Mes enfants, ils vont être à la rue à cause de vous.
– Bonsoir, excusez-moi, je peux vous aider? Je vous ai entendue, je travaille au service assurance-emprunteur.

– Tu crois que tu vas pouvoir faire quelque chose ?
– Je sais pas.
– T’as pu étudier le dossier?
– Ah, euh, oui, c’est mort.
– Comment ça, c’est mort?
– Elle va être expulsée ?
– Ben, pourquoi t’as pas pris le papier ? Hein ? Bah, eh, comment tu veux vérifier son dossier si tu prends pas le papier ?

– En fait, c’est quoi vos objectifs ?
– Bah, euh, c’est gagner plus d’argent. Arrête de vouloir te la jouer, là, genre je fais partie de la cour des grands. Ton stage, c’est un stage d’observation. C’est trop naïf de penser que c’est facile de faire le bien.
– Oui, mais c’est encore plus facile de rien faire.

– Ta maman elle t’aime, elle t’adore, elle fait tout pour toi ! Et toi, tout ce que tu trouves à faire c’est de la salir ? De l’accuser de choses affreuses ?

– T’as pu la reloger, là, ta famille?
– Ben c’est bien parti ouais. Quelques petits trucs à régler encore mais c’est comme si c’était fait.

– Ce stage a donc été une expérience très enrichissante, qui m’a permis de découvrir un nouvel univers. J’ai rencontré des gens très sympathiques qui m’ont appris beaucoup de choses que je ne connaissais pas.

– Et puis, euh, pour le titre, je pensais mettre «l’enfant du placard», mais c’est peut-être pas non plus très…
– Non, ça, c est pas…
– Ah oui. Non, parce que je suis plus une enfant.
– Voilà.

トランスクリプトはこちらで入手しました⇒« Maman a tort » de Marc Fitoussi | Fransk Sprog

トランスクリプトの和訳

ママ?
何?
あのね、私、ママの会社で研修したいんだけど。すごくいい経験になると思う。

ひどい仕事をあてがってもいいよ。
あらあら、どこにいると思っているの。バカンスじゃないわよ。ここは保険会社よ。

ここは、倉庫なの。えーと、全部、並べ直してくれない?

1日中、ずっと物置きにいたのよ。これって普通のこと?
いいえ。

きのうみたいに、戻しましょう。もし、そのほうが便利だと思うならだけど。あら、どうしたの? 静かなのね。違うわ、もう1つは、床の上よ。

仕事の世界にようこそ。

もう1年も待っているのよ。わかってるの? 1年よ。お宅のせいで、子どもたちは、路上に追いやられたわ。

こんばんは。どうしましたか? お話が聞こえたのですが。私は、保険の貸付を担当しております。

何かできると思う?
わからないわ。

書類を調べた?
え、ああ、彼は死んでいるわ。
どういうこと、死んでるって?
彼女は追い出されるの?

ねえ、ママ、どうして書類を取らなかったの? ねえ、書類を取らないのに、どうして記録をチェックしたいの?

で、この会社の目的って何?
そうね、できるだけお金をもうけることよ。

かぎまわるのはやめなさい。私は上層部で働いているのよ。あなたの研修は、観察することでしょ。簡単によいことができると思うのは、世間知らずすぎるわ。
うん、でも何もしないのはもっと簡単よね。

あなたのママは、あなたを愛してるわ。すごく大事に思っているの。あなたのためには、なんだってするわよ。それなのに、あなたが見つけることは、ママをけがすことになるのよ。おぞましいことをしたと非難したいの?

家を見つけることができたの?
えーと、まあ、そういうことね。まだ少ししなきゃならいことがあるけど、そうなったと言えるわね。

この研修は、とても実りある経験でした。私は、新しい世界を知ることができました。とても心優しい人々と出会い、皆、私が知らなかったことをたくさん教えてくれました。

で、(レポートの)タイトルは、「物置きの子供(l’enfant du placard)」にしようと思うんだけど、それだとちょっと…

そうね、それはちょっと…

そうなの。だって、私、もう子供じゃないし。

そのとおりよ。

単語メモ

stage  実習、研修

infâme  おぞましい、いまわしい;汚らしい、粗末な

cagibi  (窓のない、狭苦しい)小部屋、物置き

tranquillou  静かに ☆副詞ですが、ここでは女の子を呼びかける名詞として使っていると思います(間違っているかもしれません)。

expulsé  追い出された、退去させられた 動詞は expulser

genre  このgenreは、えーと、まあ、その、などのつなぎの言葉。英語でいえば、like

la cour des grands  トップ集団、上層部、メジャーリーグ

salir  よごす、汚くする;けがす、中傷する

reloger  (家を失った人に)住居を与える

placard  押入れ、クロゼット、物入れ

☆映画を見ていないので、papier と dossier が厳密には何をさすのかはわからないため、書類、記録という訳語をあてました。

顧客の書類を処理する段階で、保険会社側が、なんらかの操作をしたと思われます。



Maman a tort 予告編でのお話

主人公は、14歳の女の子。日本でいうと中学生です。

名前をアヌーク(Anouk)といいます。

学校の課題で、お仕事体験をすることになりました。最初は、テレビ関係の仕事をしたいと思っていたのですが、受け入れ先が見つからず、結局、母親が勤める保険会社に行くことになります。

しかし、会社では、倉庫の整理といった退屈な仕事ばかりさせられて、ちょっとうんざりしています。

アヌークは、「この会社のせいで、子供が路頭に迷っている!」と受付で訴える女性に出会い、この人のケースをちょっと調べてみることにします。

いろいろ調べていたら、どうも会社の扱いに問題があった、しかも、自分のママがそれに関与しているのでは? と疑惑を持つようになります。

アヌークの母親はシングルマザーで、子供のために、日々がんばっており、会社でも出世しています。

正義感にかられたアヌークにあれこれ詰め寄られると、「あなたはまだ子供なのよ。大人には大人の事情ってものがあるのよ」と答えます。

脚本と監督は、Marc Fitoussi(マーク・フィトゥッシ)という人です。

*****

日常生活を描く映画のセリフに出てくる言葉は、文法的にそんなに難しいことはありません。

けれども、ネイティブスピードなので、聞き取りはとても難しいですね。

日常よく使う、ラジオ講座のテキストにはなかなか登場しない語彙もごろごろ出てくるから、聞き取るためには、語彙力も求められます。映画によっては背景知識も必要でしょう。

そもそも映画の予告編は、いろいろなシーンをつなぎあわせてあるから、誰が話しているのかわからない箇所もあります。映画の全貌を完全に理解できるものにしてしまったら、映画を見る必要もなくなるので、「予告編見てもよくわからない」のが普通です。

あくまで、フランス語になじむ素材として紹介しています。

予告編は、1本、1本が短いから、生のフランス語にふれる素材としては、とっつきやすいものの1つだと思います。

この映画の予告編のトランスクリプトは、FranskSprog という、デンマークの、フランス語を教える先生向けのリソースを提供しているサイトで見つけましたが、レベル的にはA2だそうです。

「A2にしちゃ、難しくないかい?」と思いましたが、トランスクリプトを見ると、そんなに難しくないんですよね。

大学へ行って勉強する、フランス語で論文を書く、難しい試験にパスしたい、人にフランス語を教えて生活する、フランス語圏でどこまでも出世したい、といった事情がない限り、A2レベルに習熟すれば、日常生活はなんとかなりそうです。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 赤いバラ

    フランス映画・テレビ・動画

    「殺意は薔薇の香り」前編~予告編のフランス語

    Avant l'hiver(冬の前に)という映画の予告編をご紹介します…

  2. 見知らぬ女

    フランス映画・テレビ・動画

    『優雅なハリネズミ』(2)~映画の予告編のフランス語

    Le Hérisson ハリネズミ という映画の予告編のフランス語を…

  3. 赤いハンドバッグ
  4. 歌声

    フランス映画・テレビ・動画

    『エール!』La Famille Belier(1)~予告編のフランス語

    フランス映画の予告編のスクリプトでフランス語を学習するシリーズ。今回か…

  5. 生まれて間もない赤ちゃん

    フランス映画・テレビ・動画

    Pupille(後見人のいる孤児):予告編のフランス語

    2018年の暮にフランスで公開された、ジャンヌ・エリー(Jeanne …

  6. パリの建物

    フランス映画・テレビ・動画

    『屋根裏部屋のマリアたち』(2):映画の予告編

    フランス映画の予告編のスクリプトでフランス語を学習しています。今回…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 2019年のノーベル文学賞発表、2人の受賞者が象徴するもの。…
  2. パリのボン・マルシェ百貨店の歴史 (後編)
  3. 男と女 人生最良の日々(2019):予告編のフランス語
  4. きっすいの政治家、シラク元フランス大統領、86歳で亡くなる
  5. 愛のシンフォニー:ミッシェル・ポルナレフ(歌と訳詞)
  6. アンテルマルシェ(スーパーマーケット)の見た目の悪い果物と野…
  7. パリのボン・マルシェ百貨店の歴史 (前編)
  8. サヴァランの作り方:フランスのお菓子37
  9. フランスのティーンエイジャーの間で流行っているファッション。…
  10. 愛のケーキのレシピ(映画:ロバと王女より)の訳詞。

おすすめ記事いろいろ

  1. L8 フランス語の冠詞
  2. ヌーヴェルヴァーグの代表作、大人は判ってくれない:フランス映…
  3. 歌と訳詞:故郷の九月~ジルベール・ベコー その1
  4. アメリカのトランプ大統領、パリ協定離脱を発表。
  5. 鳥の目になろう~翻訳のコツ
  6. 中学校の先生は激務。『パリ20区、僕たちのクラス』の予告編(…
  7. フランス語の達人になるために~その3
  8. かわいいフランス語教えます~その27 住宅のいろいろ
  9. L30 フランス人の日本への関心
  10. SPA レーヌ『王妃の水』は何もかも浄化する?その2

おすすめのまとめ記事

  1. ニュースの記事のまとめ(1)
  2. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  4. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  5. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  6. フランス語の名言の記事の目次
  7. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  8. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  9. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  10. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP