干ばつ

時事ニュース

2022年気候変動会議、COP27の目的は?

今週金曜日(2022年11月18日)まで、エジプトで行われているCOP27(正式な名前は、国連気候変動枠組条約第27回締約国会議)の目的を1分半で説明しているインフォグラフィックス動画を紹介します。

タイトルは、Conférence sur le climat 2022 : quels sont les objectifs de la COP27 ?(2022年気候に関する会議:COP27の目的は何か)。

前回の記事⇒先進国と発展途上国の協力は必須~COP27 と合わせて読むと、より理解が深まります。

TV5Mondeがフランス語学習者向けに制作した動画です。



Les objectifs de la COP27

1分24秒。フランス語の字幕あり。

トランスクリプション

Sécheresses record dans le monde, canicules, inondations, incendies géants…

Rien ne va plus à l’ouverture de la conférence sur le climat, 27e du nom.

Preuve de l’urgence, le débat est posé en ces termes par l’ONU : c’est une question de vie ou de mort.

Le constat est sans appel : si rien n’est fait, l’objectif de maintenir le réchauffement global à 1,5°C ne sera jamais atteint en 2030.

C’était pourtant l’engagement pris en 2015 lors de la COP21 à Paris, présentée comme un tournant.

Les prévisions les plus pessimistes misent désormais sur un thermomètre mondial qui affichera une hausse de 2,8°C.

L’autre priorité est d’arrêter de creuser le fossé nord-sud.

Les pays riches avaient pourtant promis de débloquer 100 milliards de dollars par an pour aider les plus pauvres à s’adapter, l’Afrique en première ligne.

Mais rien n’a jamais été fait.

Pire, un récent rapport a revu ses chiffres à la hausse.

Les besoins sont maintenant estimés à près de 600 milliards de dollars par an jusqu’en 2050.

Autre question très sensible, celle des indemnisations.

Autrement dit, par quel mécanisme et à quelle hauteur les pays pollueurs doivent-ils compenser les dégâts irréversibles subis dans les pays les plus pauvres ?

Agir ensemble, mais sans les plus grands pollueurs de la planète, absents du rendez-vous, que sont la Chine, la Russie, ou bien l’Inde.

En 1972, la première réunion des Nations unies sur le climat, appelée Sommet “Planète Terre”, interpellait déjà les gouvernements pour qu’ils soient vigilants par rapport au climat.

C’était il y a 50 ans, le monde visiblement savait.

COP27の目的

世界各地での記録的な干ばつ、熱波、洪水、大きな火災…。

第27回気候変動会議の幕開けは、問題ばかりです(←うまく行っていることはもう何もありません)。

緊急である証拠に、国連は、この議論を、生死の問題と表現しました。

状況は明らかです。もし何もしなければ、地球横断化を1.5度Cに抑えるという目標は、2030年までに到底達成できません。

これは2015年にパリで開催されたCOP21での誓約で、大きな転換として示されました。

もっとも悲観的な予測では、世界の気温は2.8度上昇するとされています。

もう1つの優先課題は、南北のギャップの拡大を止めることです。

豊かな国々は、アフリカを最前線とする最貧国がうまく適応できるように支援するために、年間1000億ドル出すと約束しました。

しかし、何もなされてきませんでした。

さらに悪いことに、最近の報告書では、この数字はもっと大きいと修正されています。

現在の予測では、2050年までに年間6000億ドル近く必要だと見られています。

もう1つ、とてもデリケートな問題として、補償の問題があります。

つまり、汚染をしている国々が、どんな仕組みで、どの程度の水準で、最貧国がこうむった取り返しのつかない損害を補償すべきかという問題です。

共に行動しているとは言え、もっとも地球を汚染している国である中国、ロシア、インドはこの会議に参加していません。

1972年、気候変動に関する初の国連会議が、「地球サミット」という名で行われ、各国政府に気候の変化に警戒するよう呼びかけました。

50年前のことです。世界は明らかにこの問題についてわかっていたのです。

単語メモ

sans appel 決定的な

le constat  状況

une fossé  穴、溝

revoir  見直す、修正する

interpeller  呼びかける、強く訴えかける

vigilant 警戒する



COP27・関連動画

■C’est quoi le changement climatique ?(気候変動って何?)

1 jour, 1 questionの1本。子供向けのアニメーションでわかりやすいです。

1分40秒。

■これも子供向けのアニメーションでわかりやすいです。

Le réchauffement climatique expliqué aux enfants(子供にする温暖化の説明)

2分20秒。フランス語の字幕あり。

■関連記事もどうぞ

地球温暖化対策の正念場、COP21は11月30日からパリで開催

地球温暖化防止のために個人ができることとは?

地球温暖化が健康に及ぼす影響は熱中症だけじゃない。

*****

なんと、50年前から、「このままじゃ、まずいですよ~」と国連は言っていたのですね。

人間は現実を直視しない生き物なので、科学的なデータを見れば明らかなのに、なんだかんだと理屈をつけて、問題を先延ばししてきたのでしょう。

これからも、そうやってのらりくらりとやっていくような気がします。

せめて、個人でできる対策に尽力します。






ホッキョクグマ先進国と発展途上国の協力は必須~COP27前のページ

通りで + ダンスホールで(映画「シェルブールの雨傘」#4):歌と訳詞。次のページナイトクラブの看板

ピックアップ記事

  1. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. パリ

    時事ニュース

    フランスの首相は何をやる人なの?

    2020年の7月3日に、エドゥアール・フィリップ首相とその内閣が総辞職…

  2. 漁船

    時事ニュース

    Brexit:安堵と不安を感じる漁師たち。

    2020年の12月24日、交渉期限ギリギリのタイミングで、イギリスとE…

  3. ヒマラヤ

    時事ニュース

    ヒマラヤのアンナプルナの雪崩や吹雪で遭難

    今週のニュースは、ネパールのヒマラヤ山脈での遭難です。季節外れの大雪、…

  4. フランス国旗

    時事ニュース

    パリの同時多発テロ:何が起きたのか理解するために

    金曜日(2015年11月13日)にパリで起きた同時多発テロについて、今…

  5. カンヌ

    時事ニュース

    カンヌ国際映画祭にまつわる数字~期間中の市の人口は?

    カンヌ国際映画祭のニュースを子ども新聞から読んでみました。映画祭にまつ…

  6. ツール・ド・フランス(2014)

    時事ニュース

    第104回、ツール・ド・フランスが始まった。

    世界的に有名な自転車のロードレース、ツール・ド・フランス(Tour d…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP