パルミエ

フランスのお菓子

パルミエの作り方:フランスのお菓子39

フランスのお菓子、今回はパルミエのレシピを2種類紹介します。



パルミエとは?

パルミエは、Le palmier で、一見、ハートの形をしたパイ菓子です。私が子どものころ、『源氏パイ』というお菓子をよく食べていましたが、あれがパルミエです(源氏パイは、パルミエから考案されました)。

20世紀にパリで生まれたお菓子ですが、誰が考案したかはよくわかっていません。

パルミエはハートの形に見えるし、ハートだと思っている人も多いでしょうが、palmier という名前のとおり、ヤシの木の葉っぱに形が似ているから、パルミエです。

ヤシの葉っぱにはいくつか種類がありますが、この葉っぱと形が似ています。

ヤシの葉

では、レシピを紹介します。まず市販のパイシートを使うレシピです。

パルミエのレシピ(市販のパイシート使用)

Palmiers au sucre(シュガーパルミエ)

3分42秒

材料

1 pâte feuilletée パイシート1枚

50g de sucre 砂糖50g

Un peu d’eau  水、少々

作り方

1.パイシートを広げて水をぬり、上から砂糖をまぶす。

2.パイシートをはしっこから真ん中まで巻き、今度はもう1つのはしから、真ん中まで巻く。

3.ラップに包んで、冷蔵庫で2時間(フリーザーなら30分)冷やす。

4.生地をとりだして、4~5ミリの輪切りにし、クッキングシートの敷いた天板の上に並べる

5.180度のオーブンで15分ほど焼く

密封容器に入れておけば、1週間もちますが、おいしいのですぐになくなってしまうでしょう。

密封容器:boîte hermétique

次はパイ生地から自作するレシピです。けっこう大きなパルミエです。

パルミエ(折り込みパイ生地)

3分18秒

材料

2kg de beurre バター2キロ

du sucre 砂糖

1kg de farine 小麦粉1キロ

25g de sel 塩25グラム

540g d’eau  水

☆バターと小麦粉をいっぱい使うので失敗したくないですね。小麦粉はともかく、バター、高いですから。

ですが、ある程度量があるほうが、パイ生地は作りやすいです。

作り方

A: pâte feuilletée 折り込みパイ生地

ボールに小麦粉と水と塩を入れて、フードプロセッサーに3~4分かけて、だいたいまとまったら取り出して、手でまとめ、室温に3分おく。

première vitesse と言っているのですが、これは一番、遅いスピードだと思います。

クッキングシートの上にバターをのせて綿棒でたたいてちょっとのばす。

パイ生地をバターの倍の長さになるようにのばす。横幅はバターより1センチほど余分にとる

バターをはさんで、生地をのばし、両脇からそれぞれ中央に折り曲げて、真ん中でもう1回折る(動画参照)

クッキングシートで包んで冷蔵庫で45分冷やす。

1回目の折り込みと同じことを繰り返す。

また紙に包んで30~40分冷蔵庫で休ませる。

また生地をのばして、はしから3分の1のところで折り、もう片方のはしを折り重ねる(動画参照)。その生地をのばして、帯状にする。生地の厚さは4~5ミリ。

はしを切り落として、パイ生地のできあがり。

B: façonnage 成形

生地の表面に水をぬり、砂糖をたっぷりまぶす。

手前から真ん中に折り、もう片方も真ん中に折り、最後に中央を折る(4枚重ねになる)

(折り目が見えるように)包丁で切る(切る方向を間違えるとパルミエになりません)。幅は1.5センチぐらい。

クッキングシートを敷いた天板で、180度で25~30度で焼く(200度まで予熱する、とシェフは言っています)。

おいしそうですね。



おまけ:パルミエ(練り込みパイ生地)

上で紹介した動画では本格的な折り込み生地を作っています。

もう少し手軽にやりたい方は、フードプロセッサーで生地を作るとき、バターをまぜこむ練り込みパイ生地にするといいでしょう。

こちらは練り込みパイ生地を使っています。

フランス語の字幕を表示させることができます。4分50秒。

材料:

• 小麦粉250g
• 冷やしたバター200g
• 塩、小さじ1/4
• 水、100ミリリットル(10センチリットル)
• ブラウンシュガー
• 粉砂糖(白)
• バニラパウダーひとつまみ

3つめのレシピは、作り方を書きませんでしたが、必要な方はリクエストしてください。

折り込みでも練り込みでも、パイ生地を作るのは手間がかかりますが、手作りしたほうがおいしいです。

しかし、手軽に作りたいなら市販のパイシートを使ったほうがいいですね。

ところで、源氏パイは、なぜ源氏なのかしらべたところ、発売(1965年)翌年の大河ドラマが「源義経」に決まったから、「源氏」にしたと、Wikipediaにありました。

メーカーは、もともと和風の名前をつけたいと思っていたそうです。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ヌガー

    フランスのお菓子

    モンテリマールのヌガーの作り方:フランスのお菓子(31)

    モンテリマール(Montélimar)というフランスの小さな街の銘菓、…

  2. カヌレを持つ修道女pen

    フランスのお菓子

    カヌレとは?~フランスのお菓子~その1

    フランスのお菓子を紹介するシリーズを始めます。お菓子は、言葉と…

  3. ファーブルトン

    フランスのお菓子

    ファー・ブルトンは簡単でおいしい:フランスのお菓子(24)

    フランスのお菓子を1つずつ紹介しています。今回はファー・ブルトン(ファ…

  4. チェリークラフティ

    フランスのお菓子

    こんなに簡単でいいの?さくらんぼのクラフティーの作り方~フランスのお菓子(8)

    フランスのお菓子を紹介しているシリーズ。今回はクラフティです。…

  5. ブッシュドノエル

    フランスのお菓子

    ブッシュ・ド・ノエル~フランスのお菓子~その2(前編)

    フランスのお菓子シリーズ、第2回。きょうは、フランスのクリスマスケ…

  6. シュケット

    フランスのお菓子

    簡単おやつ、シュケットの作り方:フランスのお菓子(22)

    フランスの子どもたちが大好きなおやつ、シュケット(シューケット)を紹介…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. カーニバルはいつ始まったのか?
  2. 冬に関係のある単語:かわいいフランス語教えます(141)
  3. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2020年版…
  4. Saint Valentin (ヴァレンタインデー):Zaz…
  5. パルミエの作り方:フランスのお菓子39
  6. 日本語由来のフランス語
  7. 2月2日のシャンドルールにクレープを食べる3つの理由。
  8. Les filles d’aujourdR…
  9. 中国の新年の祝い方。
  10. なぜイランとアメリカは対立しているのか?(子供向けの説明)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. アナと雪の女王「レット・イット・ゴー」のフランス語版:歌と訳…
  2. バレエ用語~かわいいフランス語教えます(67)
  3. 「これは何て言う物?」「手作りみたい」お店で品物を見ながら話…
  4. プラリーヌの作り方(フランスのお菓子32)
  5. 夜は物の文目(あやめ)も分かず:フランス語のことわざ9
  6. 日曜日はドミニカの日:フランス語の暦(17)
  7. ヤウンデ(カメルーン)の心のレストラン。カメルーンの歴史つき…
  8. 弱き者は夫(ぶ)に取らるる:フランス語のことわざ17
  9. このブログの更新の通知を受け取る方法
  10. アルフォンス・ミュシャ、ベル・エポックのイコン。

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  2. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  4. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  5. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  6. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  7. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  8. フランス語のことわざ~目次 その2
  9. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  10. クリスマス関連記事の目次 2013年版

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 日めくりとpen

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP