カメルーンの国旗

時事ニュース

ヤウンデ(カメルーン)の心のレストラン。カメルーンの歴史つき。

さまざまなフランス語の学習教材を提供しているTV5 Monde の Enseigne le français のページから、カメルーンの首都、ヤウンデのニュースを紹介します。

タイトルは Resto du cœur à Yaoundé(ヤウンデの心のレストラン)です。



ヤウンデの「心のレストラン」

動画はTV5MONDE、Enseigne le françaisのトップからごらんください⇒Enseigner le français avec TV5MONDE 配信期間が終わると別の動画に変わります。

フランス語字幕を表示させることもできます。

以下はスクリプトの和訳です。多少意訳しています。

背景:1年前から、ヤオンヌでは路上で暮らす若者に無料で食事がふるまわれています。

身体だけでなく心も養われるプログラムです。

~~~~

週に6日、このカメルーンの若者たちは日々の食事の支度を手伝い、貧しい人たちにふるまっています。

料理をするのを手伝ったり、食器を下げたり、食事をしながらおしゃべりをしたり。路上で暮らすようになってから、忘れていたことをしています。

ジャン・クロード(恩恵を受ける人):すべて家庭でしてきたことばかりですが、野外で暮らすようになってからは、珍しいことばかりです。

ジャン・クロードと同じように、ヤオンヌの界隈に住む50人ほどの人たちが、毎日、食事を提供してもらっています。

この組織は、フランスの「心のレストラン(Les Restos du Cœur)」という団体にちなんだ名前がつけられましたが、この街の教区の主任司祭であるベルトランドさんが設立しました。

ベルトランド司祭(心のレストランのコーディネーター):月に1300食、1年に16000近く提供しました。たくさんですよ。

食事の提供を受ける人の中には、これが、その日、唯一の食事である、という人もいます。

ベルトランド司祭にとっては、このプロジェクトは、単に食べ物を配給する以上の意味があります。

ベルトランド司祭:心のレストランは若者たちに、それぞれの人生について深く考えてもらう機会なんです。どんな教育を受けて、どんな仕事をするか、自分の将来のために、自分自身で主体的に動くことができます。

彼らは自身の問題を定期的に話し合っています。社会復帰するための第一歩です。

学校を続けることができなかった人たちは、学ぶ手立てを見つけることもできます。

テレーズは、路上で8年暮していますが、あるスタジオで裁縫を学んでいます。

テレーズ(恩恵を受ける人):職業教育を受ければ仕事につけます。自分のためのミシンを手に入れ、自分の服を作ることも。

このシステムができて1年になりますが、個人的な寄付に頼っている状況です。ベルトランド司祭は資金援助してくれる人を探しています。

司祭はもっとたくさん食事を配給し、若者たちが仕事につけるよう、もっとたくさんの機会を手にしたいのです。

単語メモ

prêtre (カトリックの)司祭

démunie 恵まれない人、貧窮者  démunir の過去分詞より。

curé (カトリックの)主任司祭、より資金を求めています。もっとたくさん食事を配給し、若者たちに、もっと

paroisse  小教区
curé d’une paroisse 教区の主任司祭

la réinsertion sociale 社会復帰

déscolarisé 学校教育から離れさせられた

formation 育成、妖精、研修

financement 出資、融資、資金調達

insertion (異なった環境への)同化;(制度などへの)組み込み、統合

フランスの「心のレストラン」についてはこちらに書いています⇒フランスの慈善事業、「心のレストラン」30周年

カメルーンはどんな国?

ヤウンデはカメルーン(Cameroun)の首都です。

カメルーンはアフリカ大陸中部にあり、ギニア湾に面する共和国です。

日本ではカメルーンはサッカーが盛んな国として有名ですが、いったいどんなところなのでしょうか?

カメルーンの歴史(ざっくりとした説明)

8000年ぐらい前から先住民が住んでいました。

15世紀になって、ヨーロッパの国々が資源を求めて、アフリカに航海したとき、カメルーンも発見されました。

最初にやってきたのはポルトガル人です。

カメルーンは、ポルトガルでエビを意味するカマラウンという言葉由来です。ポルトガル人は川にいるエビを見て、「エビの川」と呼んだのです。

とはいえ、ポルトガル人はとくに侵略はしませんでした。

1806年にイスラム系の王国に支配されました。

■ドイツの植民地 1884~1914

19世紀後半、ドイツ人がやってきて、1884年にカメルーンはドイツの保護領となり、1911年に、完全に支配されました。

フランスとイギリスによる信託統治 1916~1960

第一次大戦でドイツが負けたので、ヴェルサイユ条約で、カメルーンの西部(西カメルーン)はイギリス、東部(東カメルーン)はフランスの委任統治領となりました。

同じ国なのに、2つに別れたわけです。

だから、いまもカメルーンではフランス語と英語が公用語です。公用語以外に、たくさんある民族が話す言葉があります。

■1960年に独立

1960年に東カメルーン(元フランス領)独立し、フランス領カメルーンとなりました。

1961年に西カメルーン(元イギリス領)も独立しましたが、北部はナイジェリアに合併し、南部はカメルーンの連邦制とした。後に統合されました。

1982年からポール・ビヤという人が大統領で、ずっとこの国を統治しています。

この人は、7年間首相をつとめ、その後、2代目の大統領になりました。1933年生まれで今年84歳です。

カメルーンは、独立以来、内戦もクーデターもなく安定していたといえますが、それはこの大統領率いる体制が、強かったということでしょう。

こちらはカメルーンに関する7つのものをスライドで紹介している動画です。

カメルーンは「アメリカの縮図」と呼ばれますが、それはこの国にアフリカらしい景観がすべて揃っているからです。

首都はヤウンデですが、経済の中心地はドゥアラ(Douala)で、かなり都会化されています。

フランスから輸入した物もたくさん手に入ります。

近年は隣のナイジェリアからイスラム武装組織がカメルーンの北部に入ってきたりして、北部の治安はあまりよくありません。



アングロフォーン・クライシス

カメルーンには10州あり、そのうちの8州がフランス語圏、2州が英語圏です。

カメルーンにおけるマイノリティである2州は、南部にあります。

2016年あたりから、カメルーンの英語圏で、政府は自分たちのことをないがしろにして、差別しているから独立したい、というグループが出てきました。

実際、差別されているようです。急進的な独立派と治安部隊がぶつかるようになりました。

治安部隊はけっこう暴力的な行為に出ているようです。

2017年のはじめ、政府は英語圏のカメルーンのインターネットの接続を3ヶ月ほど切る、というとんでもないことをしました。

2018年の1月に、カメルーン政府に頼まれたらしいナイジェリアが、独立派のリーダーを捉え、その後、カメルーン政府に引き渡した事件が起きてから、両者のぶつかりあいはますますひどくなりました。

そのニュースを伝えるクリップです(英語)。4分。

Al Jazeeraはドーハ(カタールの首都)のメディアです。

*****

今回はカメルーンにおける「心のレストラン」を伝えるクリップと、カメルーンという国について紹介しました。

カメルーンの歴史は詳しくみればもっと複雑です。

アフリカで紛争が起きる一番の理由は、昔、先進国が勝手に支配したり、分割したりしたからです。マイノリティが虐げられるのはどこの国でも同じですね。

なお、7jour sur la planèteのアプリをスマホにダウンロードして登録すれば、3つあるニュースのうち、1つは無料で見たり、トランスクリプトを確認したり、単語の勉強ができます。

いま(2018/02/05現在)、無料で勉強できるのは、ヤウンデの心のレストランのクリップです。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 北極のクマ

    時事ニュース

    アメリカのトランプ大統領、パリ協定離脱を発表。

    2017年6月1日、アメリカのトランプ大統領が、選挙中の公約どおり、ア…

  2. いちご

    時事ニュース

    子どもに「イチゴ」や「ヌテラ」という名前をつけてはいけない~フランスの裁判所が決定

    子どもに「イチゴ」や「ヌテラ」という名前をつけてはいけない~フランスの…

  3. 神田明神

    時事ニュース

    神田明神で商売繁盛の祈願~日本のニュース

    きょうはEuronewsから日本の短いニュースをご紹介します。…

  4. スクールバス

    時事ニュース

    アメリカの高校で発砲事件、2人死亡

    金曜日の朝、アメリカのワシントン州の高校で起きた発砲事件のニュースをご…

  5. 地球

    時事ニュース

    地球温暖化対策の正念場、COP21は11月30日からパリで開催

    2015年の11月の終わりからパリで開催されるCOP21の告知記事をこ…

  6. pen新聞

    時事ニュース

    ニュースの記事のまとめ(1)

    ニュースの記事の目次を作りました。ニュースの記事とは子ども新聞やEur…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. ペッパ・ピッグで学ぶフランス語2:春(エッグハント)の巻、後…
  2. イースター(復活祭)に卵を使う風習はどのようにして生まれたの…
  3. パリのノートルダム大聖堂で大きな火事、発生。
  4. フリーマーケットに関する言葉:かわいいフランス語教えます(1…
  5. 簡単チョコレートケーキの作り方:フランスのお菓子33
  6. Maman a tort (ママは間違っている):予告編のフ…
  7. エッフェル塔建設から130周年を迎えて。
  8. フランス人は朝ごはんに何を食べているか? 典型的なメニューを…
  9. 風に関する単語:かわいいフランス語教えます(132)
  10. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)

おすすめ記事いろいろ

  1. ポッドキャストで書き取りの練習を始めた頃~入門日記第17回
  2. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  3. ハロウィンにまつわる単語 その4(終)
  4. 映画 Le Papillon(パピヨンの贈りもの)の歌(訳詞…
  5. 映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス…
  6. L23 フランスのデパート事情
  7. ボキューズ・ドール国際料理コンクールとは?
  8. 緑色の猫、その正体は?
  9. フランス語のことわざ5~聞こうとしない人は聞こえない人より始…
  10. フランスの映画監督、ジャック・ドゥミの世界

おすすめのまとめ記事

  1. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  2. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  3. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  4. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  5. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  6. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  7. ハロウィン関連記事の目次
  8. フランス語入門日記~目次を作りました
  9. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  10. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. フランス語の日めくり
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP