温かい食事

時事ニュース

フランスの慈善事業、「心のレストラン」30周年

毎年冬になると、貧しい人々に無償で温かい食事を提供する、「心のレストラン(Les Restos du Cœur レストドゥクール)が30周年を迎えたニュースを子ども新聞から紹介します。

「心のレストラン」はフランスの俳優、コリューシュが始めた事業です。



Les Restos du Cœur ont 30 ans 『心のレストラン』30週年

Il y a 30 ans, le 26 septembre 1985, le comique Coluche créait les Restos du Cœur. Aujourd’hui encore, chaque hiver, ils aident les Français les plus pauvres.

Aider les plus pauvres en France L’idée est née au micro d’Europe 1, le 26 septembre 1985.

30年前の1985年9月26日、喜劇俳優のコリューシュが「レスト・ドゥ・クール(心のレストラン)」を創設しました。今日も、毎年冬になると、この団体は最貧困層であえぐフランス人を援助しています。

貧しいフランス人を助けるという考えは1985年9月26日に、ヨーロッパ1のラジオで生まれました。

À l’époque, Coluche (de son vrai nom Michel Colucci), un acteur comique très célèbre en France, y tient chaque jour une émission de radio.

L’hiver 1984 a été très rude. Plusieurs sans-abris sont morts dans la rue.

当時、コリューシュ(本名、ミシェル・コルッッチ)はフランスでたいへん有名な喜劇俳優で、その局で毎日放送する番組を持っていました。

1984年の冬はたいへんきびしいものでした。多くのホームレスが道で亡くなっていました。

Les artistes se sont mobilisés pour aider les victimes de la famine en Éthiopie (Afrique), mais pourquoi ne font-ils rien pour les plus pauvres en France, demandent les auditeurs de Coluche.

Celui-ci a alors l’idée de créer une sorte de cantine gratuite, avec l’aide de supermarchés et de bénévoles.

Très vite, son idée est saluée, même par le président de la République de l’époque, François Mitterrand.

「アーティストたちは、エチオピアの飢饉のために奔走するが、なぜフランスの最貧困層のために何もしないのか」。コリューシュは視聴者にこう聞きました。

そのとき、スーパーマーケットやボランティアの助けを得て、無料の食堂を作る考えが生まれたのです。

すぐにこのアイデアは歓迎されました。当時のフランス大統領、フランソワ・ミッテラン氏までが賛同したのです。

Chaque hiver L’aventure des Restos du Cœur est lancée.

Au cours du premier hiver, 5000 bénévoles distribuent 8,5 millions de colis alimentaires.

Depuis les Restos du Cœur distribuent chaque hiver de plus en plus de repas. Malheureusement sans Coluche, mort le19 juin 1986.

その年、「心のレストラン」の活動が始まりました。最初の年は、5000人のボランティアが、8500万食を配給しました。

それ以来、「心のレストラン」が配給する食事は冬ごとに増えています。残念なことに、コリューシュは1986年の6月19日に亡くなりました。

※元記事は削除されたようなのでリンクをはずしました。

単語メモ

Restos du Cœur 心のレストラン resto は restaurant のこと Restos du Cœur の正式な名前は Restaurants du Cœur です。

au micro  ラジオで micro は microphone の略です。

colis  荷物

コリューシュ(Coluche)(1944-1986)と「心のレストラン」

コリューシュは、テレビや映画でとても人気のある俳優でした。大統領選の出馬も考えたことがあります。実際支持率は高かったのですが、圧力をうけたため、出馬は断念しました。

もともと人々のために何かしたい、という考えの持ち主だったのでしょうね。

1985年に「心のレストラン」を創設して、またたく間に支持を得たのも、彼の社会的な人気によるところが大きいと思います。

残念ながら、彼は1986年にバイク事故で急逝。この事故も暗殺説が出たぐらいです。

1988年にフランスで貧困層を援助する法律が可決されましたが、これは「コリューシュ法」と呼ばれます。

「心のレストラン」は毎年一晩だけ有名アーチストが集まってチャリティ・コンサートを行います。アーティストたちはLes Enfoirés(とんでもない連中)というバンドを組んで、コンサートに出演します。

Les Enfoirésはジャン=ジャック・ゴールドマンというシンガーが、コリューシュの意志をついで1989年に呼びかけて結成しました。

年によって顔ぶれは違いますが、このコンサートは年中行事になっています。「心のレストラン」の慈善事業の規模もどんどん大きくなっています。

コンサートと同時に発売されるCDの売上は、この団体の貴重な財源です。



Les Enfoirés(ひどい連中)のToute la vie

Les Enfoirésは毎年アルバムを出しています。今年のシングルカットはToute la vieという曲。なかなかいい曲です。

先日紹介した映画、『100歳の少年と12通の手紙』(前編)~予告編のフランス語に出ていたミシェル・ラロックの顔も見えますね。

Les Enfoirésは2011年にアンドーシンの«J’Ai Demandé A La Lune»(僕は月にたずねた)の替え歌、«On demande pas la lune» (私たちは月にはたずねない)という替え歌を発売しています。

こちらの記事で紹介しています⇒アンドーシンの J’Ai Demande A La Lune (僕は月に尋ねた)の訳詞 |

フランスは貧困層が多くて、ずっと社会問題になっています。しかし「心のレストラン」のような慈善活動は盛んですね。

前回の「不思議の国のFrance」のエピソードでも、パリにはホームレスが多いという話が出ました。解説によると、一般人が、ホームレスに食べものをあげたり、親切にしているそうです。

経済成長しても、貧富の差がひろがるばかり。お金を持っている人の広い心に頼るしかないのかもしれません。






車椅子『最強のふたり』(1): 出会うはずのない2人が出会った前のページ

エッフェル塔の説明を聞いて単純過去に親しむ次のページエッフェル塔

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 金網のフェンス

    時事ニュース

    アメリカとメキシコの国境で親から引き離された子どもたち。

    2018年の6月半ば、国境を越え、不法にアメリカに入国しようとしたメキ…

  2. 黒板にラントレの文字

    時事ニュース

    ラントレ:フランスで新学年開始。2017年の学校改革はこんな感じ。

    2017年9月4日は、フランスではラントレ(la rentrée)でし…

  3. 新聞を読む

    時事ニュース

    シャルリ・エブド最新号の発売、すぐに売り切れ

    テロの襲撃にあったシャルリ・エブドの最新号が、14日に発売され、すぐに…

  4. 猫

    時事ニュース

    フランスで初めての猫カフェがオープン その1

    猫カフェが先月、フランスで初めて開店しました。きょうはそのことを伝…

  5. パリのノートルダム大聖堂

    時事ニュース

    パリのノートルダム大聖堂で大きな火事、発生。

    2019年4月15日の夕方6時50分ごろ(パリ時間)、パリのノートルダ…

  6. 猫

    時事ニュース

    猫は人間の最良の友?フランスでは犬より猫の人気が上昇中

    久しぶりに猫に関する記事です。子ども新聞記事から、最近のフラン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
  2. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
  3. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
  4. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
  5. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
  6. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
  7. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
  8. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
  9. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?
  10. パンテオンから見るパリの景色

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 日めくりとpen

アーカイブ

PAGE TOP