アバ

時事ニュース

アバの記念ミュージアムが開館~ストックホルムその2

フランス語のニュースで読む「アバの記念ミュージアム開館」の記事の2回目です。

このミュージアムは、5月の初めにスエーデンのストックホルムでできました。



アバの記念ミュージアム

ではニュースをごらんください。
Un musée pour ABBA
2分27秒

きょうは1分12秒あたりから最後まで。メンバーのビョルンへのインタビューがはいっています。

L’idée du projet remonte à 2008 mais elle a vraiment décollé avec l’implication de Bjorn Ulvaeus, ancien membre d’Abba, dans le projet.

このプロジェクトの企画は2008年にもちあがりましたが、アバのオリジナルメンバーのビョルン・ウルヴァースの協力があったからこそ、完成しました。

“La plupart du temps les musées portent sur des gens qui sont morts. Je me disais vous savez c’est le genre de choses où on ne se sent pas impliqués. C’est assez bizarre, assez narcissique.

Et puis il y a un an c’est devenu évident que ça allait devenir une réalité, ici dans ma ville natale, les gens voulaient y aller et ils me demandaient ce à quoi ça aller ressembler.

Et puis j’ai compris qu’il valait mieux que je m’implique pour que tout soit fait au mieux et je suis ravi de l’avoir fait parce que ça a été très drôle et puis c’est bien de pouvoir raconter encore cette histoire”.

「おおかたの博物館は亡くなった人を展示していますよね。

こういうことをやるべきか、かかわらないでおくか自分でも考えました。

これってすごく変ですよね、すごくナルシスティックですし。

で、一年前に、ミュージアムが現実のことになることになりました。ここで、僕の生まれ故郷でね。

みんな、ここに来たがっていたし、ここはどんな感じのところなのか僕に聞きました。

それで、ミュージアムをよりよい物にするため、自分もかかわるほうがいいんだと思いました。

実際、そうすることができてとてもうれしいです。だって、すごくおもしろい試みですし、また自分たちの歴史を語ることができるのはいいものですよ。

Une histoire à redécouvrir ou à découvrir au musée Abba à Stockholm.

ストックホルムの記念ミュージアムで、アバの物語を再発見したり、はじめて発見したりできるのです。

前半はこちら⇒ アバの記念ミュージアムがストックホルムで開館~その1 アバというグループについてもこちらの記事で書いています。

単語メモ

impliquer かかわる

implication かかわりあい

ravi 大喜びの

関連情報:ビートルズのミュージアム

テクノロジーを駆使した雰囲気が今ふうですね。

ストックホルムには「アバのゆかりの場所」というものが何箇所かあり、そこをめぐるツアーが組まれています。このミュージアムはそのツアーの目玉になりますね。

今はオープンしたばかりなのでにぎわっていますが、派手でなくても、地味に展示を続けていってほしいものです。

すでにファンはけっこう年をとってるので、新しいファンを獲得できるかどうかが存続の鍵でしょう。

似たようなものではイギリスのリバプールにビートルズのミュージアムがあります。

こっちは昔ふうですが、たくさんメモラビアがあり、四人の生涯がたどれるようになっています。

The Beatles Museum
スライド 6分ほど



アバ・恋のウォータールー(フランス語バージョン)

最後にアバを一躍有名にした「恋のウォータールー」のフランス語バージョンをご紹介します。

フランス語ではあるけれど…。

私は、初期の曲のほうが好きです。この点は、ビートルズも同じです。

後期は音楽的に成熟していくのですが、初期のほうが「あふれる楽しさ」とか「ほとばしるパワー」みたいなものがあります。

これはどんなビジネスにも言えることなのかもしれません。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. パリ

    時事ニュース

    五月革命とは?: 1968年の5月、いかにフランスは変わったか?

    フランスの五月革命(五月危機)をまとめているフランス語のニュースをEu…

  2. 東京

    時事ニュース

    不正会計処理問題で東芝の社長が辞任

    不正会計処理が明らかになり、東芝の社長が辞任したことを伝えるフランス語…

  3. pen新聞スタンド

    時事ニュース

    フランス語のニュースの記事のまとめ(3)

    こども新聞の記事や、ニュースクリップのスクリプト訳し、関連情報をお伝え…

  4. penとネットの闇市

    時事ニュース

    インターネット上の違法サイトを一斉に摘発

    Euronewsの短いニュースをご紹介します。インターネット上…

  5. バーバパパ

    時事ニュース

    バーバパパ出版45周年おめでとう~Googleが記念ロゴでお祝い

    2015年5月19日はバーバパパが誕生して45周年ということで、この日…

  6. イギリス

    時事ニュース

    イギリスの欧州連合(EU)離脱はどんな影響をもたらすか?

    2016年6月23日に、英国では欧州連合(EU)に残るか離脱するかを決…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき
  2. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  3. ベーキング・お菓子作りに関係のある言葉:かわいいフランス語教…
  4. ムッシュ・アンリと私の秘密:予告編のフランス語
  5. アルフォンス・ミュシャ、ベル・エポックのイコン。
  6. ガレット・ブルトンヌ(厚焼きクッキー)の作り方:フランスのお…
  7. Pupille(後見人のいる孤児):予告編のフランス語
  8. そこへ行くために(Pour en arriver là):ダ…
  9. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?
  10. アクサン・シルコンフレックスになじんで語彙を増やそう。

おすすめ記事いろいろ

  1. 愛の告白:フランス・ギャル(歌と訳詞)
  2. L4 空港からは乗り合いタクシーがお得
  3. ありえない失敗~masausa、penのおまけコーナー【第6…
  4. ビットコイン入門。仮想通貨について何も知らない人のための記事…
  5. 11月11日はリメンブランスデイ(戦没者追悼記念日)。赤いケ…
  6. 謎のマレーシア航空370便の海中捜査打ち切り
  7. 「まいにちフランス語」10:初級編L28-30~動詞fair…
  8. 映画 Dans la maison 予告編のフランス語 その…
  9. 映画『シェルブールの雨傘』のテーマの訳詞
  10. フランス語のことわざ36~ちりも積もれば山となる(その2)

おすすめのまとめ記事

  1. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  2. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  3. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  4. フランス語入門日記~目次を作りました
  5. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  6. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  7. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  8. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  9. ニュースの記事のまとめ(2)
  10. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. フランス語の日めくり
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP