ギター

時事ニュース

サムライギタリストMIYAVI、ナッシュビルの魅力を語る(後編)

スラップ奏法で驚異的なギターテクニックを見せる、MIYAVIのロンドンのコンサートの様子をレポートしたニュースの紹介、後編です。

ヨーロッパ・ツアー中に、英語でインタビューに答えているMIYAVIの姿も見られます。

ではニュースをどうぞ。



MIYABIのインタビュー

前編はこちらです⇒サムライギタリストMIYAVI、ロンドンのコンサートで観客を魅了(前編) | フランス語

«Sur place, je ressens de bonne vibrations. Pour moi, c’est un lieu spirituel, à chaque fois que je vais à Nashville, je me rends toujours là-bas, je prie dans la rue avec les voitures qui passent à côté de moi.»”

ナッシュビルではいいバイブレーションを感じます。僕にとって、スピリチュアルな土地です。ナッシュビルに行くたびに、RCAスタジオBに行きます。車が横を走っている道に立って、お祈りをするんです」。

De Nashville à Londres, ce sont les vibrations de Miyavi qui ont fait chavirer ses fans :

ナッシュビルからロンドンまで、MIYAVIはまさにそのバイブレーションでファンを揺すぶっています。

«La première fois que je l’ai vu, c‘était si étonnant, c‘était une telle surprise pour moi.Je ne l’avais vu joué de la guitare comme cela, c‘était tout simplement fantastique.»

「初めて彼を見たとき、すごいと思いました。ものすごい衝撃を受けました。こんなふうにギターを弾く人を見たのは初めてでした。素晴らしいとしか言いようがありません」。

«C’est quelqu’un d‘étonnant, cela se ressent vraiment dans sa musique tout ce qu’il fait, cela rend tout le monde heureux, le monde a vraiment besoin de cela et Miyavi, c’est celui qu’il nous faut.»

「彼は本当に驚くべき人です。彼の音楽にも彼のすることすべてにも、それがあるんです。彼は世界中を幸せにしてくれます。世界も、彼のような人が本当に必要なんです。MIYAVIこそ私たちが求めている人です」。

Miyavi achève sa tournée européenne et russe le 16 octobre à Helsinki.

MIYAVIはヨーロッパとロシアツアーを10月16日、ヘルシンキで終えます。

元記事 → Miyavi, le guitariste samouraï | euronews, le mag

単語メモ

chavirer  ひっくり返す;動転させる
musique qui chavire l’âme   心を激しく揺さぶる音楽

se ressentir (se ressent)  ~の影響を感じさせる;思い起こさせる

achever (achève)  終える

ファンは彼の演奏に大満足したようです。

ツアーのスケジュール:

同じニュースの英語版

スクリプトはこちら⇒‘Samurai guitarist’ Miyavi seduces London crowds | euronews, le mag

後編はこちら⇒サムライギタリストMIYAVI、ナッシュビルの魅力を語る(後編)



The Others :MIYAVI ミュージックビデオ

ニュースにも出てきた、MIYAVIがナッシュビルで録音した The Others というアルバムからタイトル曲を紹介します。

歌詞は英語ですね。確かにシンプルでソリッド。洋楽みたいです。この歌しか聞いていませんが、わりとキャッチーな音作りです。

リフレイン部分は

We are the others
The dreamers and the lovers
We are every color
We are the others

僕たちは誰にだってなれる
夢見る人にも愛する人にも
どんな色にも染まる
誰にでもなれる

We are the others を 直訳すると、「私たちは他人です」なのですが、この曲には「自分という小さな殻に閉じこもることなく、自由にやりたように生きようよ」というメッセージがあると思うので、上のように訳しました。

自由を謳歌する歌の雰囲気が、MIYAVIのギターの演奏にぴったり合っていますね。






公園にある物~かわいいフランス語教えます(92)前のページ

4月から6月をフランス語で言うと?~フランス語の暦(7)次のページ春

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 人形

    時事ニュース

    60年代のアイドル、フランス・ギャル、70歳で亡くなる。

    60年代に大活躍したフランスの女性歌手、フランス・ギャルが2018年1…

  2. カンヌ映画祭

    時事ニュース

    カンヌ国際映画祭の階段であったおもしろいこと

    南フランスのカンヌで行われているカンヌ国際映画祭に関する記事を読みまし…

  3. マックブックエアー

    時事ニュース

    スティーブ・ジョブズの神話を砕く。ドキュメンタリー映画「Steve Jobs: The Man in…

    スティーブ・ジョブズの真実を描いたとされるドキュメンタリー映画、Ste…

  4. ユニオンジャック

    時事ニュース

    ジョージ王子:世界で一番有名な赤ちゃん

    イギリス王室シリーズ第3弾は、子ども新聞に掲載されたジョージ王子の記事…

  5. 凱旋門

    時事ニュース

    エマニュエル・マクロンとマリーヌ・ル・ペンが決選投票へ(2017フランス大統領選挙)

    2017年4月23日に行われたフランス大統領選挙の第1回投票では、世論…

  6. ケシの花

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. フランスを代表する漫画、アステリックスの人気の秘密
  2. マクロン大統領の15日間の外出禁止令(抜粋)
  3. T’as vu (見えるでしょ)クリオ:歌と訳詞…
  4. セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。ラッキーア…
  5. なぜ13日の金曜日は運がいいとか悪いとか言われるのか?
  6. やさしさ、思いやりに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  7. 国際女性デーが生まれた背景とは?
  8. 勝手にしやがれ:予告編のフランス語(初心者向け)
  9. 3月の第1日曜日は、『祖母の日』。この日、フランス人は何をす…
  10. うるう年はなぜあるの?(簡単なフランス語の説明)。

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 3月の水~ジョルジュ・ムスタキ その1(歌と訳詞)
  2. フランスで成功したいアーティストへの3つのアドバイスとは?
  3. 2013年秋冬ファッションのトレンド その3 40年代ルック…
  4. フォーチュン・クッキーとは~作り方つき
  5. トリュフォー監督の処女作は『ある訪問』~入門日記第8回
  6. ドレスがカーテンに見えていたココ・シャネル~映画『ココ・アヴ…
  7. 2014年春夏ファッションのトレンドその1~フォークロア
  8. 11月11日はリメンブランスデイ(戦没者追悼記念日)。赤いケ…
  9. 『サラの鍵』(3)~映画の予告編のフランス語
  10. アレクサンドリ・アレクサンドラ~クロード・フランソワ(歌と訳…

おすすめのまとめ記事

  1. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  2. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  3. フランス語のことわざ~目次 その2
  4. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  5. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  6. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  7. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  8. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  9. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  10. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP