サル

フランスのことわざ

フランス語のことわざ15~情けは人の為(ため)ならず

今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。

よいことをすると返ってくるものだ。
Un service en vaut un autre.



情けは人のためならず

まず日本語のほうですが「人に親切にすると、それは自分に戻ってくる」という意味です。

だから、人に情けをかけるのは、その人のためじゃない、結局、自分のためなんだ、ということですね。

ただ、この「人のためならず」を「その人のためにはならない」というふうに解釈し、誤って使われることが多いです。そこで現在は、誤用ではあるけれども、そういう意味でも使ってもいい、といった位置づけになっています。

事実、私も小さいときはずっと「情けをかけるのはその人のためにならない、甘やかしちゃいけないんだ」と思っていました。

ですが、私、この「情け」を「お情け」と取り違えていたのです。

「情け」は「人間らしい気持ち、他人をいたわる心」です。思いやりともいえますね。

「お情け」は「特別の思いやりや、哀れみ」です。たとえば「試験にひどい点をとってしまったが、先生のお情けで及第した」というふうに使われます。

この「情け」と「お情け」はごっちゃになって使われることが多い気がします。

さて、人に親切にすると、めぐりめぐってその親切が自分にかえってくる現象は返報性の原理とか返報性の法則と呼ばれています。

人は何か恩を受けると、それを返さなければいけないと自然に思うそうです。

生まれつきそうなのか、社会的にそういうふうに教育されるのかは知りません。

特に日本人は「お返し」することにこだわる国民性があるので、この傾向が顕著ですね。

よくわかる!フランス語の文法解説

★単語の意味

service 手助け つづりはeで終わっていますが、男性名詞

en 中性代名詞 ここではserviceのこと(後述)

vaut < valoir ~に匹敵する、相当する、同じようなものである

autre 別の

★直訳

「一つの手助けは別の手助けに相当する」

★補足 

中性代名詞のenについて

このenは不特定の人、物を表す名詞を受ける用法です。そして、その名詞の数量が限定されています。

enはもう1つのserviceのことですが、そのserviceは動詞vaut(valoir)の目的語なので、動詞の前に出ています。

そして、もう1つのserviceの「もう一つ」という数詞の部分は後ろに残っています。

このことわざをenを使わずに書くと、

Un service vaut un autre service. となります。

他の例)
Tu as des frères ? 兄弟いる?
Oui, j’en ai un. = j’ai un frère. うん、一人いるよ。



似た意味のことわざ

英語にも同じ意味のことわざがあります。

Scratch me (or my back) and I’ll scratch you (or your back)
わたしのかゆいところをかいてくれたらあなたもかいてあげます。⇒かゆいところをかいてくれたら、返そう。

One good turn deserves another.
よいことは、ほかのよいことに値する。

日本のことわざでは

「魚心(うおごころ)あれば水心(みずごころ)」が近いでしょうか。

これは、魚に水と親しむ気持ちがあれば、水もそれに応じる心がある、というなかなかおもしろいものです。

好意のやりとりを語っているので、少しニュアンスが違うかもしれません。べつに無理しなくても魚は水に親しんじゃうと思うのですが、いったいどういう経緯でこのことわざが生まれたんでしょうかね。

ほかのことわざはこちらから探せます⇒フランス語のことわざ・名言

ビジネスや、政治などで返報性の原理を利用するのは別として、人に何か親切にするとき、見返りを期待してやってる人って少ないと思います。

困ってる人を見ると、自分のできる範囲で手助けしてしまうのは、人としてごく自然なことではないでしょうか?

何かの都合で親切にできないとあとあとまで覚えていたりします。

自分の気持ちが許さないから親切にする、だから、情けは人のためというより自分のためなのかもしれません。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. パンとワイン

    フランスのことわざ

    5月が涼しくて、6月が暑ければ :フランス語のことわざ43

    季節のことわざをご紹介します。5月のことわざを書いていなかった…

  2. 兵士

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ37~為せば成る

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。Tout s…

  3. penとその仲間

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ56~似た者は集まる(類は友を呼ぶ)

    きょうご紹介することわざはこちらです。Qui se resse…

  4. 女の子

    フランスのことわざ

    真実は子どもの口からもれるもの:フランス語のことわざ10

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。真実は子ども…

  5. めんどり

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ38~笑っているやつが犯人だ

    きょうご紹介することわざはこちらです。C'est la pou…

  6. 黒板

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ~目次 その1

    ことわざの記事の目次を作りました。ことわざの記事は根強い人気が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 月の花:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  2. 1918年の11月11日に起きたこと。
  3. サンジェルマン・デ・プレの歴史と名所
  4. いろいろな箱やケース:かわいいフランス語教えます(140)
  5. ハロウィンって何ですか?(子供むけの簡単な説明)
  6. 夏時間と冬時間。年に2度の時間の変更は、意味があるのか、ない…
  7. ヴェルサイユ宮殿って何ですか?
  8. マリー・アントワネット、世界のイコン
  9. 2019年のノーベル文学賞発表、2人の受賞者が象徴するもの。…
  10. パリのボン・マルシェ百貨店の歴史 (後編)

おすすめ記事いろいろ

  1. 序数(3)~フランス語の数字【第44回】
  2. ハロウィンにまつわる単語 その3 魔女
  3. 映画「ノーと私」予告編のフランス語 後編
  4. 木曜はユピテルの日:フランス語の暦(14)
  5. 「まいにちフランス語」16:L38~非人称表現・天気の言い方…
  6. 『優雅なハリネズミ』(1)~映画の予告編のフランス語
  7. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2019年版…
  8. 概数(がいすう)とは?~フランス語の数字【第48回】
  9. モードの帝王、イヴ・サンローラン:予告編のフランス語
  10. 『優雅なハリネズミ』(3)~映画の予告編のフランス語

おすすめのまとめ記事

  1. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  2. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  4. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  5. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  7. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  8. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  9. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  10. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP