pen、街頭インタビュー

フランスのことわざ

紺屋の白袴(こうやのしらばかま):フランス語のことわざ13

今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。

靴屋がいつも一番ひどい靴をはいている。
Les cordonniers sont toujours les plus mal chaussés.



靴屋がいつも一番ひどい靴をはいている

これは他人に靴を提供するのが仕事の靴屋さんが、実は一番よろしくない靴をはいているということです。

つまり人の靴のことで気力、体力、時間をとられ、自分の靴のことはないがしろになっている、という状態をさしています。

まず、日本語の「紺屋」について説明しますね。

紺屋は「こうや」、または音変化しない「こんや」と読みます。現在は「紺屋」という仕事がないので、「こうやのしらばかま」と聞くと「荒野の白袴」を、「こんやのしらばかま」だと「今夜の白袴」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね(いないですかね)?

紺屋は染物屋さんのことです。布を藍で紺色に染めるのが仕事です。その昔、染色を生業にする家は、紺屋、紅屋、茶屋というふうに、専門の染め色を持ち、その名前で呼ばれていました。

自分の袴を染めようと思えば、今すぐにでも染められるのに、お客様の袴を染めるので忙しいのか、自分はずっと白い袴をはいているのが「紺屋の白袴」

フランス語のことわざでは、これがcordonnierという靴屋さんになっています。

もっとことわざをチェックしたい人はこちらへ⇒⇒フランス語のことわざ・名言 ことわざの記事の目次です。

よくわかる!フランス語の解説

★単語の意味

cordonnier, cordonnière 靴屋さん (現在は靴の修理屋さん、という意味で使われています)

sont < être ~である(ここは受動態のêtre)

les plus mal 一番悪く mal(悪く)の最上級 

chaussés < chausser 靴などをはかせる の過去分詞(複数形)

★補足

この文章は受動態です。受動態は
主語+助動詞(être)+過去分詞

主語が複数形なので、それにあわせて、sont, les plus, chaussés すべて複数形になっています。

★直訳

「靴屋さんが最も悪く靴をはかせられている」⇒靴屋さんのはいている靴が一番お粗末。



似たようなことわざ

このことわざは、モンテーニューの「随想録(Essais)」が由来です。原文は

« Quand nous voyons un homme mal chaussé, nous disons que ce n’est pas merveille, s’il est chaussetier ».

われわれが、ひどい靴をはいている人を見ると、それが靴屋であれば、驚きではない。

といった意味です。

モンテーニュ(1533-1592)は16世紀のフランスの思想家。「随想録」は1580年出版の本で、人間性研究文学のさきがけとみなされています。

ちなみに、英語にも同じ意味のことわざがあります。

“The shoemaker’s children always go barefoot.”

靴屋のこどもたちはいつも裸足だ。

こちらはもっと極端ですね。

日本のことわざでは、

「医者の不養生」

も有名です。

仕事が忙しすぎて、自分の身辺をかまうことができない、という単にその現象を述べる場合と「人にはあれこれ言うのに、自分のことはできていない」とか「そうすべきとわかっているのに実行が伴わない」という意味で使われることもあります。

せっかく専門知識を持ちながら、自分の状況に生かせないのは、人のことはよくわかっても自分のことは客観的に見ることが難しいからでしょうね。

また、靴屋さんで、素敵な靴をいっぱい持っているのに、自分は、はいていないというのは、自分が持っている靴に気づいていないか、いつでもはける状況なので、はいていないかのどちらかではないでしょうか?

どっちにしろ、人は自分のことをわかっているようで、一番わかっていないのかもしれません。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 赤ワイン

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ51~酒が抜かれたら飲まねばならない

    きょうご紹介することわざはこちらです。Quand le vin…

  2. 鍋

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ30~割れ鍋にとじぶた

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。ふたが見つか…

  3. penとグル

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ54~息を吸いながら吐くことはできない

    きょうご紹介することわざはこちらです。On ne peut p…

  4. 聞こえません

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ5~聞こうとしない人は聞こえない人より始末が悪い

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。聞こうとしな…

  5. 嵐

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ50~風をまく者は、嵐を収穫する

    きょうご紹介することわざはこちらです。Qui sème le …

  6. お釈迦様

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ47~夜は助言をもたらす

    シンプルでフランス語入門段階でも覚えやすいことわざをご紹介します。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 2019年のノーベル文学賞発表、2人の受賞者が象徴するもの。…
  2. パリのボン・マルシェ百貨店の歴史 (後編)
  3. 男と女 人生最良の日々(2019):予告編のフランス語
  4. きっすいの政治家、シラク元フランス大統領、86歳で亡くなる
  5. 愛のシンフォニー:ミッシェル・ポルナレフ(歌と訳詞)
  6. アンテルマルシェ(スーパーマーケット)の見た目の悪い果物と野…
  7. パリのボン・マルシェ百貨店の歴史 (前編)
  8. サヴァランの作り方:フランスのお菓子37
  9. フランスのティーンエイジャーの間で流行っているファッション。…
  10. 愛のケーキのレシピ(映画:ロバと王女より)の訳詞。

おすすめ記事いろいろ

  1. 国際女性デーにちなんで~3人の女性の話(3)
  2. L1 アルファベ~百合のFranceウォッチング
  3. 柔らかいもの:かわいいフランス語教えます(121)
  4. 4月から6月をフランス語で言うと?~フランス語の暦(7)
  5. ハーブティのパッケージの英語とフランス語【第14回】
  6. 映画『シチズンフォー』のレビュー:なぜエドワード・スノーデン…
  7. クリスマスの13種のデザート(プロバンス地方の伝統)
  8. フランス語の数字【第27回】51 – 60
  9. 『シンデレラ』はフランス語で何と言う? 第11回
  10. リエゾンとオンシェヌマンの違いとは?知っているようで知らない…

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  2. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  3. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  5. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  6. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  7. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  8. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  9. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  10. フランス語入門日記~目次を作りました

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP