アリ

フランス語脳プロジェクト

日本語はフランス語に比べて否定表現が多い。

翻訳者養成プロジェクトの第7回の授業を聞きました。

今回とりあげられている課題はなぜ昆虫を食べなければならないのか?で書いた「虫を食べること」に関する本の一節です。



インタビューを訳す

今回の課題が、これまでの課題と違うところは、内容がインタビューであることです。

インタビューって会話ですよね?

ふつう、会話は書かれた文章よりやさしいです。少なくとも、読みやすいはずです。で、今回は、けっこううまく訳せたと思っていたのですが、むしろいつもよりが誤訳(誤解)していた箇所が多かったです。

しょっぱなから間違えました。虫が原料の食品を作っている会社の開発中の製品2種を書いた、

des vers de farine et des grillons «nature», déhydratés

という9つの単語からなるフレーズ。ここで二つとも訳を間違えてしまいました。

間違いその1 des vers de farine をミミズの粉とした。

ミミズの粉なら、farine de ver で順番が違います。

間違いその2 farine et des grillons «nature» をひとかたまりととらえてしまい、自然なままのコオロギの粉 とした。

つまり、未加工のミミズの粉と、未加工のコオロギの粉 だと思っていたんです。

ここの«nature»は無添加な、プレーン味の、という意味だそうです。

そもそも「未加工の虫の粉」って、おかしいですよね?

だって、粉にすること=加工することなんですから。

なぜ自分で訳しているとき、こういうことに気づけないんでしょうかね?

7回目の講義で取り上げられた内容を自分の控えに項目だけ箇条書きしておきます。

・冠詞
・使役動詞 faire

単語、句
de façon, mettre,d’order+形容詞、材料、性質のde、consister en/dans, avoir l’habitude de +inf. など。

授業は1時間10分でした。

文法項目としては冠詞の解説があり、あとは細かい動詞句の説明が多かったです。



否定で訳すテクニック

きょうは翻訳技術として「否定にしてみる」というテクニックをシェアしますね。

課題文のなかに、

こんな虫製品を開発中なのです、mais de façon marginale

という箇所が出てきました。

marginaleは「二義的な、副次的な」という意味なので、ここを直訳すると「副次的なやり方で」となります。

が、日本語としては変に聞こえます。

そこで、まずmarginale という単語があらわす意味の対義語である「副次ではない、つまりメインである」というのを見つけだし、

つぎにそれを否定にして、

「メインではありませんが」というふうにする。

このようにそのまま訳すと変なときは、対義語を否定した形にすると、日本語としてしっくりくることがあるそうです。

というのも日本語はフランス語に比べて否定表現が多いからです。

考えてみたらそうですね。

日本語に否定表現が多いのは、述語が文のおしまいに来るので、いくらでも否定できるからでしょうか?

つまり「そんなふうに言えなくもないこともない」といった感じで、どんどん否定していくことができます。

そして「結局、どっちなんだよ? はっきりしろ!」と外国の方につっこまる言語なのかもしれません。

課題の本はこちら

最初に書いた«vers de farine» はこの単語そのものでイメージ検索すると、気持ちの悪い画像がいっぱいでてきます。ミールワームと呼ばれる、飼育のためのエサに使われる、ちいさいウジ虫みたいなやつです。

grillons «nature» は無添加の(あるいはプレーンな)コオロギ。

両方とも déhydratés なので、乾燥させます。

こういうのを粉にして、それをタンパク源として混ぜたエナジーバーのような食品が、10年後には大豆製品と同じくらい一般的になると思う、という話でした。

カロリーメイト・コオロギ味、みたいな製品なんでしょうかねぇ?

でも「コオロギ味」なんて書くと誰も食べませんから、コオロギに含まれてるタンパク質の成分をアレンジした名前がつくのかもしれません。

たとえば、コラーゲン、エラスチン、セラミド、レチノールという「何かによい成分であるらしいが、実はそれが何なのかい今ひとつよくわからないもの味」というふうに。

そもそも昆虫ってどんな風味や味がするんでしょうか?

やたら昆虫のことを考えているうちに一週間が過ぎようとしています。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. コーヒーと本

    フランス語脳プロジェクト

    自由作文の型とコネクターロジック~仏作文力養成講座第6回 後半

    仏作文力養成講座第6回後半の受講メモです。内容は自由作文(di…

  2. お米

    フランス語を読む練習

    グルテンフリーダイエットとは?~二つの解釈

    翻訳者養成講座の二回目の企画会議の音声が配信されました。この企…

  3. pen old book

    フランス語脳プロジェクト

    主題文とセンテンスの違い~翻訳講座第8回後半

    フランス語脳プロジェクトのオプション講座である、翻訳講座の受講メモ、第…

  4. 読書

    フランス語脳プロジェクト

    使役動詞~翻訳講座第9回前半

    翻訳講座の受講メモです。きょうは第9回の前半です。この回も復習回ですが…

  5. ノートとコーヒー

    フランス語脳プロジェクト

    半過去と複合過去の使い分け~仏作文力養成講座第4回 後半

    仏作文力養成講座第4回後半の受講メモです。後半26分の内容は半過去…

  6. 本と折り紙

    フランス語脳プロジェクト

    条件法を読み解くコツ~翻訳講座第8回前半

    フランス語脳プロジェクトの「翻訳者養成講座」。第8回の受講メモです。き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. ペッパ・ピッグで学ぶフランス語2:春(エッグハント)の巻、後…
  2. イースター(復活祭)に卵を使う風習はどのようにして生まれたの…
  3. パリのノートルダム大聖堂で大きな火事、発生。
  4. フリーマーケットに関する言葉:かわいいフランス語教えます(1…
  5. 簡単チョコレートケーキの作り方:フランスのお菓子33
  6. Maman a tort (ママは間違っている):予告編のフ…
  7. エッフェル塔建設から130周年を迎えて。
  8. フランス人は朝ごはんに何を食べているか? 典型的なメニューを…
  9. 風に関する単語:かわいいフランス語教えます(132)
  10. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)

おすすめ記事いろいろ

  1. L17 フランス人はチーズが大好き
  2. かわいいフランス語教えます~その29 季節の単語
  3. 映画:Elle s’en va(ミス・ブルターニ…
  4. 『おやゆび姫』のフランス語のタイトルは? (#3)
  5. クリスマスの単語 その3 アドベントカレンダー
  6. 『チョコレート女』La femme chocolat オリビ…
  7. フランス語の数字【第1回】~0(ゼロ)
  8. 犬の肉を食べる中国の犬肉祭りに世界中から非難の声
  9. パリの同時多発テロ:何が起きたのか理解するために
  10. 「街のクリスマス」・エディット・ピアフ:歌と訳詞

おすすめのまとめ記事

  1. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  2. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  3. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  4. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  5. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  6. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  7. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  8. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  9. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  10. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP