昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

日本語学習本

私の持っているフランス語話者むけの日本語学習ドリル

ラジオ講座『百合のFranceウォッティング』第43課の受講メモです。この講座では文法は軽く流して、ポーズカフェの聞き取りに焦点をあてて記事を書いています。

きょうのスキットでは朝ごはんを食べてたみたいです。

百合がフランスに来たのは、おねえさんのさくらの子ども、アンジュの子守をするためとのこと。
さくらは、日本語の講座を3週間受け持つので忙しいそうです。

きょうのメニュー

  • 強調構文
  • ポーズカフェ~フランスの日本語学習
  • それでは、復習、行ってみよう!

    強調構文

    C’est pour ça que je suis venue en France.
    私がフランスに来たのはそのためです。

    単語やフレーズをc’est … que や、c’est … qui (主語を強調するとき)ではさんで、その部分を強調する文です。

    C’est moi qui vous ai applé.
    あなたを呼んだのは私よ。

    詳しくはこちらで書いています。
     ↓↓↓
    強調構文

    ⇒「まいにちフランス語」41:L63 強調構文

    ポーズカフェ~フランスの日本語学習

    書き取り

    フランスではどんなところで日本語が学べるのでしょうか?

    Eh bien de nombreux établissements d’enseignements supérieurs comme les universités ou les grandes écoles proposent des cours de japonais.

    À l’INALCO à Paris par exemple où j’ai fait mes études de japonais mais aussi dans des universités de province comme l’Université d’Orléans par exemple. Il existe des départements ou des sections de japonais.

    Certains collèges ou lycées proposent le japonais comme deuxième ou troisième langue vivante. Ainsi ma nièce a commencé d’étudier le japonaise à Paris dès la première année de collège.

    Ce qui est difficile dans l’apprentissage du japonais, c’est la lecture et l’écriture. À l’INALCO, par exemple, à la fin de licence, c’est-à-dire après trois ans d’études de japonais, les étudiants doivent connaître environ 1500 kanji.

    要約

    たくさんの大学やグランゼコールなどの高等教育期間で日本語のコースがある。たとえばパリのイナルコや、地方の大学にも日本語学科がある。

    中学や高校でも、第2、第3言語として日本語のクラスがある。姪も中学に入ってすぐに日本語を始めた。

    日本語の学習で難しいのは読み書き。イナルコでは、3年の課程の修了時までに、約1500の漢字を覚えなければならない。

    単語メモ

    enseignement supérieur 高等教育

    il existe.. (非人称で)~がある、存在する (exister)
    Il existe plusieurs variétés de poires en France.
    フランスには梨の品種がいくつかある。

    langue vivante (死語に対して)現用語 ここでは、学校で提供される外国語の科目。
    フランスの中学や高校であるのは、
    anglais, allemand, espagnol, italien, arabe, chinois など
    もちろん一番人気があるのは anglais (英語)

    la lecture et l’écriture 読み書き

    INALCO

    INALCO(イナルコ)はフランス国立東洋言語文化学院 Institut national des langues et civilisations orientales 略してINALCO

    ホームページ。93カ国学べるみたいです。すごいですね。
    Inalco | Institut National des Langues et Civilisations Orientales

    ラジオ講座のネイティブ講師も、最近はINALCO出身の方が多いです。

    INALCOの校舎と図書館の中は、以前第55話 フランソワ・ミッテラン図書館の地区のエピソードに登場しました。

    いかがでしたか?

    中学で日本語のクラスが組めるほど履修者がいるのにちょっと驚きです。シルヴィ先生の姪子さんは、日本語クラスのある中学を選んだのかもしれません。それと一クラスの人数はわりと少なくてもいいのでしょうね。

    それでは次回のラジオ講座の記事をお楽しみに。

    ★第26課以降の記事の目次はこちらです。
    『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~)

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^