昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

名言その1~ココ・シャネル~上品な服装が引き立たせるものとは?

ココ・シャネル

File:Gabrielle Chanel en marinière.jpg – Wikimedia Commonsより 1928年、45歳ぐらいのシャネル

きょうは、シャネル(1883-1971)の名言をとりあげます。

ココ・シャネルは1920~70年代に活躍したフランスのファッションデザイナー。世界的に有名なファッションアイコンですね。

Si une femme est mal habillée, on remarque sa robe mais si elle est impeccablement vêtue, c’est elle que l’on remarque.

下品な服装は服だけが目につき、
上品な服装は人物を引き立たせる。

※発音はIVONA Text-to-Speech Voicesでチェック。
(クリック後、ページが表示されると自動的に音声が始まります)

シャネルと聞いてあなたは何を思い浮かべるでしょうか?

  • CocoのCとChanelのCを組み合わせたロゴ?
  • シャネルの5番という香水?
  • 千鳥格子のスーツ?
  • フェイクパールのロングネックレスの合わせ技?
  • オードリー・ヘップバーンが着ていた黒いドレス?
  • 泉ピン子?
  • トレードマークがいっぱいあります。

    ココ・シャネルのプロフィール

    4分28秒で彼女の仕事を紹介している動画がありましたので、ごらんください。これはもとは音声だけだったのでしょうか?写真は同じのが何度も出てきます。
    Les Fabuleuses destinées sur RTL : Coco Chanel

    ※※YouTubeで見る方はこちらから⇒ココ・シャネル

    それまで女性はコルセットや長いドレスできゅうくつな思いをしていました。そんな女性たちに、着やすく、動きやすく、かつおしゃれな服を提供したのがシャネルです。

    彼女は常に何か新しいものを創造しつづけたクリエーターでした。そして、自身のブランドで大成功したビジネスマン(ビジネスウーマンと書いたほうがいいのかな?)なのですね。

    ココの本名はガブリエル(Gabrielle)

    故郷は、南仏のオーヴェルニュ地方ソミュール。貧しい家の生まれで、12歳のとき、母親が亡くなり、行商をしていた父親に、2人の姉妹といっしょに孤児院に入れられてしまいます。

    ここで習った縫い物が、後に、彼女のキャリアへの扉を開くのです。

    18歳で孤児院を出た時は、歌手志望で、お針子仕事のあいまに、クラブで歌っていました。ここでついた愛称がCocoです(洒落ではありません)。

    歌手になる夢はほどなくしぼみましたが、気まぐれで作った帽子が注目をあびます。そのころつき合っていたお金持ちの将校にスポンサーになってもらい、帽子のブティックを出します。あとはどんどん成功への階段を登っていきました。

    はじめのうちこそ、いろんな恋人に資金援助してもらって店を出しましたが、すぐに自分の腕でビジネスを展開するようになったシャネル。

    そんな彼女の残した言葉はおしゃれ哲学というより人生哲学です。

    よくわかる!フランス語の文法解説

    単語の意味

    si もし
    une femme ある女性 uneは女性名詞につく不定冠詞
    est > être ~である
    habillée 服を着た、服装をした(←habillerの過去分詞より)主語が女性なので、過去分詞が一致してEがついています。
    mal 悪く
    on 一般に人々
    remarque > remarquer ~に注目する、気づく
    sa 彼女の
    robe ドレス
    mais でも
    elle 彼女
    impeccablement 非の打ち所なく、完璧に(形容詞はimpecable)
    vêtue ~の身なりをしている(←vêtirの過去分詞)
    c’est…que 強調構文 
    c’est elle que l’on remarque.その女性にこそ、人々が目を留める

    ・・・ちょっと単語が多かったですね。

    直訳

    もし、ある女性がひどい身なりをしていたら、人はそのドレスに注目します。でも、もし彼女が完璧な装いをしていたら、人が目を留めるのはその女性です。

    補足

    que l’on = que on このl’はqueの母音(う)とonの母音(お)の衝突を避けるためにはいっています。しかし、 qu’on という言い方もされます。l’が入っているほうがフォーマルな印象になると思います。

    英語では

    以下のような文で知られています。
    “Dress shabbily and they remember the dress; dress impeccably and they remember the woman.”

    最初に書いた和訳は、一般によく聞くもので、直訳は自分で訳しました。

    名言の訳は定番があったり、なかったりするので、これとは違う訳でなじんでいる方もいるでしょう。

    est mal habillée ひどい装いをする
    というのは、シャネルにとっては下品な装いです。彼女は「下品な服装」を嫌っていましたから。

    下品な服を着ていると服ばかりが悪目立ちする。しかし、上品な服を着ていると、その服を選んだ人のセンスなどが感じられ、みんなに「中身も素敵な人なんだろうな」と思われる、ということですね。

    この言葉だけ見ると、「馬子にも衣装」と言えなくもないですが、シャネルは内面の大切さもよく説いており、服装と人間性には相関関係がある、と考えていたようです。

    確かに、プレゼンテーションというのは、時には中身以上に大切なものです。

    それと、以前もブログに書きましたが、ファッションはフランス人にとっては「その人自身をあらわす哲学」という要素があるのですね。

    さて、今でこそ、彼女の服はエレガンスの代名詞ですが、世に出た頃は、新しすぎて、「下品」あるいは「変てこ」に見えました。そのあたりのことがよくわかる、『ワンス・アポン・ア・タイム』というショート・ムービーを最後にご紹介します。

    帽子のブティックをドーヴィルにオープンした頃のシャネルを題材に、カール・ラガーフェルド(現在のシャネルのデザイナー)が監督した映画です。これは1913年、ドーヴィルのシャネル第1号店オープンの100周年を記念して製作されました。

    シャネル役はココ・マドモアゼルという香水のCMに出ているイギリスの、キーラ・ナイトレイという女優です。

    シャネルの映画といえば、オドレイ・トトゥがシャネルを演じた『ココ・アヴァン・シャネル』が有名ですね。

    私はキーラ・ナイトレイのほうが好きです。問題は、なぜかこのショート・フィルムでは最初の通行人をのぞいて、たまにあいさつで Bonjour,Au revoirと出てくる以外は、みんな英語をしゃべっていることです。

    半分プロモーションフィルムという性格があるからかもしれません。
    でもラガーフェルドの美意識が感じられ、私は気に入っています。

    本編は15分ぐらいです。お時間のある方はごらん下さい。

    “Once Upon A Time…” by Karl Lagerfeld
    ワンス・アポン・ア・タイム 
    18分

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒“Once Upon A Time…” by Karl Lagerfeld

    こちらはフランス語の字幕付きバージョンです。

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒Once upon a time… Un film de Karl Lagerfeld pour Chanel

    ☆シャネルの名言その2はこちら⇒名言その2~ココ・シャネル~この世で一番勇気のいる行動とは?



    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^