昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

おやゆび姫

おやゆび姫は、親指ぐらいの大きさのお姫様です。

日本には一寸法師とか鬼太郎の父とかアリエッティとかいますが、そういう極小の妖精の仲間です。

しかし「小さい」ということは有名でも、おやゆび姫の話の筋を覚えている人は少ないのではないでしょうか?

白雪姫やシンデレラのように、毒リンゴをかじってぱたっと倒れたとか、階段を焦ってかけ降りるときに片方の靴が脱げた、といった印象に残るエピソードが話の中にありません。

おやゆび姫は、彼女の森の中での冒険譚なので、記憶のひっかかりがないのですね。

とはいえ、最初にひきがえるに誘拐されたときは、私はドキッとしましたが・・。

話の内容を簡単に書くと、あるところに、子どもができなくて悩んでいる女性がいます。どうしても子どもが欲しいので、魔女に頼みます。

どんなに小さな子でもいいから、と頼んだら、魔女が、大麦の粒(un grain d’orge)をくれます。

それを植えたら、チューリップのような花が咲き、中から女の子が生まれます。

それがおやゆび姫、しかし生まれてほどなく、彼女を気に入ったひきがえるに誘拐されます。その日から彼女の森の中での冒険と苦難の日々が始まります。

このお話はアンデルセンの童話の一つです。デンマークで、最初のアンデルセン童話が出版されたとき、彼の童話集は不評だったそうです。

というのも、話に教訓がないから。

アンデルセンは伝承童話をまとめたというより、創作した童話が多いので、説教くさくないのですね。

そういう意味では、より夢があり今日的ではないでしょうか。
そのせいか、映画やアニメにたくさんなっていますね。

おやゆび姫

La Petite Poucette

petite 小さい(女性形)

pouce 親指

-ette は女性の名前の語尾。小さいことを表す接尾辞でもあります。

英語は Thumbelina (サムベリーナ)です。

★いっしょに覚えられる基本的な単語
fleur 花 ・・・から生まれる
crapaud ヒキガエル・・・に連れ去られる
souris ねずみ・・・に冬場泊めもらう

絵本の朗読の動画をご紹介します。
一番最初にタイトルが読まれます。
8分4秒 こちらは前半 
Histoire: La Petite Poucette (Première partie)

後半 8分36秒

朗読はブリジット・フォッセー(Brigitte Fossey)

ブリジット・フォッせーは「禁じられた遊び」に出た女優です。

ちょっと音楽がうるさいけど、さすが女優さんなので、上手な読み聞かせです。音楽も悪くないのですが、使いすぎではないでしょうか?

とはいえ、絵もなかなか素敵なので、見ているとひきこまれます。

おやゆび姫の切手

私はこの童話は絵本で読みました。花の中にお姫さまがいた絵をよく覚えています。花びらの重なってる感じがとてもきれいでした。

おやゆび姫は、最初はきれいな花から生まれ、その後は舞台を森に移し、いろんな虫、動物に出会い、季節の移り変わりにもさらされます。

自然がたくさん出てくるので、絵本にしがいのある童話だと思いますし、私も大好きな話でした。

お城や舞踏会などが出てこないので、それもあんまり話を覚えてもらえない理由かもしれません。

一応最後に、自分と同じ花の妖精の王子様と結ばれますが、そこは野原。でも花がいっぱいでとても美しい場所です。

アンデルセンは「おやゆび姫」をほぼ創作しましたが、古いイギリスの伝承話、Tom Thumb(トム・サム)や、ガリバー旅行記の小人の話などにインスピレーションを受けているそうです。トム・サムは小さい男の子の話です。

トム・サムをヒントにしたテレビアニメで『001/7親指トム』というのがあるのですが、私はこれが大好きでした。

タイトルは「ゼロゼロ7分の1」と読みます。もちろん、007のパロディです。ちびっ子光線をあびた親指トムが大活躍する話です。

テーマソングの動画を貼っておきます。
1分22秒 親指トムは40秒あたりから。

このアニメ、夕方放送していて、弟と毎日楽しく見ていたのを覚えています。日米合作のアニメで(当時はそんなことは知りませんでしたが)おしゃれですね。英語のタイトルはTOM of T.H.U.M.B.です。

以下は参考リンクです。
La petit poucette フランス語版テキストがこちらから読めます。
⇒⇒Hans Christian Andersen – Wikisource

La petit poucette 朗読です。
ANDERSEN, Hans Christian – 18 contes | Litterature audio.com

おやゆび姫(青空文庫)
ハンス・クリスチャン・アンデルセン Hans Christian Andersen 大久保ゆう訳 おやゆび姫 Little Tiny or Thumbelina

***************************************************
★次回はこちら
第4回『人魚姫』
***************************************************



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^