昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

『楽しいムーミン一家』のテーマソング、フランス語バージョンの訳詩

ムーミンママの切手

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

フランスでも人気のある、日本製テレビアニメ、ムーミンの主題歌のフランス語版をご紹介します。

1991年に放映された『楽しいムーミン一家』のフランス語版のオープニング・テーマです。これはムーミンのアニメシリーズとしては1番有名な作品で、アメリカやフランスでも放映されました。平成ムーミンと呼ばれています。


Les Moomins

Les Moomins ムーミン一家

On les trouve au fond d’une vallée
Ils ne pensent tous qu’à rigoler
Là-bas c’est la fête tous les jours
Ils sont tous débordants d’amour

谷の奥で出会えるよ
笑うことしか考えてない連中なんだ
あそこでは、毎日がお祭り
愛にあふれてる連中なんだ。

Refrain :
V’là les moomins
V’là les moomins

リフレイン
ほら、ムーミンたちだよ。
ほら、ムーミンたちだよ。

ムーミンたちは楽しいことを話すよ
そして、思い通りに生きている
さあ、両手をひろげてムーミンたちを迎えてあげよう。
きっと後悔しないから。

リフレイン

単語メモ

débordant de + 無冠詞名詞 ~に満ち溢れた

le langage des fleurs 直訳は「花言葉」
「couvrir 誰々 de fleure」 で、「賛辞をあびせる;ほめそやす」
という意味があるので、いつもお互いに楽しいことばかり言ってる、というふうに訳しました。

ils n’écoutent que leur coeur 自分たちの心しか聞かない⇒思い通りに生きている

V’là = Voilà

歌詞はこちら⇒Paroles et lyrics

『楽しいムーミン一家』テーマソング英語版


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Moomin Opening Theme Song (English)

フランス語版の歌と同じですね。こっちが先にできたのかもしれません。
Here they are for one and all
The Moomins are about to call,
Com’ on and sit down here with me
They’re here for you on your tv

They are the moomins, they are the moomins

So come with me give me your hand
I’ll take you up to Moomin land

You can fly just like a bird
or sing the best song ever heard

They were the moomins, they were the moomins, they were the moomins

ムーミンがみんなのためにやってきた
もうすぐ呼ぶところだよ
こっちにきて、僕と座って、テレビに映るよ

彼らはムーミン一家、ムーミンたちだ

だから僕といっしょに来て、手をかして、
ムーミンランドに連れていってあげるよ

きみは鳥みたいに空を飛べるよ
これまでで1番いい歌を歌えるよ

彼らはムーミン一家、ムーミンたち、ムーミン一家だ

リフレインのところ、始めは、They are the moomins と現在形ですが、最後は、They were the moomins と過去形になっています。ムーミンたちは来て、もう行ってしまったってことなんですかね?

カントリーウエストン調で楽しい歌ですが、今いちムーミンの世界にあわないような気もします。

オリジナルの日本語版のテーマ『夢の世界へ』

歌は、白鳥英美子。静止画です。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Moomin Selection CD – Yume no Sekai He

途中でワルツになって、夢の世界へ旅たつ感じがいいですね。

1972年の昭和ムーミンのテーマソング:ムーミンのうた


※YouTubeで見る方はこちらから⇒ムーミン (1972年版) OP

歌:藤田淑子、作詞:井上ひさし作曲:宇野誠一郎

このムーミンは、作者のトーベ・ヤンソンは気に入っていませんでした。絵柄が可愛すぎるし、世界観も違うからです。

確かにムーミンの童話の原作を読むともっと暗いし、哲学的なところがあります。

昭和ムーミンでは、スノークのお嬢さんは、ノンノンとして登場。


映画『劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス』

2014年は、ムーミンの原作者のトーベ・ヤンソンの生誕100周年だったので、記念のイベントが行われていました。また、長編アニメーション映画が作られ、今、日本で公開されています。

予告編


※YouTubeで見る方はこちらから⇒映画『劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス』60秒予告

ホームページ⇒映画『劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス』公式サイト

予告編を見た限り、イギリスの新聞に連載されたマンガをもとにしているみたいです。ムーミン一家がリビエラに行くエピソードがあります。

ムーミンのマンガ

このマンガ、ナンセンスでけっこう笑えます。スノークのお嬢さん、ふだんは裸なのに、ビキニ姿をムーミンがたしなめます。

マンガはこれ。セリフがすべて手書き。絵の描き込みが半端じゃありません。
Moomin: The Complete Tove Jansson Comic Strip
レビューはこちら⇒Moomin: The Complete Tove Jansson Comic Strip 日本のアマゾンから購入可能。

それでは、次回の音楽の記事をお楽しみに。







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^