昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語のことわざ21~石工の価値はその仕事ぶりでわかる

レンガ

レンガ

今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。

石工の価値はその仕事ぶりでわかる
C’est au pied du mur qu’on voit le maçon.

⇒音声は、IVONA Text-to-Speech Voicesでチェック!
(クリック後、ページが表示されると自動的に音声が始まります)

***************************************************

「石工の価値はその仕事ぶりでわかる」

このことわざにあたる、日本のことわざが思いつかなかったので、そのまま、訳してみました。

maçon は「石工」としましたが、ほかには左官、レンガ職人とも訳せます。

レンガを積んで壁を作る職人さんですね。

このことわざをもっと厳密に訳すと、

「私たちが石工を見るのは壁の下のほうである」となります。

壁の下のほうってなんなのだろう、と考えました。積み始めのところですよね。

つまり、れんがを積み始めて、初めて(シャレではありません)、その石工さんの腕がわかるのかな、と解釈しました。

まだ仕事を始めていない段階では何も評価できないということです。

これはたまたま石工ですが、ほかの職業でも言えますね。

たとえば、ある企業の専務としてすごく手腕をふるっていた人が社長に就任したとします。

これまでの仕事ぶりからきっとすばらしい経営をしてくれるのではないかと、周囲の期待が高まります。

けれども、実際に社長として仕事を始めてみないことには、いいとも、悪いとも言えません。

あるいは、すごく前評判のいい洋画があったとします。賞もとっているし、いい役者さんが出演しています。この夏休みには大当たりしそうです。

でも、やはりこの映画を封切ってみないことには何もわかりません。前評判は必ずしもその映画の成功を保証するものではないのです。

【よくわかる!フランス語の文法解説】

★単語の意味

C’est・・・ que ~  強調構文 que以下なのは・・・である。・・・の部分を強調します。

たとえば C’est là que je vais danser. 私が踊るのはここよ。
ほかでもない、ここで踊るのよ、と「ここ」という場所を強調しています。

au pied de ~の最下部に、ふもとに 

mur 壁 

qu’ = que 上で説明した強調構文を作るque

on 人々が

voit < voir 見る、という意味ですが、ここでは見いだす、認める le maçon 石工(一般に石工というもの) ★直訳 「人々が石工を見るのは、壁の下のほうでこそだ。」 ★補足 ・être au pied du mar で「決断、返答を迫られる」という意味があります。 ・au pied du の du は de+le (mur)の縮約です。 ・このことわざを強調構文でないふつうの文にすると On voit le maçon au pied du mur. 人は、壁の下のほうで、石工を見いだす。 となります。 dotline470

「壁の下のほう」という箇所の強調をどういうふうに取るかで、このことわざの解釈が違ってきます。

私は「仕事を開始してからこそ」と取りましたが「基礎工事の部分から」とも取れますし「うずくまって働いているその姿から」とも取れます。

あるいは「決断を迫られる」という意味から、たとえば、レンガや漆喰が足りなくなったときや、急に納期が短くなったときなど、ちょっとしたトラブルに見舞われた場合に、どんなふうに仕事をするかで真価が問われるとも取れますね。

このことわざに当たる英語のことわざとして、よく

The tree is known by its fruit. 
木のよしあしはその実でわかる。

というのが紹介されています。

これは聖書から出たことわざで「人のよしあしはその人の行いからわかる」という意味です。

石工のことわざと似てますがど「壁の下のほう」にあたる箇所がないですね。

でも両方に共通しているのは実際に行動して何らかの結果を出すことで、評価が定まる、ということです。

千の言葉を尽くすまえにレンガを一段積んで見せることのほうが石工としてよほど説得力があるわけです。

「行動する」ということが大事なんですね。

■ほかのことわざはこちらからご覧になれます⇒フランス語のことわざ・名言



    • 樋沼達雄
    • 2013年 7月 17日

    A l’oeuvre on connait l’artisant は「職人の良否はその仕事ぶりでわかる。人はその業績で人格が知れる」という意味であるが、別のことわざに C’est au pied du mur qu’on connait le macon がある。
    石工の良否は石塀の土台のつくりかたでわかる、というのである。
    以上 田辺貞之助。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 7月 18日

      樋沼さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      なるほど、土台の作り方がポイントなのですね。
      いつもありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^