田舎道

名言

スタンダール「小説は街道を歩んでゆく鏡」名言その19

フランスの小説家、スタンダールの名言をご紹介します。

Un roman est un miroir qui se promène sur une grande route.
– Stendhal (1783-1842)

小説は街道を歩んでゆく鏡です。
スタンダール



小説は街道を歩んでゆく鏡です。

これは、先週ご紹介した、スタンダールの小説「赤と黒」の中で登場人物が言う言葉。

スタンダールの経歴と代表作「赤と黒」についてはこちら⇒名言その18~広く好かれれば好かれるほど~」

スタンダールが、小説とは何か、について語っています。

鏡はいろんなものを映し出すもの。
街道は、その映しだされることが起こっている場所。

この社会で起こっているさまざまなことを、まるで鏡を使ったように、そっくりそのまま投影したものが小説である、といわけです。

これは、現実を客観的に描写する手法。
写実主義とかリアリズムと呼ばれるものです。

リアリズムの前に、ロマン派の文学というものがありました。
これは、自分の気持ちに忠実に、個性や自由を重んじる流れ。

この反動で、19世紀の半ばにフランスでは、リアリズムを追求する文学の傑作が生まれました。たとえば、バルザックやフロベールの小説です。

スタンダールはこの人達より少し早く生まれています。バルザックよりは16歳、フロベールよりは38歳年上。

ロマン派からリアリズムにうつる中間地点で「赤と黒」が書かれました。

「赤と黒」のサブタイトルは「1830年代記」です。
王政復古の時代で、1789年の革命以前の社会に戻そうと、保守的な政治が行われており、彼はその当時の支配者たちを、小説の中で批判しています。

さて、現実をリアルに移す鏡ですが、自分で動くわけではなく、誰かが持ち歩いています。持ち運べるのだから、この世界すべてを映せるほど大きな鏡ではなさそうです。

持ち歩いている人はどの道を歩くかはわかりません。メインストリートを行く人もいれば、どこかの路地裏みたいなところを行く人もいるでしょう。

歩く道を自分で選んでいる人もいれば、誰かにつきあって、いやいや歩いている人もいるかもしれません。

その道を行く目的だってさまざま。

それに鏡をどこに向けるかによっても、映るものが違ってきます。上のほうにあるものを映す場合もあるし、電信柱の後ろにまわって、下のほうにいる蟻を映すこともあります。

言うまでもなく、この鏡を持ち歩いている人は、その小説を書いている人。同じものをリアルに写実していても、作家によって、そこに映し出される世界が違うわけです。

よくわかる!フランス語の文法解説

単語の意味

un 男性名詞につく不定冠詞 ひとつの

roman 小説
Elle aime beaucoup les romans d’amour.
彼女は恋愛小説が大好きだ。

est < être ~である

miroir 鏡

qui 関係代名詞 ~(するところ)の
くわしくはこちらをお読みください⇒「まいにちフランス語」39:L61 関係代名詞 qui と que

se promène < se promener 散歩する、動きまわる

sur ~の上に

une 女性名詞につく不定冠詞 ひとつの

grande  大きな

route (都市間を結ぶ)道路、街道
都市内部の街路はrue dans la rue 通りで
道路上で、は sur la route
辞書によると、dans と sur の違いは、rueの閉鎖性と、routeの開放性の違いを表すそうです。

直訳

小説は街道を散歩する鏡です。



映画「赤と黒」

1954年、ジェラール・フィリップ主演、クロード・オータン・ララ監督
「赤と黒」はさまざまま映像作品になっていまうが、この映画が一番有名だと思います。

2009年にジェラール・フィリップ没後50周年を記念して、デジタルリマスター版が出ました。

法廷のシーンです。

レナール夫人役はダニエル・ダリューです⇒すずらんの咲く頃・ダニエル・ダリュー、歌と訳詞。

ジェラール・フィリップはこの映画がリリースされた5年後、36歳でガンで亡くなっていますので、どの映画見ても若若しいですね。

名言の記事の目次を作りました。ご利用下さい⇒フランス語の名言の記事の目次

岩崎良美の歌に「赤と黒」というのがあります。

今、YouTubeで見たら、ボタンが2列に並んでいる、黒いコートみたいなワンピースを着て歌ってました。軍服風なのでしょうか。

岩崎良美って、「愛してモナムール」とか「あなた色のマノン」とか、ちょっとフランス語ふうのタイトルの曲がありますね。ちょっとだけね。






supergroupeTIPAの初プロモーションビデオ~「虎と小鳥のフランス日記」第153話前のページ

2014年春夏のバッグのトレンド[第2回]ベビードールバッグ(レトロ・ロマンチック)次のページパステルカラーのバッグ

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. シャネルのペーパーバッグ

    名言

    名言その1~ココ・シャネル~上品な服装が引き立たせるものとは?

    シャネル(1883-1971)の名言をとりあげます。ココ・シャ…

  2. pen・シャネル5番

    名言

    名言その5~ココ・シャネル~香水をつけない女性の未来とは?

    革新的なデザイナー、ココ・シャネルの(1883-1971)の名言、5つ…

  3. モナコのシャネル(店舗)

    名言

    ココ・シャネル~成功する人はどんな人?(名言その6)

    フランスの伝説的デザイナー、ココ・シャネルの(1883-1971)の名…

  4. 空

    名言

    名言その7~愛にちなんだ言葉~愛するとは互いが同じ方向を見ること~アントワーヌ・サン=テグジュペリ

    バレンタインデーにちなみまして、きょうは「愛」に関する名言をご紹介しま…

  5. vintage style

    名言

    名言その4~ココ・シャネル~「ぜいたく」の反対語は?

    ココ・シャネル(1883-1971)の名言、4つ目をご紹介します。…

  6. ウェディング

    名言

    愛にちなんだ言葉~恋は空腹で生き…~アルフレッド・ド・ミュッセ(名言その10)

    バレンタインデーにちなんで、「愛」や「恋」についての名言をご紹介してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. なぜ4月の魚(エイプリルフール)の習慣が生まれたのか?
  2. アステリックス、魔法の薬の秘密:予告編のフランス語
  3. フランスを代表する漫画、アステリックスの人気の秘密
  4. マクロン大統領の15日間の外出禁止令(抜粋)
  5. T’as vu (見えるでしょ)クリオ:歌と訳詞…
  6. セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。ラッキーア…
  7. なぜ13日の金曜日は運がいいとか悪いとか言われるのか?
  8. やさしさ、思いやりに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  9. 国際女性デーが生まれた背景とは?
  10. 勝手にしやがれ:予告編のフランス語(初心者向け)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. お菓子と仮装が好きな人のためのお祭り、ハロウィンの起源とは?…
  2. 国際女性デーにちなんで~3人の女性の話(3)
  3. お買い得品は財布からお金を引き出す(安物買いの銭失い)フラン…
  4. フランスの映画監督、ジャック・ドゥミの世界
  5. プチ・パパ・ノエルはフランスのクリスマスソングの定番:歌と訳…
  6. 愛にちなんだ言葉~恋は空腹で生き…~アルフレッド・ド・ミュッ…
  7. フランス語のことわざ25~角を矯(た)めて牛を殺す
  8. バレンタインデーのフランス語その1~かわいい愛の詩
  9. 「まいにちフランス語」45:L67 接続法現在 その1
  10. エモーティコン(絵文字)は言葉の世界を変えるか?

おすすめのまとめ記事

  1. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  2. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  4. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  5. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  6. ハロウィン関連記事の目次
  7. フランス語のことわざ~目次 その3
  8. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  9. フランス語入門日記~目次を作りました
  10. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 日めくりとpen

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP