めがねをかけたpen

名言

みんなめがねをかけている~アルフレッド・ド・ミュッセ(名言その11)

フランスのロマン派の詩人、劇作家のアルフレッド・ド・ミュッセの言葉を紹介します。

彼は恋愛の名言ばかり残しているわけではありません。きょうは人間というものに関する名言です。

Chacun a ses lunettes ; mais personne ne sait au juste de quelle couleur en sont les verres.
– Alfred Louis Charles de Musset(1810-1857) –

誰もがそれぞれのめがねをかけている。しかし、そのめがねのレンズがどんな色なのか、ちゃんと知っている者はいない。
 - アルフレッド・ド・ミュッセ -



誰もがそれぞれのめがねをかけている。しかし、そのめがねがどんな色なのか正しく知っている者はいない。

誰もがめがねをかけている・・・。このめがねとはもちろん比喩で、物の見方のことですね。

物の見方は、価値観、考え方、判断の基準、モラル、信条といったものにも言い換えることができるでしょう。

自分の身の回りの現象を判断したり、反応するときの理由とも言えます。

眼鏡のレンズの色は、自分の反応のパターンと言ってもいいでしょうか?

ここに100人の人がいたら、ある現象に対する反応も100種類あるのでしょうね。「みんな無意識に反応してしまい、自分がなぜそういうリアクションを起こすのかわかっていない」、とミュッセは言いたいのではないでしょうか?

すなわち、「人っていうのは、人生をきわめて自動的に、あるいは受動的に生きているんだよ」、ということです。

ミュッセの経歴についてはこちらの記事に書いています⇒名言その8~人生は人を愛してこそ

よくわかる!フランス語の文法解説

単語の意味

chacun それぞれ、各々 ★この単語に複数形はありません。

a < avoir 持っている

ses 彼の、彼女の 

lunettes めがね

mais でも

personne (否定の ne と一緒に)誰も~ない
Personne ne le sait.
誰もそれを知らない。

Le temps n’attend personne.
歳月人を待たず。

sait < savoir 知っている、わかっている

au juste 正確には、実のところは
Je ne sais pas au juste combien cela coûte.
値段がいくらなのか正確にはわからない。

de quelle couleur どんな色か

en 中性代名詞のen ここでは、めがねのこと(des lunettes)
enについてはこちらをごらんください。
「まいにちフランス語」29:L51 中性代名詞 en と y

sont < être ~である

les 定冠詞の複数形

verres メガネのレンズ

直訳

誰もが自分たちのめがねをかけている。しかし、そのメガネのレンズの色を正しく知っている者はいない。



ミュッセのめがねはコヴィー博士のパラダイム

私は最近、毎日のように『7つの習慣』という本を読んでいるので、このミュッセの名言を見たとき、まっさきに著者の、コヴィー博士の言う「パラダイム」という言葉を思い出しました。

「パラダイム」というのは、人が物事を理解するとき、無意識に適用している考え方や価値観のことです。

これはミュッセのいうめがねだのレンズの色ですね。

コヴィー博士は自分がこうしたパラダイムを持っていることに気づき、ほかの考え方(たとえば、他人の意見や、立場など)の存在や意義について考えなさい、と言います。

そして必要に応じて、パラダイムを変えていくことが大切だと。

ミュッセはこうしたパラダイムの存在に、ちゃんと気づいていたのですね。

日本語にも「色眼鏡」という言葉があります。「色眼鏡で人を見る」とは、先入観にとらわれたり、偏見をもって相手のことを判断すること。

私は子どものころ、夕食のデザートに出たりんご(大皿に全員の分がのっていた)を弟の分まで食べた、と親に非難されたことがありました。

自分の分しか食べていなかったので、「私、食べてない!」と嫌疑をはらそうとしたのですが、日頃の行ないが悪かったのか、全く信じてもらえませんでした。

その夜、泣きながら日記に「みんな、私のことを色めがねで見た」と書いたことを、今でも覚えています。相当くやしかったようです。

それでは、次回の名言の回をお楽しみに。






モンマルトルJe veux (私の欲しいもの)~Zaz (ザーズ)の歌と訳詞前のページ

L52 フランスの学校の問題~映画「パリ20区、僕達のクラス」次のページノートと鉛筆

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 赤くて黒い鳥

    名言

    広く好かれれば好かれるほど、深くは好かれないものだ(スタンダール):名言その18

    フランスの小説家、スタンダールの名言をご紹介します。Plus …

  2. バラ

    名言

    私が愛する2つのもの:名言(20)バレンタインにおすすめ

    バレンタインデーにちなんで、フランス語の愛の名言をご紹介します。バレン…

  3. シャネルのペーパーバッグ

    名言

    名言その1~ココ・シャネル~上品な服装が引き立たせるものとは?

    シャネル(1883-1971)の名言をとりあげます。ココ・シャ…

  4. かもめ

    名言

    人生に答えなどない、前に進むだけ(サン=テグジュペリ)名言その17

    アントワーヌ・サン=テグジュペリの名言を紹介します。Dans …

  5. ココ・シャネル

    名言

    名言その2~ココ・シャネル~この世で一番勇気のいる行動とは?

    フランスのファッション・デザイナー、ココ・シャネルの名言を紹介します。…

  6. お茶

    名言

    思いやりのない知性(フランソワーズ・サガン)名言その15

    きょうもサガンの言葉をご紹介します。L'intelligenc…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. フランスを代表する漫画、アステリックスの人気の秘密
  2. マクロン大統領の15日間の外出禁止令(抜粋)
  3. T’as vu (見えるでしょ)クリオ:歌と訳詞…
  4. セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。ラッキーア…
  5. なぜ13日の金曜日は運がいいとか悪いとか言われるのか?
  6. やさしさ、思いやりに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  7. 国際女性デーが生まれた背景とは?
  8. 勝手にしやがれ:予告編のフランス語(初心者向け)
  9. 3月の第1日曜日は、『祖母の日』。この日、フランス人は何をす…
  10. うるう年はなぜあるの?(簡単なフランス語の説明)。

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 「リトルプリンス 星の王子さまと私」予告編のフランス語・前編…
  2. 眠れる森の美女・タイトルのフランス語第5回
  3. フランス語のことわざ35~「泉よ、おまえの水は飲まない」と言…
  4. 第13回『フランダースの犬』
  5. ブーローニュの森とパリ植物園。憩いの場所だがフランス語で説明…
  6. L14 パリのモンパルナス地区ってどんなところ?
  7. 歌と訳詞:故郷の九月~ジルベール・ベコー その2
  8. 『双子姉妹の歌(ロシュフォールの恋人たちより)』~「虎と小鳥…
  9. 『ずっとあなたを愛している』(前編)~予告編のフランス語
  10. 映画、La tete en friche(眠っていた才能):…

おすすめのまとめ記事

  1. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  2. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  3. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  4. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  5. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  6. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  7. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  8. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  9. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  10. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP