ココ・シャネル

名言

名言その1~ココ・シャネル~上品な服装が引き立たせるものとは?

File:Gabrielle Chanel en marinière.jpg – Wikimedia Commonsより 1928年、45歳ぐらいのシャネル

きょうは、シャネル(1883-1971)の名言をとりあげます。

ココ・シャネルは1920~70年代に活躍したフランスのファッションデザイナー。世界的に有名なファッションアイコンですね。

Si une femme est mal habillée, on remarque sa robe mais si elle est impeccablement vêtue, c’est elle que l’on remarque.

下品な服装は服だけが目につき、
上品な服装は人物を引き立たせる。

※発音はIVONA Text-to-Speech Voicesでチェック。

シャネルと聞いてあなたは何を思い浮かべるでしょうか?

  • CocoのCとChanelのCを組み合わせたロゴ?
  • シャネルの5番という香水?
  • 千鳥格子のスーツ?
  • フェイクパールのロングネックレスの合わせ技?
  • オードリー・ヘップバーンが着ていた黒いドレス?
  • 泉ピン子?
  • トレードマークがいっぱいあります。



    ココ・シャネルのプロフィール

    4分28秒で彼女の仕事を紹介している動画がありましたので、ごらんください。これはもとは音声だけだったのでしょうか?写真は同じのが何度も出てきます。
    Les Fabuleuses destinées sur RTL : Coco Chanel

    ※※YouTubeで見る方はこちらから⇒ココ・シャネル

    それまで女性はコルセットや長いドレスできゅうくつな思いをしていました。そんな女性たちに、着やすく、動きやすく、かつおしゃれな服を提供したのがシャネルです。

    彼女は常に何か新しいものを創造しつづけたクリエーターでした。そして、自身のブランドで大成功したビジネスマン(ビジネスウーマンと書いたほうがいいのかな?)なのですね。

    ココの本名はガブリエル(Gabrielle)

    故郷は、南仏のオーヴェルニュ地方ソミュール。貧しい家の生まれで、12歳のとき、母親が亡くなり、行商をしていた父親に、2人の姉妹といっしょに孤児院に入れられてしまいます。

    ここで習った縫い物が、後に、彼女のキャリアへの扉を開くのです。

    18歳で孤児院を出た時は、歌手志望で、お針子仕事のあいまに、クラブで歌っていました。ここでついた愛称がCocoです(洒落ではありません)。

    歌手になる夢はほどなくしぼみましたが、気まぐれで作った帽子が注目をあびます。そのころつき合っていたお金持ちの将校にスポンサーになってもらい、帽子のブティックを出します。あとはどんどん成功への階段を登っていきました。

    はじめのうちこそ、いろんな恋人に資金援助してもらって店を出しましたが、すぐに自分の腕でビジネスを展開するようになったシャネル。

    そんな彼女の残した言葉はおしゃれ哲学というより人生哲学です。



    よくわかる!フランス語の文法解説

    単語の意味

    si もし
    une femme ある女性 uneは女性名詞につく不定冠詞
    est > être ~である
    habillée 服を着た、服装をした(←habillerの過去分詞より)主語が女性なので、過去分詞が一致してEがついています。
    mal 悪く
    on 一般に人々
    remarque > remarquer ~に注目する、気づく
    sa 彼女の
    robe ドレス
    mais でも
    elle 彼女
    impeccablement 非の打ち所なく、完璧に(形容詞はimpecable)
    vêtue ~の身なりをしている(←vêtirの過去分詞)
    c’est…que 強調構文 
    c’est elle que l’on remarque.その女性にこそ、人々が目を留める

    ・・・ちょっと単語が多かったですね。

    直訳

    もし、ある女性がひどい身なりをしていたら、人はそのドレスに注目します。でも、もし彼女が完璧な装いをしていたら、人が目を留めるのはその女性です。

    補足

    que l’on = que on このl’はqueの母音(う)とonの母音(お)の衝突を避けるためにはいっています。しかし、 qu’on という言い方もされます。l’が入っているほうがフォーマルな印象になると思います。

    英語では

    以下のような文で知られています。
    “Dress shabbily and they remember the dress; dress impeccably and they remember the woman.”

    最初に書いた和訳は、一般によく聞くもので、直訳は自分で訳しました。

    名言の訳は定番があったり、なかったりするので、これとは違う訳でなじんでいる方もいるでしょう。

    est mal habillée ひどい装いをする
    というのは、シャネルにとっては下品な装いです。彼女は「下品な服装」を嫌っていましたから。

    下品な服を着ていると服ばかりが悪目立ちする。しかし、上品な服を着ていると、その服を選んだ人のセンスなどが感じられ、みんなに「中身も素敵な人なんだろうな」と思われる、ということですね。

    この言葉だけ見ると、「馬子にも衣装」と言えなくもないですが、シャネルは内面の大切さもよく説いており、服装と人間性には相関関係がある、と考えていたようです。

    確かに、プレゼンテーションというのは、時には中身以上に大切なものです。

    それと、以前もブログに書きましたが、ファッションはフランス人にとっては「その人自身をあらわす哲学」という要素があるのですね。

    さて、今でこそ、彼女の服はエレガンスの代名詞ですが、世に出た頃は、新しすぎて、「下品」あるいは「変てこ」に見えました。そのあたりのことがよくわかる、『ワンス・アポン・ア・タイム』というショート・ムービーを最後にご紹介します。

    帽子のブティックをドーヴィルにオープンした頃のシャネルを題材に、カール・ラガーフェルド(現在のシャネルのデザイナー)が監督した映画です。これは1913年、ドーヴィルのシャネル第1号店オープンの100周年を記念して製作されました。

    シャネル役はココ・マドモアゼルという香水のCMに出ているイギリスの、キーラ・ナイトレイという女優です。

    シャネルの映画といえば、オドレイ・トトゥがシャネルを演じた『ココ・アヴァン・シャネル』が有名ですね。

    私はキーラ・ナイトレイのほうが好きです。問題は、なぜかこのショート・フィルムでは最初の通行人をのぞいて、たまにあいさつで Bonjour,Au revoirと出てくる以外は、みんな英語をしゃべっていることです。

    半分プロモーションフィルムという性格があるからかもしれません。
    でもラガーフェルドの美意識が感じられ、私は気に入っています。

    本編は15分ぐらいです。お時間のある方はごらん下さい。

    “Once Upon A Time…” by Karl Lagerfeld
    ワンス・アポン・ア・タイム 
    18分

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒“Once Upon A Time…” by Karl Lagerfeld

    こちらはフランス語の字幕付きバージョンです。

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒Once upon a time… Un film de Karl Lagerfeld pour Chanel

    ☆シャネルの名言その2はこちら⇒名言その2~ココ・シャネル~この世で一番勇気のいる行動とは?






    関連記事

    1. 田舎道

      名言

      名言その19~スタンダール「小説は街道を歩んでゆく鏡」

      フランスの小説家、スタンダールの名言をご紹介します。Un ro…

    2. お茶

      名言

      思いやりのない知性(フランソワーズ・サガン)名言その15

      きょうもサガンの言葉をご紹介します。L'intelligenc…

    3. ネクタリンのジャム

      名言

      教養はジャムに似ている~フランソワーズ・サガン(名言その14)

      きょうご紹介する名言はこちらです。La culture, c’…

    4. 飲み過ぎ

      名言

      私がお酒を飲む理由~フランソワーズ・サガン(名言その13)

      フランスの作家、劇作家であるサガンの名言をとりあげます。サガン…

    5. ウェディング

      名言

      愛にちなんだ言葉~恋は空腹で生き…~アルフレッド・ド・ミュッセ(名言その10)

      バレンタインデーにちなんで、「愛」や「恋」についての名言をご紹介してい…

    6. 車

      名言

      いつでも生き直せる(フランソワーズ・サガン):名言その16

      フランスの作家、劇作家、サガンの言葉を紹介しています。きょうの名言…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね♪

    CTL+D でお気に入りに登録。

    Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

    follow us in feedly

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    おすすめ記事いろいろ

    1. フランス語のことわざ5~聞こうとしない人は聞こえない人より始…
    2. 2017年3月22日のロンドンのテロ。いったい何が起こったの…
    3. 予告編のフランス語:『屋根裏部屋のマリアたち』(1)
    4. 「まいにちフランス語」34:L56 2つの過去~半過去と複合…
    5. フランス語の数字【第27回】51 – 60
    6. すごく簡単なりんごケーキの作り方~フランスのお菓子(4)
    7. エッフェル塔の説明を聞いて単純過去に親しむ
    8. 三つ子の魂百まで:フランス語のことわざ12
    9. 『おやゆび姫』のフランス語のタイトルは? (#3)
    10. フランス語の達人になるために~その1

    新しく書いた記事です。

    1. LU(リュ)のビスケット、プチ・ブール:フランスのお菓子(2…
    2. 「美女と野獣」(2014)予告編のフランス語
    3. 「渚の想い出」ミッシェル・ポルナレフ:歌と訳詞
    4. パリ祭(フランスの革命記念日)とは?どんなふうにお祝いするの…
    5. ちあきなおみ「夜間飛行」に出てくるフランス語
    6. 時間や時計に関する言葉:かわいいフランス語教えます(116)…
    7. お知らせ:常時SSLに対応したのでブログのURLが変わりまし…
    8. 第104回、ツール・ド・フランスが始まった。
    9. 「星の王子さま」の作者、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ…
    10. クロード・フランソワ、「陽のあたる月曜日」の訳詞

    おすすめのまとめ記事

    1. フランス語のことわざ~目次 その1
    2. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
    3. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
    4. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5
    5. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
    6. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
    7. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
    8. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
    9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
    10. ニュースの記事のまとめ(2)

    フランス語の勉強法とか

    1. ペンディクテ中
    2. 黒板
    3. 黒板
    4. 星の王子さまの本
    5. penのイラスト

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    アーカイブ

    1. ファール・ブルトン

      百合のFranceウォッチング

      L47 ブルターニュ名物~海の幸、ゲランドの塩、ガレットブルトンヌ(お菓子)
    2. 窓際のオイルランプ

      フレンチポップスの訳詞

      歌と訳詞:カーラ・ブルーニの『ケルカン・マ・ディ ~ 風のうわさ』
    3. お墓

      フレンチポップスの訳詞

      禁じられた遊び~パトリック・フィオリ(歌と訳詞)
    4. 結婚する

      フランス語の語彙

      バレンタインデーのフランス語~その4 結婚する
    5. サンバの演奏

      虎と小鳥のフランス日記

      パリの日曜日のサンバ~「虎と小鳥のフランス日記」第54話
    PAGE TOP