ライティング

百合のFranceウォッチング

L62 フランスの大学と日本の大学の違いって?

『百合のFranceウォッチング』第62課の受講メモです。

さくらは10月から、レンヌ大学で日本語を教えてくれるように頼まれた、と話しています。

大学で正式に教えるのは、たぶんそれなりの学歴(マスターをとっているとか)が必要だと思いますが、外国語を教えるときは、そうじゃないポスト(単位が取得できないコースなど)もあるかもしれません。

この話から、きょうのポーズカフェのトピックはフランスの大学制度でした。

きょうのメニュー

  • 疑問副詞
  • ポーズカフェ~フランスの大学
  • それでは復習行ってみよう。



    疑問副詞

    Pourquoi la japonais ?
    なぜ日本語を?

    疑問副詞(quand, où, pourquoi, comment, combien)のあとにいきなり、名詞や不定法を持ってくる表現がとりあげられました。

    会話に多いパターンですね。

    1つだけ例文を書いておきます。

    Comment faire ?
    どうしたらいいの?

    疑問副詞についてはこちらに詳しく書いています。
    penとグル

    ⇒「まいにちフランス語」26:L48 疑問副詞



    ポーズカフェ~フランスの大学

    書き取り

    フランスと日本の大学の違いってありますか?

    Eh bien en France de la maternelle à l’université la rentrée est en septembre. Mais dans beaucoup d’universités les cours reprennent réellement à partir d’octobre.

    Et une autre différence c’est que dans les universités françaises il n’y a ni cérémonie d’entrée ni cérémonie de fin d’étude.

    そもそもフランスには4年で皆大学を卒業する、という概念はないですよね。

    Depuis de 2006 le cursus universitaire européen s’organisent autour de trois diplômes : la licence en 3 ans, le master en 2 ans, et le doctorat en 3 ans.

    Chaque étudient peut avoir en rythme d’étude différent selon le parcours choisi et par conséquent, la date d’obtention de diplôme peut varier d’un étudient l’un autre.

    学生は目指す免状の取得に向けて必死で勉強しますよね。

    Oui, le niveau exigé pour l’obtention de diplôme est élevé et le pourcentage d’échec est important.

    Ainsi en 2008, le taux d’obtention de la licence après 3 ans d’étude était seulement de 37,8 %.

    要約

    フランスの幼稚園から大学まで、新学期は9月。でも多くの大学で授業が始まるのは10月。またフランスの大学には入学式も卒業式もない。

    2006年からヨーロッパの大学の課程は3つの免状で構成されている。3年で学士号、2年で修士号、3年で博士号を取得することになる。

    学生は自分の選んだコースに従って勉強するので免状を取得する時期は、学生によって違う。

    免除の取得レベルは高く、不合格も多い。2008年では、入学後3年で学士号を取得した学生はたった37.8パーセントだった。

    単語メモ

    cursus 大学の修学の課程

    parcours コース

    exiger 要求する、求める

    ★第50課以降の記事の目次はこちらです。
    『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L50~72)

    日本の大学はどこの国の大学より卒業するのがやさしかったりして?
    だから、今大学を卒業しているからって、何かコンペティティブエッジがあるわけではないのですよね。

    それでは次回のラジオ講座の記事をお楽しみに。






    クスクスL61  クスクスとはどんな料理?前のページ

    L63 フランスの若者は余暇に何をする?次のページ旅行中

    ピックアップ記事

    1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
    2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
    3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

    関連記事

    1. フランスのカフェ

      百合のFranceウォッチング

      L67 フランス人にとってカフェとは?

      『百合のFranceウォッチング』第67課の受講メモです。今週…

    2. RERのサイン

      百合のFranceウォッチング

      L26 RER (首都圏高速交通網)って何?

      百合のFranceウォッチング第26課の受講メモです。この回で…

    3. ブルターニュ議会の議事堂

      百合のFranceウォッチング

      L38 フランスの地方都市

      ラジオ講座『百合のFranceウォッチング』第38課の受講メモです。…

    4. パリのソルド

      百合のFranceウォッチング

      L22  フランスのバーゲンセール

      百合のFranceウォッチング第22課の受講メモです。きょうのスキット…

    5. モン・サン=ミシェル

      百合のFranceウォッチング

      L57 モン・サン=ミシェルに橋をかける計画

      藤田先生のラジオ講座、『百合のFranceウォッチング』第57課の受講…

    6. マンガ

      百合のFranceウォッチング

      L29 フランスで一番人気のあるマンガは?

      百合のFranceウォッチング、29課の受講メモです。ジャパン…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    新しく書いた記事です。

    1. ギロチンの歴史(前編)
    2. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
    3. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
    4. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
    5. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
    6. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
    7. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
    8. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
    9. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
    10. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    フランス語の勉強法とか

    1. 日めくりとpen
    2. 黒板
    3. 星の王子さまの本

    アーカイブ

    PAGE TOP