ベートーヴェンのアート

フランス語を読む練習

ベートーヴェンって誰ですか?

今年、2020年はベートーヴェン(1770-1827)の生誕250周年です。

彼の誕生日は1770年の12月16日あたり、と言われています。

きょうは、ベートーヴェンについて、やさしいフランス語で説明している 1 jour, 1 question の動画を紹介します。

タイトルは、C’est qui Beethoven ?(ベートーヴェンって誰?)です。



ベートーヴェンとは?

1分42秒。

トランスクリプション

C’est un compositeur et pianiste allemand, qui a vécu il y a 250 ans. Libre et révolutionnaire, il a repoussé toutes les limites, dans sa vie et dans son art. Il est considéré, aujourd’hui, comme l’un des plus grands génies de la musique.

Mais, qu’est-ce qui l’a rendu si mondialement connu ? Son histoire commence en 1770. Ludwig van Beethoven naît à Bonn, en Allemagne. Son père découvre rapidement le talent musical de l’enfant. L’homme, brutal et sévère, lui apprend à jouer du violon et du piano. À 22 ans, Ludwig part se former à Vienne, capitale de l’Autriche et de la musique.

Formidablement agile au piano, il participe à des battles d’improvisation et il est couronné meilleur pianiste viennois. Sa renommée est lancée. Mais Beethoven cache un secret : il devient progressivement sourd. Il craint que le public ne le rejette, lui qui compose sa musique sans l’entendre. Alors, il quitte la scène. Puis il a une révélation.

Qu’importe le qu’en-dira-t-on, il est libre de réinventer son art comme il le ressent. C’est une révolution. Il compose notamment la neuvième symphonie. Un chef-d’œuvre absolu ! Le final de cette composition célèbre la paix et la fraternité. Il est devenu, depuis, l’hymne européen.

Et le monde entier tombe amoureux de ce génie courageux qui, malgré l’adversité, a laissé son talent s’exprimer.

☆トランスクリプションの引用元⇒C’est qui, Beethoven ? – 1jour1actu.com – L'actualité à hauteur d'enfants !

和訳

ベートーヴェンはドイツの作曲家でピアニストです。250年前に生まれました(生きていました)。自由で革命的な彼は、人生や芸術におけるあらゆる限界を押しのけました。

ベートーヴェンは、今日、もっとも偉大な音楽の天才の1人と考えられています。

でも、何が、彼をこんなふうに世界的に有名にしたのでしょうか?

ベートーヴェンの物語は1770年に始まりました。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンはドイツのボンで生まれました。

彼の父親は早くに自分の子供の音楽的才能を見つけました。容赦がなくきびしい父親は、彼にヴァイオリンとピアノの手ほどきをしました。

22歳のとき、ルートヴィヒは、オーストリアの首都で音楽の都であるウィーンに修行に行きました。

驚くほどピアノがうまかった彼は即興演奏のコンテストに参加し、ウィーンで最高のピアニストという栄誉を得ました。名声の始まりです。

しかし、ベートーヴェンには秘密がありました。次第に耳が聞こえなくなっていたのです。

彼は、人々が自分を拒絶するのを恐れました。耳が聞こえないまま作曲する自分のことを。

そして彼はステージを去り、その後、本当のことを皆に伝えました。

人が何と言おうと関係ありません。彼は自分が感じたまま、自由に芸術を再発明しました。

それは革命的でした。

彼は名高い交響曲第9番を作曲しました。圧倒的な傑作です。

この曲のフィナーレで、平和と友愛をたたたえています。以後、ヨーロッパの賛歌となりました。

そして、世界中がこの勇気ある天才を大好きになりました。逆境にも負けず、その才能を自由に表現した彼を。

単語メモ

repousser  押し戻す、押し返す

se former  修養を積む

couronner  栄冠を与える、栄誉を与える

rejeter  拒絶する



歓喜の歌は欧州の歌

欧州連合は、ベートーヴェンの交響曲第9番の最終楽章の『歓喜の歌』を、ヨーロッパ全体を象徴するものとして、ヨーロッパの歌、としています。

この曲が欧州の歌になった経緯を説明する動画です。

4分19秒。

フリードリヒ・シラーという人が、フリーメイソンの儀式のために、『歓喜に寄せて』という詩を書き、その後、曲がつき、お酒の席でよく歌われましたが、世俗的で下品な歌と思われていました(ウィキ情報)。

しかし、後に、ベートーヴェンが、この詩を交響曲第9番の合唱部に使ったら、いきなりすばらしい楽曲となり、皆が大感激して、その後、欧州の歌となったのです。

歓喜の歌は、文字通り喜びにあふれたメロディで元気が出ますね。

交響曲第9番は1824年に初演されましたが、当時からずっと人々に愛されています。発表当時、すでにベートーヴェンは耳が聞こえず、らっぱのような補聴器をつけていたそうです。

彼は初演に立ち会いましたが、指揮は他の人にやらせました。耳が聞こえないから、演奏が終わっても気づかなかったのですが、そばにいた人が、合図か何かをしたので、観客席を見たら、皆が大喜びして、拍手喝采していたのです。

さぞかし、うれしかったでしょうね。

交響曲第9番は、最終楽章だけでなく、ほかの楽章もすばらしいです。やはりベートーヴェンは天才だったのでしょう。

☆欧州連合とは?⇒5月9日はヨーロッパの日。欧州連合の歴史を簡単におさらいしよう。

****

ベートーヴェンの人気は地元のドイツでは絶大で、彫像になったり、道や船の名前になったりしています。

ほかの国でも、歓喜の歌は、着メロに使われているだろうし、Roll over Beethoven というロックンロールの名曲もあるし、ベートーヴェンを知らない人はいないと思いますが、意外と細かい経歴は知られていないかもしれません。

交響曲第9番は、日本では通常、年末に演奏されますね。今年は、コンサートがあるのかどうかわかりませんが。

合唱は感染のリスクが高いですから。

早く、歓喜の歌を思う存分合唱できるときが来ますように。






2021年の日めくり2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。前のページ

ドイツのお菓子会社、ハリボー創立100周年。次のページHARIBOのグミ(ゴールドペア)

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。

関連記事

  1. 勉強中

    フランス語を読む練習

    どうしてフランス語はほかの言葉より難しいの?

    子どもたちのさまざまな質問に1分40秒のアニメーションで答えている 1…

  2. ボートをこぐ人

    フランス語を読む練習

    小さな舟で(Dans un petit bateau):ロベール・デスノスの詩

    当ブログでは、ごくまれに、私でも訳せそうなフランス語の詩を訳しています…

  3. レッド・カーペット

    フランス語を読む練習

    カンヌ国際映画祭のパルムドールの起源

    第66回カンヌ国際映画祭が26日の夜に終了しました。コンペティ…

  4. 本

    フランス語を読む練習

    複合過去の復習、助動詞は、être か avoir か?

    きょうは基本的な文法の復習記事です。直接法複合過去形の作り方を…

  5. カラスとキツネ

    フランス語を読む練習

    カラスとキツネ(タイトルのフランス語:第7回)

    『カラスとキツネ』というお話のフランス語のタイトルを紹介します。…

  6. 母の日の花束

    フランス語を読む練習

    フランスの母の日の意外な起源

    日本の母の日はもう終わりましたが、フランスの母の日は毎年5月の最後の日…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. セザンヌと彼が好きだった山、サント・ヴィクトワール山。
  2. Les Mouchoirs blancs(白いハンカチ)Be…
  3. 使い捨てマスクが野生動物たちを殺してしまう。
  4. スーパーで買い物する:ペッパピッグのフランス語(7)
  5. Brexit:安堵と不安を感じる漁師たち。
  6. フランス人が大事にしているガレット・デ・ロワを食べる習慣
  7. 使い終わったツリーはどこに、どうやって捨てるべきか?
  8. 革新的なデザイナー、ピエール・カルダン、98歳で亡くなる。
  9. 雪だるまの作り方:ペッパピッグのフランス語(6)
  10. プラスチックを使わないゼロ・ウエイスト生活(後編)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 2021年の日めくり

アーカイブ

PAGE TOP