森の木々

フランスのことわざ

フランス語のことわざ34~内輪もめに口出しをするな

今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。

内輪もめに口出しをするな。
Entre l’arbre et l’écorce, il ne faut pas mettre le doigt.

⇒音声はIVONA Text-to-Speech Voices でチェック!



内輪もめに口出しをするな

直訳は「木と樹皮の間に指を突っ込んではいけない」となります。

木と樹皮はひじょうに近い関係にあるものです。

「内輪のもめごと」とは、たとえば夫婦の争いのように、ふだんはとても親しい、ほとんど一体と言えるような間柄のケンカです。

そのような二人のケンカは一過性のものであり、時間がたてば仲直りする可能性が高いので、他人が口出しすべきものではない、ということです。

このことわざは14世紀ぐらいからあるそうです。

出どころは定かではないのですが、こんな逸話が伝えられています。

昔、クロトーネ(ギリシアの植民都市)にミロというたいそう力自慢の闘技者がいました。

ミロは年をとったので、一線から退いていましたが、未だに力はあり、いつかまた競技に出場したいと思っていました。

あるとき、ミロは家のそばの森に行き、ナラの木の樹皮が少しはがれているのを見ました。

ミロは自分の力強いところを人々に見せつけるため、樹皮を全部はがそうと、樹皮と木肌の間に指を入れ、めくりはじめました。うまくめくれるかと思いきや、樹皮はめくりきれず、木肌にすごい勢いで戻り、ミロの手を木と皮の間にはさみこんでしまいました。

ミロは森の中で身動きがとれず、やがて動物たちに食べられてしまいました。

なんとも残酷な話です。

この逸話のポイントは、ミロが「自分の力をみせつけてやれ」、と考えたことにあります。

内輪げんかに口出しをする人たちも、必ずしも「けんかをおさめて、当人たちを幸せにしよう」、と思っているわけではありません。

ケンカをしている二人にいろいろとえらそうなことを言って、何らかの形で自分のえらいところ、すぐれたところ、人間ができているところなど、見せつけたいのかもしれません。

そのような行為はひじょうに愚かである、とこのことわざは言っています。

よくわかる!フランス語の文法解説

単語の意味

entre ~の間に

l’= le 男性名詞につく定冠詞

arbre 木(男性名詞)

et ~と

l’(écorceの前のやつ)= la 女性名詞につく定冠詞

écorce 樹皮

il ne faut pas ~すべきではない

mettre 入れる

doigt 指

直訳

「木と樹皮のあいだに指を入れるべきではない。」

補足

Entre l’arbre et l’écorce の替りに、Entre le marteau et l’enclume 「金槌と鉄床(かなとこ)」と言うこともあります。



日本のことわざでは?

そのものずばりの日本語のことわざを思いつきませんでしたが、意味から考えて、以下の3つが近いでしょうか。

  • 子どものけんかに親がでる。
  • 夫婦げんかは犬も食わない。
  • 己の頭の蠅を追え。
  • いずれも「他人のケンカに口出しをするな」という意味です。

    いかがでしたか?

    人間とは不思議なもので、ついつい他人のあれこれに口出しをしてしまいますね。もしおせっかいをしそうになったら、このことわざを思い出して、自分のやるべきことに焦点を移しましょう。

    それでは、次回のことわざの回をお楽しみに。

    ことわざの記事の目次を作りました。ご利用ください。
    その1⇒フランス語のことわざ~目次 その1
    その2⇒フランス語のことわざ~目次 その2

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム





    ピックアップ記事

    1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
    2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
    3. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。

    関連記事

    1. オレンジの木
    2. penとグル

      フランスのことわざ

      三つ子の魂百まで:フランス語のことわざ12

      今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。本性は、追払…

    3. 犬と猫

      フランスのことわざ

      フランス語のことわざ8~犬は猫を産まない(蛙の子は蛙)

      今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。犬は猫を産ま…

    4. 欲張ってはいけない

      フランスのことわざ

      フランス語のことわざ1~虻蜂取らず

      シリーズでフランス語のことわざや名言を紹介しています。きょうの…

    5. バター
    6. お釈迦様

      フランスのことわざ

      幸運は寝てる時にやってくる:フランス語のことわざ49

      前々回、眠ることの効用をとなえたことわざをご紹介しました。こち…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね♪

    CTL+D でお気に入りに登録。

    Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

    follow us in feedly

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    新しく書いた記事です。

    1. 柔らかいもの:かわいいフランス語教えます(121)
    2. あまい囁き(Parole parole)、ダリダとアラン・ド…
    3. フランスの人気ドラマ、Dix pour cent(10パーセ…
    4. どうしてフランス語はフランス以外の場所でも使われているのか?…
    5. ボジョレー・ヌーヴォーは何がそんなに特別なのか?
    6. アルミスティス(第一次世界大戦休戦記念日)とは?
    7. シンプルだけどおいしいフィナンシエのレシピ:フランスのお菓子…
    8. マキシム・ル・フォレスティエのサンフランシスコ(歌と訳詞)
    9. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
    10. 文学や小説に関する言葉:かわいいフランス語教えます(120)…

    おすすめ記事いろいろ

    1. 壁に気づくことに意義がある。『パリ20区、僕たちのクラス』の…
    2. 「銃を打つ」という単語を覚えた日~第14回
    3. ミスティ・コープランド~夢を実現させたバレリーナ
    4. 父の日の贈り物のアイデア~かわいいフランス語教えます(73)…
    5. アルミスティス(第一次世界大戦休戦記念日)とは?
    6. ダウン症の従業員が6人いるナントのちょっと特別なレストラン。…
    7. 映画:「タイピスト!」Populaire(ポピュレール)予告…
    8. 祖母の日はいつで、どんなことをするのでしょうか?
    9. L51 ザーズ(Zaz)がお気に入り
    10. 突然炎のごとく(フランソワ・トリュフォー)~入門日記第23回…

    おすすめのまとめ記事

    1. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
    2. フランス語のことわざ~目次 その1
    3. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
    4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
    5. 翻訳者養成講座関連記事の目次
    6. フランス語のことわざ~目次 その3
    7. フランス映画の予告編の記事のまとめ
    8. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
    9. ハロウィン関連記事の目次
    10. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に

    フランス語の勉強法とか

    1. 2018年フランス語日めくりカレンダー
    2. 星の王子さまの本
    3. 黒板

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    アーカイブ

    1. 猫

      フランスのことわざ

      あつものに懲りてなますを吹く:フランス語のことわざ7
    2. ブログ運営、お知らせ

      しばらく不定期更新になります~夏休みのお知らせ
    3. 野菜サラダ

      フランスの広告

      もう少し成長しないとね:CMのフランス語
    4. ケーキミックス

      パッケージのフランス語

      「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
    5. カシオエクスワード XD-N7200

      フランス語の勉強法

      フランス語用電子辞書:カシオエクスワードXD-N7200の音声コンテンツ その2…
    PAGE TOP