王国のお金

フランスのことわざ

フランス語のことわざ28~金は良き僕(しもべ)にて悪しき主人

今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。

L’argent est un bon serviteur et un mauvais maître.
金は良き僕(しもべ)にして悪しき主人



金は良き僕(しもべ)にして悪しき主人

僕(しもべ)は、下僕とも書きますが、召使い、雑用に使われる者のことです。あるいは官につかえて、いろんな雑用をした下級の役人の意味もあります。

お金は召使いにするにはいいけれど、主人にするとよくない、ということです。

では、「お金を召使いにする」とはどういう状態でしょうか?

ズバリ、お金を使うことです。

お金は商品やサービスを買うときに必要なものですが、その価値は一定ではありません。

つねに流動しています。政治のせいで、今持っている1千万が、明日にはただの紙切れになる可能性も十分あります。

ですから、お金は適度に使っていかないと意味がないのです。使ってこそ、お金の価値が生きるわけです。

お金を貯めこむことや、使わないことに多大にエネルギーを注ぎ込むのは好ましくありません。そのような状態は、お金に使われてしまっている状態なのです。

お金がご主人さまになっている状況はほかにもいろいろとあります。

必要以上にお金を稼ごうとしたり、収入に見合わない生活をしようとして、クレジットカードで借金を作ったり、お金ほしさに、他人をだましたり、お金ほしさに自分の魂を悪魔に売り渡してしまったり。

お金が人生で一番大事なものや、最大の関心ごとになっているとき、あなたはお金に使われています。

お金に支配されているとき、お金を稼ぐこと、使うこと、貯めこむことなど、お金にまつわる行動が、日々不幸な状況を生み出しています。

もし、そんな日々を送っていたら、このことわざを思い出してください。

お金は使うべきもので、使われてはいけないのです。

よくわかる!フランス語の文法解説

単語の意味

l’argent お金 前についている l’は le のエリジオンです。定冠詞をつけて「一般にお金とは」という意味になっています。

est < être ~である

un 男性名詞につく不定冠詞 一つの

bon よい 

serviteur 僕(しもべ)、召使い

et ~と

mauvais  悪い bonの反対語

maître 支配者

直訳

「お金は良い召使であり、悪い主人である。」



このことわざの由来

このことわざは古代ローマの詩人のホラティウス(Horace)(紀元前65年~紀元前8年)の以下の言葉から生まれたのではないか、と考えられています。

« L’argent est serviteur ou maître »

原文はラテン語です。

若い時のホラティウスはこんな感じだったようです。
ホラティウス

ホラティウスと言えば、詩の一節からとらえた、カルペ・ディエムという言葉が有名です。

Carpe diem. ラテン語です。
「その日を摘め」と訳されています。

先のことや、死を思いわずらうことなく、
「きょう一日の花を摘み取ろう、今を生きよう」ということです。

お金は両刃の剣ですね。人の欲望を満たし、願いをかなえてくれる物であると同時に、人をいとも簡単に地獄に突き落とします。

お金そのものはただ価値を交換するための手段なのですが、人間の欲やさまざまな恐怖がお金に付加価値を生み出しているのですね。

危険なお金のわなに捕らわれないためには、頭を使って考えることが必要です。そして、広告に踊らされて、本当は欲しくないものまで、欲しいと思わされないように気をつけることも大事です。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。

関連記事

  1. クマ

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ52~クマを殺す前に皮を売る

    きょうご紹介することわざはこちらです。Vendre la pe…

  2. 黒板

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ~目次 その1

    ことわざの記事の目次を作りました。ことわざの記事は根強い人気が…

  3. pen、街頭インタビュー

    フランスのことわざ

    紺屋の白袴(こうやのしらばかま):フランス語のことわざ13

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。靴屋がいつも…

  4. ロシアの川と橋

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ36~ちりも積もれば山となる(その2)

    今日も水にちなんだことわざをご紹介します。Les petits…

  5. 猫

    フランスのことわざ

    あつものに懲りてなますを吹く:フランス語のことわざ7

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。あつものに懲…

  6. 羊

    フランスのことわざ

    弱き者は夫(ぶ)に取らるる:フランス語のことわざ17

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。雌羊になると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 2分で学ぶ、レオナルド・ダ・ヴィンチのプロフィール。
  2. モナ・リザのプロフィール、またはその謎。
  3. ウクライナ航空の旅客機(ボーイング737)、イランで墜落。生…
  4. Jardin Secret (秘密の庭):ピエール・ラプサッ…
  5. なぜ1月にガレットを食べるのか?(エピファニーの説明)。
  6. いろいろな新年の祝い方。
  7. フランス語で新年のあいさつはどう言う?(2020年版):年末…
  8. 複合過去の復習、助動詞は、être か avoir か?
  9. サンタクロースの本当の起源。
  10. 本物のモミの木のツリーと、プラスチックのツリーとではどちらが…

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス語のことわざ60~オオカミの話をするとそのしっぽが見…
  2. 劇場に関する単語~かわいいフランス語教えます(98)
  3. L18 パリの夏
  4. L16 tu か vous か、それが問題だ
  5. L17 フランス人はチーズが大好き
  6. 「彼は秘密の女ともだち」(Une Nouvelle Amie…
  7. バービーの光と影 後篇
  8. 生地の柄の名前~かわいいフランス語教えます(107)
  9. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  10. フランス語の数字【第29回】71 – 80

おすすめのまとめ記事

  1. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  2. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  3. フランス語のことわざ~目次 その2
  4. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  5. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  6. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  7. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  8. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  10. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5

フランス語の勉強法とか

  1. 日めくりとpen
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP