ニューヨーク

フレンチポップスの訳詞

ペトゥラ・クラーク『恋のダウンタウン』フランス語バージョンの訳詞

フレンチポップスの歌詞を訳すシリーズ。今回はペトゥラ・クラークの『恋のダウンタウン』Downtown¨のフランス語版をご紹介します。

Downtownは1964年11月の大ヒット曲。フランス語版もペトゥラ・クラーク自身が歌っています。タイトルは Dans le temps です。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Petula Clark : Dans le temps

アレンジは全く同じなのですが、歌詞の内容が違います。この曲、楽しい曲ですが、フランス語では、彼がこの街からいなくなって悲しい、という内容になっています。

まず、downtown のこところを dans le temps (かつては)という、同じ響きの音の言葉を持ってきて、そこから歌詞を考えたからでしょうね。

それでは訳詞に挑戦!



Dans le temps かつては

Il n’y a plus, dans cette ville, la joie
Qu’il y avait avant
Dans le temps
Je suis perdue dans cette ville sans toi
Toi qui m’aimais pourtant
Dans le temps

もうこの街には楽しみはないわ
昔はあったのに
あなたがいないからこの街で途方にくれる
大好きだったあなた
かつては

1人で通りを歩くわ
昔を思い出しながら
かつてこの街で生まれた
今はもうない会い
いくら探してももうないわ
いくらこの通りを探しても
無駄なのよね

※Dans le temps
Comme on s’aimait, oh oui
Dans le temps
Je m’en souviens, oh oui
Dans le temps
Qui a passé depuis
Dans le temps {x2}

かつては
私たち愛し合っていたわ
かつては
今も思い出すわ
かつては
時は過ぎ去ってしまった
かつては

夜だけ活気づくこの街
かつてはそうだった
ネオンの光や騒音の中の暮し
2人でよく来たわ
かつては

2人で踊りに行ったクラブに
物憂い気持ちで出かけたわ
私がたった1人で戻ってきたのを見た時、
マスターはわかったはず
私のつらさが
何も話すことはなかった。だって
彼にはわかっていた
彼は、私たち2人が口ずさんでいるかのようなふりをした

※~※繰り返し

この街は何も変わっていない
もしあなたが、ある日戻ってきたら
ちょっぴり後悔して
私たちの愛の夢を見ながら
この街で
何も変わっていないけど、でも
あなたが通りを歩いてきたら
前と同じようには行かないわ

★歌詞はこちら⇒Paroles Dans Le Temps de Petula clark

単語メモ

dans le temps = au temps jadis  かつては

au long de ~に沿って

avoir beau + inf. いくら~しても無駄である。
(★一般にどうして無駄なのかを説明する文が続きます)
Tu auras beau pleurer, il ne reviendra pas.
いくら泣いても無駄だよ。彼はもう戻って来ないよ。

traîner 持ち歩く、連れて行く

fredonner 口ずさむ

Rien n’a changé.  何も変わっていない

★以前ご紹介した60年代のヒット曲のフランス語カバーはこちら⇒ナンシー・シナトラ「にくい貴方」のフランス語版の訳詞

『恋のダウンタウン』 オリジナルの英語版


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Petula Clark Downtown

Downtown ダウンタウン

When you’re alone
And life is making you lonely,
You can always go downtown
When you’ve got worries,
All the noise and the hurry
Seems to help, I know, downtown

一人でさびしいとき、
いつだってダウンタウンに行けばいいわ
心配ごとがあるとき
にぎやかで活気のあるダウンタウンに行けば
気分が晴れると思うの

街の車の奏でる音楽を聞いたり
歩道できれいなネオンサインを眺めたり・・
間違いないわよ

*The lights are much brighter there
You can forget all your troubles, forget all your cares and go
Downtown, things’ll be great when you’re
Downtown, no finer place for sure,
Downtown, everything’s waiting for you

ダウンタンの光はずっと明るい
困ったことや、心配なこともみんな忘れるわ
ダウンタウンじゃ、何もかも素敵なの
ダウンタウンほど素晴らしい場所はないに決まってる
ダウンタンじゃ、何もかもがあなたを待ってるわ*

ぐずぐずしないで
心配ばかりしないの
ダウンタウンじゃ映画をやってるわよ
一晩中楽しめる場所もあると思うわ

やさしいボサノバのリズムを聞いて踊ってみて
夜が終わらないうちにね
また楽しくなれるわ

*~*繰り返し

誰かやさしくて、あなたのことをわかってくれる人がいるかもしれない
あなたとよく似た人が、街を案内してほしいと思ってるかもしれない

ダウンタウンであなたに会うかもしれないわね
困ったことも心配なことも、みんな忘れるわ
ダウンタウンじゃ、何もかも素敵なの
さあ、すぐダウンタウンに行きましょう
ダウンタウンじゃ、何もかもがあなたを待っているわ

歌詞はこちら⇒DOWNTOWN Lyrics – PETULA CLARK

ペトラ・クラーク Petula Clark

ペトラ・クラークは1932年、イギリス生まれ。なんと私の母より1つ年上です。インターナショナルに活躍するシンガー兼女優です。

小さい時から歌や演技がうまく、聖歌隊などで歌っていました。初めて人前で報酬をもらって歌ったのは7歳のとき。Bentalls(デパート)の入り口でオーケストラをバックに歌ったそうです。

以来、ずっと現役です。第二次世界大戦中にBBCラジオに出演したり、軍を慰問していました。

40年代後半からから映画に出始め、ヨーロッパでレコードを出したりと活躍していたのですが、1964年にこの歌が大ヒットしてから、アメリカでも知られる世界的な歌手になりました。

60年代が全盛期ですが、70,80,90年代もコンスタントにアルバムを発表してステージをこなしています。

今世紀に入ってもワンマンショーをやったり、ゲスト出演しています。

2013年には新しいアルバムを発売。このアルバムではDowntownのリメイクというかセルフカバーも入っています。

2015年の6月20日には、ニューヨークのステージに立って、Downtownを歌いました。

こちらは2013年、のステージ。81歳という計算になります。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Petula Clark – Downtown (Jools Annual Hootenanny 2013)


「恋のダウンタウン」カバーバージョン

この曲はたくさんの人がカバーしています。有名なところでは1983年代にカントリーシンガー、ドリー・パートンがカバーしました。

2006年にエマ・バートンがカバー。アレンジも歌い方もほぼ同じです。ともにそれなりにヒットしています。

元歌の完成度が高いので、カバーバージョンは今いちという印象。

今回は、カナダのジャズ・シンガー、ホリー・コールのジャズバージョンをご紹介します。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Downtown – Holly Cole Trio (Girl Talk)

ペトラ・クラークってずっと現役なんですよね。すごいの一言。「恋のダウンタウン」は何歳で歌っても違和感のない歌詞だから、80歳で歌っても説得力がありますね。






関連記事

  1. ピアノの弾き語り
  2. 少女
  3. 黄金のバーリー麦畑

    フレンチポップスの訳詞

    とどかぬ愛~ジョニー・アリディ(歌と訳詞)

    きょうは「虎と小鳥のフランス日記」第110話で話題になっているジョニー…

  4. ミニスカート姿のバービー
  5. 雪景色

    フレンチポップスの訳詞

    「雪が降る」アダモ・フランス語の歌詞と訳詞。

    冬のシャンソンの名曲、アダモの「雪が降る」(Tombe la neig…

  6. ミュージックシート

    フレンチポップスの訳詞

    アンディ~リタ・ミツコ(歌と訳詞)

    リタ・ミツコのヒット曲、アンディをご紹介します。Euro24「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 序数(5)~フランス語の数字【第46回】
  2. 「4月の少女」ロラン・ヴルズィ:歌と訳詞。12ヶ月の名前がす…
  3. 映画 Le Papillon(パピヨンの贈りもの)予告編のフ…
  4. 「虎と小鳥のフランス日記」第90話 ル・プレヴェール(パリの…
  5. 朱に交われば赤くなる:フランス語のことわざ19
  6. 【第8回】オーツ麦とハンドクリームの熱い関係
  7. 6月の雨がもたらすもの : フランス語のことわざ42
  8. フランス語のことわざ1~虻蜂取らず
  9. 「リトルプリンス 星の王子さまと私」予告編のフランス語・前編…
  10. 「星の王子さま」の作者、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ…

新しく書いた記事です。

  1. 「美女と野獣」(2014)予告編のフランス語
  2. 「渚の想い出」ミッシェル・ポルナレフ:歌と訳詞
  3. パリ祭(フランスの革命記念日)とは?どんなふうにお祝いするの…
  4. ちあきなおみ「夜間飛行」に出てくるフランス語
  5. 時間や時計に関する言葉:かわいいフランス語教えます(116)…
  6. お知らせ:常時SSLに対応したのでブログのURLが変わりまし…
  7. 第104回、ツール・ド・フランスが始まった。
  8. 「星の王子さま」の作者、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ…
  9. クロード・フランソワ、「陽のあたる月曜日」の訳詞
  10. 2017年フランス国民議会選挙は、マクロン大統領の政党が過半…

おすすめのまとめ記事

  1. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  2. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  3. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  4. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  6. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  7. ハロウィン関連記事の目次
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  9. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  10. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)

フランス語の勉強法とか

  1. penのイラスト
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本
  4. 黒板
  5. ペンディクテ中

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. パリ

    不思議の国のフランス

    ディクテの試験の前に押さえておきたい、de を聞き取る6つのポイント
  2. 炎

    フランス語入門日記

    突然炎のごとく(フランソワ・トリュフォー)~入門日記第23回
  3. ジャムのイラスト

    パッケージのフランス語

    【第25回】ジャムをフランス語で?
  4. キャンドル

    時事ニュース

    シャルリ・エブド続報~2つの立てこもりと犯人の射殺
  5. 仏検対策講座

    フランス語の教材

    フランス語脳プロジェクト(フランスダイレクトスクール)の仏検講座~合格率70%の…
PAGE TOP