原子力発電所

時事ニュース

エネルギー危機にさいして、フランスとドイツはガスと電気を融通しあう予定。

2022年9月はじめにマクロン大統領が、この冬、ドイツと互いに足りないエネルギーを供給しあうと発表しました。

その計画を伝える2分のニュースクリップを紹介します。

タイトルは、Crise énergétique : vers des échanges de gaz et d’électricité entre la France et l’Allemagne ?(エネルギー危機:フランスとドイツの間で、ガスと電気を交換する方向へ?)



ガスと電気の交換

トランスクリプション

La France qui s’éclaire grâce à l’Allemagne. L’Allemagne qui se chauffe grâce à la France.

Voilà comment nous pourrions passer l’hiver, grâce à un échange donnant-donnant.

D’abord, nous fournirions du gaz à l’Allemagne en cas de besoin. Nos voisins en consomment beaucoup plus que nous pour faire fonctionner leur industrie : 85 milliards de mètres cubes par an pour l’Allemagne, 41 milliards environ pour la France, soit deux fois moins.

Surtout, notre pays est mieux fourni : des gazoducs venant d’Espagne mais aussi des ports méthaniers sur trois sites pour faire venir du gaz liquéfié contre zéro pour l’Allemagne. Nos stocks sont déjà pleins à 93 %.

Pour la première fois depuis très longtemps, la France est exportatrice de gaz vers l’est de l’Europe.

En échange, l’Allemagne nous fournirait du courant car la France est en manque d’électricité.

Une partie du parc nucléaire sera encore en maintenance à l’approche de l’hiver.

Et même si les 56 réacteurs fonctionnaient à plein régime, en cas de grand froid, nous aurions besoin d’électricité venant d’Allemagne car nous ne produisons pas assez.

En 2019, nous avions déjà dû importer pendant vingt-cinq jours.

Au contraire, l’Allemagne produit beaucoup grâce à l’éolien mais aussi au charbon. Cette centrale par exemple, mise à l’arrêt, va reprendre du service.

Bon, c’est assez usé. Par exemple ici, il va falloir qu’on change rapidement une pièce de cette machine.

Cette solidarité sert-elle à repousser la tentation de l’égoïsme en Europe ?

Éviter à tout prix le fiasco vécu lors des premières semaines du COVID, avec des pays détournant du matériel médical sur le tarmac des aéroports au sein même de l’Union européenne.

L’objectif de Vladimir Poutine, c’est de diviser les Européens. Soit, on la joue collectif et on réussira à surmonter cet hiver et les prochains hivers qui vont être difficiles aussi, soit on la joue solo et dans ce cas-là, on tombera un par un et il y aura un effet domino.

Aujourd’hui la Hongrie, membre de l’Union européenne, continue de faire cavalier seul et d’acheter du gaz auprès de la Russie.

☆トランスクリプトの引用元⇒7 jours sur la planète – Enseigner le français langue étrangère (FLE) avec l'actualité – Fiches pédagogiques gratuites

エネルギーを融通しあう・和訳

フランスはドイツのおかげでライトを灯す。ドイツはフランスのおかげで暖まる。

ウインウインの交換のおかげで、こんなふうに冬を乗り切れそうです。

まず、私たち(フランス)が、ドイツが必要な時にガスを供給します。ドイツは、産業を稼働させるため、フランスよりずっとガスを消費しています。ドイツは年に850億立法メートル、フランスはおよそ410億立方メートルで、ドイツの半分です。

特に、フランスは充分供給されています。スペインからのガスパイプラインがあるし、液化ガスを運ぶためのタンカーが入る港も3箇所にありますが、ドイツには1つもありません。

フランスのストックはすでに93%まであります。

- ずいぶん久しぶりに、フランスは東欧にガスを輸出します。

その代わり、ドイツはフランスに電力を供給します。フランスは電力が足りませんから。

冬が近づいているのに、原子力発電所の一部はまだメンテナンス中です。

仮に、56の原子炉がすべてフル稼働しても、厳しい冬になると、生産量が足りないので、ドイツから来る電力が必要になるでしょう

2019年、すでにフランスは25日間、電力を輸入したことがあります。

逆に、ドイツは風力発電だけでなく、石炭のおかげで、十分、発電しています。たとえば、今は停止しているこの発電所も、再び稼働します。

- まあ、かなり古くはなってますよ。たとえば、この箇所ですが、早く機械の部品を交換しなければなりません。

この連帯が、ヨーロッパにおける利己主義の誘惑を押しのけることに役立つでしょうか?

COVIDの最初の数週間に起きた、EU内の中心の飛行場のタールマックで、各国が医療設備を詐取した大失態をなんとか避けなければなりません。

- プーチンの目的はヨーロッパを分断することです。皆で協力しあって、この冬、そして今後数年続く難しい冬を乗り越えられるか、単独でやって、一国ずつ倒れて、ドミノ倒しになるか。

現在、EUのメンバーであるハンガリーは、単独で、ロシアからガスを買い続けています。

単語メモ

méthanier 液化天然ガス運搬船、LNG、タンカー méthane + pétrolier

détourner 横領する、流用する、横流しする

le tarmac タールマック(滑走路などに用いられるアスファルト系の凝固剤)、タールマックで舗装された駐機場、道路など

faire cavalier seul 単独行動を取る



ヨーロッパのエネルギー危機・関連動画

L’Union européenne cherche des solutions pour atténuer la crise énergétique (欧州連合は、エネルギー危機を弱めるための解決法を模索している)

2分20秒。

■関連記事もどうぞ

再生可能エネルギーって何ですか?

グリーンエネルギー(自然エネルギー)が環境にやさしいとは言えない話。

****

欧州でのエネルギー危機は、ロシアがガスをあまり送ってくれないのがおもな理由でしょうが、猛暑、日照り、乾燥の影響も大いにあるでしょうね。

乾燥しすぎて、ダムの水位がさがって発電できないとか、暑すぎて、原子炉を冷やすのに水がいっぱいいるとか。

イギリスもフランスも今年の夏はすごく暑かったですから。

というか、別に今年に限ったことではなく、エネルギーが余って余ってしょうがないなんて年はないから、エネルギーの供給については、前々からしっかり考えておくべきだったのでしょう。

電力の消費量は増え続けているので、フランス政府は国民や企業に省エネを求めています。

ウクライナで戦争が始まってから、西側諸国は、ロシアに経済制裁を始めましたが、効果がないのか、いっこうに戦争が終わるふしがありません。






新疆ウイグル自治区国連が中国政府のウイグル族への弾圧に関する報告書を発表。前のページ

ブリュッセル、あなたが好きよ:アンジェル(歌と訳詞)次のページブリュッセル

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」

関連記事

  1. ハリウッド

    時事ニュース

    勢いづく中国の映画産業、ハリウッドは中国市場を意識した映画作りへ

    Euronewsからビジネスのフランス語のニュースを1つご紹介します。…

  2. 兵士

    時事ニュース

    再軍備に向かう日本~安倍晋三の「国際平和支援法案」成立への動き

    安全保障体制の見直しをすすめている安倍晋三内閣で、日本の軍隊をより強力…

  3. 自己隔離中

    時事ニュース

    外出制限の中、あるフランス人家族はどんなふうに暮らしているか?

    COVID-19の感染拡大防止措置のため、フランスではきびしい外出制限…

  4. パリのノートルダム大聖堂

    時事ニュース

    パリのノートルダム大聖堂で大きな火事、発生。

    2019年4月15日の夕方6時50分ごろ(パリ時間)、パリのノートルダ…

  5. エアバスA380

    時事ニュース

    国際女性デー:エールフランスは女性乗務員だけでエアバスA380を運行

    きょう3月8日は国際女性デーです。今からおよそ110年前の19…

  6. チンパンジー

    時事ニュース

    ジェーン・グドールの蝋人形が、グレヴァン美術館に仲間入り。

    チンパンジーの研究で有名なイギリスの動物学者、ジェーン・グドール(19…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP