少女

フランス映画・テレビ

壁に気づくことに意義がある。『パリ20区、僕たちのクラス』の予告編(4)

パリ20区、僕たちのクラス』の予告編フランス語を学んでいます。今回はようやく最終回です。

この映画の原題は Entre les murs  直訳は「壁の間」です。この壁、学校の壁とも取れるし、生徒と先生のあいだの壁とも取れるし、移民が多い生徒とフランス社会の壁とも取れます。

予告編です。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Entre Les Murs – Bande Annonce
※映画の概要は初回の記事をごらんください⇒『パリ20区、僕たちのクラス』で接続法半過去を学ぶ:予告編のフランス語(1)



『パリ20区、僕たちのクラス』予告編のスクリプト

今回は1分30秒あたりから。

Si, il y a La République, le livre La République.
La République de Platon. Mais alors, quels genres de questions il pose, sur quel sujet ?
Sur tout. Sur l’amour, sur la religion sur Dieu, sur les gens, sur tout.
Ben, c’est très bien que t’aies lu ça.
Ouais, je sais. C’est pas un livre de “pétasse”, hein ?

はい。「国家」(共和国)です。国家の本です。
プラトンの「国家」ですね。この本ではいったいどんなトピックについてどんな質問をしていますか?
すべての質問です。愛や、神への信仰、人民についてとかみんな。
君が、この本を読んだなんて素晴らしいね。
ええ、この本は「pétasse」に関する本じゃないですし。

このシーンだけ見てるとよくわからないのですが、実は予告編でもすごく目立っているこの少女はエスメラルダといって、とても口の達者な女生徒です。

彼女は、先生たちが生徒の成績を決める会議に生徒代表として出席し(そういうシステムのようです)、この会議の内容をほかの生徒にばらします。

怒った先生は、きみは pétasse のような口の聞きようをする、と言ったのです。先生としては、きみは、人をアジテートするアバズレのような口を聞く、と言いたかったのです。しかし、この言葉はスラングで「売春婦」という意味があります。

そこで、エスメラルダは「先生は私のことを売春婦と言った」とみんなにいいふらします。会議で起きたことをほかの生徒にばらすのは、売春ではないのですが、まあ、そういうふうにとったのです。

映画ではこのフランソワ先生の発言が大きな波紋を呼びます。



『パリ20区、僕たちのクラス』予告編いろいろ

こちらは日本で公開されたときの予告編です。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒映画「パリ20区、僕たちのクラス」日本版予告編

日本市場むけの予告編を見るとよく思うのですが、いつも「感動を呼ぶ、さわやかな佳作」的な演出がしてありますよね?

そうしないと、お客さんが入らないのでしょうか。

こちらはアメリカの予告編。
英語版のタイトルは The Class 「教室」です。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒The Class (2008)

こちらはイギリスでの予告編です。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒The Class (Entre Les Murs) trailer

微妙に編集が違いますね。成績が6とか8とか言ってますが、フランスの評価は20点満点なので、これは半分もないわけです。

生徒たちはフランス語での日常会話は大丈夫。しかし、本に出てくるような接続法過去などは全くわからないし興味もありません。

自分のことを書かせてみれば、「私たちの人生ほどつまらないものはない」「文章に書くほどのものでもない」と希望のない作文が続々。日本の中学生はどんな感じでしょうか?

「壁」は自分がいるところから出ようとしないと気づきません。よって、壁を感じるというのは、ポジティブなことなんだと思います。

壁を取り去ることはできないかもしれませんが、乗り越えようとしたり、迂回したり、外の様子を伺ったり。壁の外に出たり、中に入ったり。いろいろやってみるところに、価値があるのではないでしょうか?

それでは、次回の映画の記事をお楽しみに。






ピックアップ記事

  1. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. かもめ

    フランス映画・テレビ

    『エール!』La famille Belier (最終回)~予告編のフランス語

    La Famille Bélierというフランス映画の予告編のスクリプ…

  2. 赤いバラ

    フランス映画・テレビ

    「殺意は薔薇の香り」後編~予告編のフランス語

    「殺意は薔薇の香り」というフランス映画のスクリプトの後編です。原題はA…

  3. 見知らぬ女

    フランス映画・テレビ

    『優雅なハリネズミ』(2)~映画の予告編のフランス語

    Le Hérisson ハリネズミ という映画の予告編のフランス語を…

  4. 音楽

    フランス映画・テレビ

    『エール!』La famille Belier (3)~予告編のフランス語

    フランス映画の予告編を使ってフランス語を勉強するシリーズ。今回はLa …

  5. 公園のベンチ

    フランス映画・テレビ

    『ずっとあなたを愛している』(前編)~予告編のフランス語

    「ずっとあなたを愛している」というフランス映画の予告編をご紹介します。…

  6. 古い鍵

    フランス映画・テレビ

    『サラの鍵』(1)~映画の予告編のフランス語

    Elle s'appelait Sarah (彼女はサラという名前だっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  2. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…
  3. フランス語で知るハロウインの由来。
  4. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  5. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  6. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  7. シャネルを物語る5つの色(後編)
  8. 猛暑をフランス語でなんと言う?
  9. 新学期に関する言葉:かわいいフランス語(128)
  10. [連絡]ご質問いただいた、めいさんへ

おすすめ記事いろいろ

  1. インディラの「最後のダンス(Derniere Danse)」…
  2. 混乱しがちな plus の発音:プリュとプリュスの使い分け
  3. 学校は終わった~シェイラ、歌と訳詞。
  4. 宗教に関係のある単語~かわいいフランス語教えます(106)
  5. フランス語の数字【第1回】~0(ゼロ)
  6. かわいいフランス語教えます~その34 店の名前
  7. カーネーションとサクラの花言葉をフランス語で説明しよう
  8. サイラ~ジョイス・ジョナサン 歌と訳詞。
  9. 悲しみの庭~ジョルジュ・ムスタキ、歌と訳詞
  10. 映画 Stella (ステラ) 予告編のフランス語 その1

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語のことわざ~目次 その2
  2. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  3. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  4. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  5. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  6. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  7. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  8. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  10. フランス語のことわざ~目次 その1

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 2018年フランス語日めくりカレンダー

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP