リール(フランス)

不思議の国のフランス

フランス北部の都市、リールを散策

「不思議の国のFrance」第52話の受講メモです。今回は、リール(Lille)というフランス北部の都市が舞台です。アガットがこの街出身(lirroise リロワーズ;リールの人 女性形)なので、案内してくれます。

「リール」と書くと、日本語では釣りに使う「リール」を思い浮かべると思いますが、これはreel(糸、ひも、テープ) という英語から来ています。

きょうのメニュー
●リールとは?
●3つのキーフレーズ
●リールの市庁舎の鐘楼



リールとは?

まずリールという街について簡単に説明しておきます。
リールはフランス北部の工業都市で、ベルギーとの国境の近くにあります。ノール県の県庁所在地、ノール=パ・ド・カレー県の首府。

こちらはリールを映像だけで紹介している動画です。3分あるのでちょっと長いのですが。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Lille France

2つある駅のそばに、主要な名所は集まっています。1分44秒のところに出てくる鐘楼がとても有名です(記事の後半で紹介します)。

リールはパリからTGVで1時間。リールはブリュッセルににも近いので(TGVで30分ほど)、ベルギー文化のの影響を受けています。またロンドンも近く、2時間もかかりません。

リールには、リール=フランドル駅とリール=ヨーロップ駅の2つの駅があります。駅が2つもあることから、国際的な都市だということがわかりますね。名古屋には名古屋駅しかありませんので。

パリ発のTGVはヨーロップ駅に止まります。上の動画に時々出てきた空港のロビーみたいな駅がヨーロップ駅です。TGVやユーロスターなどの高速で走る電車が止まります。駅の雰囲気もみょうにハイテクですね。

もう1つの駅の名前に「フランドル」とついているように、ここは元はといえば、11世紀にフランドルの伯爵が建てたお城が発展した街です。

その後、フランスの王様の領土になったり、ブルゴーニュの公爵の領土になったりし、15世紀にはスペイン領になりました。16世紀にまたフランドル領になり、17世紀にフランス領になり、そこからはずっとフランスの街です。

1914年から18年まではドイツに占領されていました。いろいろと地の利のある街なので、さまざまな国の領土になったのでしょうね。

ベルギーに近いため、リールではワインを飲む人よりベルギービールを飲む人が多いです。北部独特の言葉があり、全体的に早口のフランス語をしゃべるのだとか。アガットが早口なのもリール出身だからかもしれません。

シャルル・ド・ゴール大統領の生まれた場所で、ジュリアン・デュヴィヴィエ(映画監督)もリール出身です。

人口は22万人。日本ではさほど知名度がありませんが、かなりの都会と言えるかもしれません。まあ、都会と言っても人口はパリの10分の1です。

パリの人口は2011年の数字でおよそ225万人。ちなみに世界で1番人口が多い都市は東京であの狭い場所に3780万以上とダントツです。名古屋は228万人(2015年)。

日本もフランスも首都に人が集まりすぎていますね。

3つのキーフレーズ

パリからやってきました

Nous avons fait le voyage depuis Paris, donc c’est à une heure de TGV de paris.
私たちはパリからやってきました。パリからTGVで1時間です。

depuis  は「~から」。このように場所も表すことができます。時間の「~から」より場所の「~から」はピンと来にくい(個人的に)ので、取り上げました。

On l’entend depuis le perron.  玄関の階段から彼の声が聞こえる。

TGVは train à grande vitesse の頭文字をとった略称。フランスの新幹線です。詳しくは⇒L37 フランスの鉄道事情

高さは104メートル

Alors, nous sommes devant le Beffroi de l’Hôtel de Ville de Lille, il mesure cent-quatre mètres de haut et a été construit en 1932.
リール市庁舎の鐘楼の前にいます。鐘楼の高さは104メートルです。1932年に建設されました。

beffroi は市庁舎や教会の塔、鐘楼、物見やぐら。

このあたりは「ベルギーとフランスの鐘楼群 Belfries of Belgium and France;Beffrois de Belgique et de France」と呼ばれ、ユネスコの世界遺産に指定されています。全部で56の鐘楼が登録されているそうです。

この文のポイントは mesurer で、ここでは自動詞として使われています。mesurer + 数量表現 で「~の寸法(容量)がある」、という意味です。

Cette bouteille mesure un litre.  この瓶は1リットル入る。

他動詞として使うと「測る」という意味です。
On mesure le poids en kilos.  重量はキロで測る。

「今」という意味のici

リールの鐘楼の下のほう
Il a été construit après la destruction de l’Hôtel de Ville pendant la première guerre mondiale et voilà il a tenu, après jusqu’ici.
これ(鐘楼)は第1時世界大戦中、市庁舎が破壊されたあとに再建されました。その後はごらんのとおり、今に至るまで無事に立っています。

ポイントは「今」という意味で使われる ici 。単体では使われず、前置詞とともに表れます。

D’ici là, on a le temps de réfléchir. 今からそれまで考える時間の余裕がある。d’ici là ここからそこまで;今からその時まで

Tout a bien marché jusqu’ici.  ここまではうまく行きました。

日本語でも、時間を表す意味で、「ここまで」といいますから、同じですね。



リールの市庁舎の鐘楼

最後に、鐘楼の解説をしている短い動画(英語)を紹介します。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Lille, France Travel Guide – Town Hall of Lille

たぶんリールは駅のそば以外にはそんなに高層ビルもないと思うので、道に迷ったら、この塔めがけて歩けばいいでしょうね。

実はベルギーにもリールという街があります。こちらのスペルはLier。 ベルギーダイヤモンドの研磨で有名な場所です。

この続きはこちら⇒リール名物フリカデル。中身の肉の正体は?

フランスダイレクトスクールはいつでも無料体験ができます。私の感想はこちらに書いています⇒「フランス語脳プロジェクト」で自分の才能を見つける

「不思議の国のFrance」の記事をもっと読みたい方はこちらから:
動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次

『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2






ピックアップ記事

  1. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. エッフェル塔

    不思議の国のフランス

    エッフェル塔の説明を聞いて単純過去に親しむ

    アガットのパリ案内、2日目(第40話)はエッフェル塔、ブーローニュの森…

  2. ブーローニュの森

    不思議の国のフランス

    ブーローニュの森とパリ植物園。憩いの場所だがフランス語で説明すると疲れる場所

    アガットが案内するパリ。今回は、ブーローニュの森と、パリ植物園です。…

  3. 目黒公園のサクラ

    不思議の国のフランス

    フランス人と日本人の「花の楽しみ方」の違いとは?

    フランスダイレクトスクールの動画教材『不思議の国のFrance』第20…

  4. チーズ屋さん

    不思議の国のフランス

    前未来(ぜんみらい)という時制はどんな時に使うか。

    「不思議の国のフランス」第59話の受講メモです。59話でこのシリーズは…

  5. タイプライター

    不思議の国のフランス

    性数一致がややこしすぎる tout とその仲間のまとめ

    フランスダイレクトスクールの動画教材、「不思議の国のFrance」第4…

  6. アレックス

    不思議の国のフランス

    WordPress(ブログ)を乗っ取られたときフランス語でどう言うか

    毎週土曜日に配信されるフランスダイレクトスクールの動画教材、『不思議の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. ルノーの電気自動車、ZOE(ゾエ):CMのフランス語
  2. イスラム教徒が断食する月、ラマダン(ラマダーン)とは?
  3. ローマ数字の復習。1から100まで読めるようになろう。
  4. ダリダの Le temps des fleurs (花の時代…
  5. フランス人は働くことが好きなのでしょうか?
  6. シリアのドゥーマで何が起こったのか?
  7. 13日の金曜日の迷信、あなたは信じますか?
  8. 動物の名前:かわいいフランス語教えます(125)
  9. Dommage (ドマージュ):ビッグフロー・エ・オリー、歌…
  10. ペッパ・ピッグで学ぶフランス語2:春(エッグハント)の巻、前…

おすすめ記事いろいろ

  1. もう読んだ?「星の王子さま」出版70周年
  2. フランスで人気の女の子の名前ベスト20(2015年版)~かわ…
  3. 『サラの鍵』(1)~映画の予告編のフランス語
  4. まぎらわしい集合名詞と動詞の一致(単数か複数か)を整理してみ…
  5. フランス語で読み聞かせ~『がっけんのおはなしえほん』で1周年…
  6. カラスとキツネ(タイトルのフランス語:第7回)
  7. ココ・シャネル~かけがえのない人間になる方法とは?(名言その…
  8. 歌:グリーン・ウォッシング – Tryo(トリヨ…
  9. フランス語のことわざ56~似た者は集まる(類は友を呼ぶ)
  10. 船長が2人いると船は転覆する(船頭多くして船、山へのぼる):…

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語のことわざ~目次 その2
  2. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  3. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  4. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  5. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  6. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  7. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  8. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  9. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  10. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 2018年フランス語日めくりカレンダー

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. サンセット

    フレンチポップスの訳詞

    『涙のくちづけ』(シールド・ウイズ・ア・キス)のフランス語版:歌と訳詞
  2. ポッドキャストを聞くpen

    フランス語入門日記

    ポッドキャストで書き取りの練習を始めた頃~入門日記第17回
  3. 女の子

    時事ニュース

    中国の一人っ子政策廃止へ(フランス語のニュース)
  4. パリ

    虎と小鳥のフランス日記

    ファッション・ウィークその1~虎と小鳥のフランス日記 第123話
  5. 枯葉

    百合のFranceウォッチング

    歌と訳詞:プレヴェールに捧ぐ~セルジュ・ゲンズブール 後編
PAGE TOP