夜の空

フレンチポップスの訳詞

フランシス・カブレル『死ぬほど愛する』歌と訳詞

フランシス・カブレル 彼女を死ぬほど愛している Je l’aime à mourir という曲をご紹介します。バレンタインデーの頃になるとよくラジオでかかるシンプルできれいな愛の歌です。邦題は『死ぬほど愛する』のようなので、記事のタイトルはそうしました。

でも、なんかあまりいい邦題だとは思いません。「愛している」のほうが、個人的にはしっくりきます。

フランシス・カブレル(1953生)はフランスを代表するシンガー・ソングライターです。



Je l’aime à mourir 彼女を死ぬほど愛している

1979年のカブレルです。

それでは、訳詞に挑戦!

☆Moi je n’étais rien
Mais voilà qu’aujourd’hui
Je suis le gardien
Du sommeil de ses nuits
Je l’aime à mourir

Vous pouvez détruire
Tout ce qu’il vous plaira
Elle n’aura qu’à ouvrir
L’espace de ses bras
Pour tout reconstruire (bis)
Je l’aime à mourir

僕は、以前は何者でもなかった
でも今は
彼女の夜の眠りを見守る役さ
彼女を死ぬほど愛している

世間は壊すことができる
壊したいものなら何でも
でも彼女が腕を広げてくれるだけで
すべて元通りになるんだ
すべて元通りになるんだ
彼女を死ぬほど愛している☆

彼女は数字を消したんだ
この街の時計のね
彼女は僕の人生を
折り紙の鳥にした
はじける笑いがあふれるものに
彼女は橋をかけた
僕たちと空のあいだに
僕たちはその橋を渡る
彼女が眠りたくない夜はいつも
彼女が眠りたくない夜はいつも
彼女を死ぬほど愛している

★彼女はずいぶん戦ったに違いない
今、こんなに強くいられるために
彼女はずいぶん戦ったに違いない
人生の、そして愛の戦いを★

彼女はせいいっぱい人生を生きている
オパール色の夢を
彼女は踊っている
自分で描いた森の中で
彼女を死ぬほど愛している

彼女はリボンをつけている
それを風にたなびかせて
よく僕に歌を歌ってくれる
僕がその歌を覚えようとするのは
覚えようとするのは
見当違いなんだ
彼女を死ぬほど愛している

屋根の下に隠れている
彼女の洞穴まで登って入るには
僕は、自分の木靴に
合図を打たなければならない
彼女を死ぬほど愛している
僕はただそこに座って
何も話さず
何も求めず
ただ彼女のものになるように
ただ彼女のものになるように
望むだけでいいんだ

★~★ 繰り返し
☆~☆ 繰り返し

歌詞はこちらを参照しました⇒Je l'aime à mourir

単語、表現メモ

plaira (plaire) 気に入る
comme il vous plaira お好きなように

gommer 消しゴムで消す

cocottes en papier 折り紙の鳥、または折り紙全般
フランスの子どもなら誰でも折れる鳥だそうです。

折り紙の鳥

画像はこちらからお借りしました。
Comment faire une cocotte en papier ? – [node:vocab:3:term] – utile.fr

grotte 洞穴、洞窟

toit 屋根

Elle me chante souvent
Que j’ai tort d’essayer
De les retenir

直訳: 彼女はしばしば僕に歌を歌う、その歌を私が記憶にとどめようとするのは間違っている。

Pour monter dans sa grotte
Cachée sous les toits

直訳:彼女の洞穴に登って入るために、(その洞穴は)屋根の下に隠されている

この洞穴は屋根の下にあるので、monter(登る)して入ります。

clouer des notes
note は ノート、メモ、控え、伝票、通達文書といろいろ意味があります。ここは des notes と複数になっているので 音符 のような気がします。

音符をサボに鋲でとめるのですが、「洞穴に行きたい」という合図なんだろうと思って、訳ではどうとでもとれる「合図」にしておきました。もしかしたら、サボをコンコンとたたいて、合図するのかも?



歌詞つきの動画

一緒に歌い方はこちらをご利用ください。

この曲は1979年、カブレルのセカンド・アルバム Les Chemins de traverse に収録され、シングルカットされたもの。アルバムもこの曲も大変ヒットしました。

時代を感じさせるカバーです。

カブレルの曲はこちらでも紹介しています。
フランシス・カブレル Octobre (10月):歌と訳詞。美しすぎる秋の歌

フランス語の暦 土曜日はフランス語で?
Samedi soir sur la terre 訳詞はしておりません。

カブレルは詩人なので、歌詞を訳すのは難しいです。それでも、この曲はまだ簡単なほうでしょうか。

言葉はおうおうにして、韻を踏むためと、その言葉が与えるイメージによって選ばれていると思います。

「僕の人生を折り紙の鳥にした」と聞いて、フランス人が何をイメージするのか、またイメージしないのか、私には計り知ることができません。

子どもの頃のことを思い出すのかもしれませんね。






バラ私が愛する2つのもの:名言(20)バレンタインにおすすめ前のページ

ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)次のページオードリー・ヘップバーンの傘

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。

関連記事

  1. 海岸

    フレンチポップスの訳詞

    夏の終わりにしんみり聴きたいラ・マドラグ~ブリジット・バルドー:歌と訳詞

    ブリジット・バルドーが夏の終わりを歌った曲、マドラグをご紹介します。バ…

  2. モンマルトル

    フレンチポップスの訳詞

    Je veux (私の欲しいもの)~Zaz (ザーズ)の歌と訳詞

    フランスのシンガー、Zazのデビュー曲の Je veux をご紹介しま…

  3. 緑の葉

    フレンチポップスの訳詞

    エルトン・ジョンの「僕の歌は君の歌」のフランス語版(歌と訳詞)

    私の大好きな曲のフランス語のカバーをご紹介します。エルトン・ジ…

  4. 4人の若い女性

    フレンチポップスの訳詞

    Les filles d’aujourd’hui(今どきの女の子たち):ジョ…

    フランスのシンガーソングライター、ジョイス・ジョナサンの、Les fi…

  5. バラの花

    フレンチポップスの訳詞

    あまい囁き(Parole parole)、ダリダとアラン・ドロン(歌と訳詞)

    フレンチ・ポップスでフランス語になじむシリーズ、今回は懐メロです。…

  6. オレンジ色の花

    フレンチポップスの訳詞

    ダリダの Le temps des fleurs (花の時代):歌と訳詞

    メアリー・ホプキン(Mary Hopkin)の1968年の大ヒット曲、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. どうやったらもっとゴミを減らせるか?
  2. アイスクリーム、大好き:ペッパ・ピッグで学ぶフランス語(4)…
  3. 凱旋門(がいせんもん)から見たパリ
  4. イチゴのグラニテの作り方:フランスのお菓子42
  5. 日焼け止めの上手な選び方。
  6. フランスで有給休暇ができたのはいつ?
  7. ギャンゲットへのいざない。
  8. フレンチ・ポップスを訳している記事のまとめ、その6
  9. Entre ses bras (腕の中で)セシル・コルベルと…
  10. ノルマンディーのカマンベールチーズができるまで。

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 日めくりとpen

アーカイブ

PAGE TOP