samedi

フランスの暦、年中行事

土曜日はサバトの日:フランス語の暦(16)

フランス語をそんなに知らなくてもとっつきやすい初心者シリーズ、編。今回は「土曜日」という単語を紹介します。



土曜日:samedi

語源 はラテン語の« Sambati dies »で、これは« le jour de sabbatum »「sabbatumの日」という意味です。sabbatumとは現在のsabbat(フランス語の発音はサバ)で「安息日、サバト」です。

安息日は、ユダヤ教やキリスト教で、仕事を休んで礼拝を行う聖なる日。

ユダヤ教では金曜日の日没から土曜日の日没まで、神が6日間の創造という仕事を完了して、7日目に休んだことにちなんで土曜日が安息日。これは旧約聖書の「創世記」に書かれています。

キリスト教では、イエスが復活した日曜日が安息日です。

英語のSaturdayは、ローマ神話の農耕の神さま、サトゥルヌスの日です。フランス語のsamedi を 英語のSunday(日曜日)と混乱する方がいるので注意してください。

発音はこちら 

samediの例文

Le samedi est le sixième jour de la semaine. Il vient après le vendredi et avant le dimanche.
土曜日は一週間の六番目の日です。金曜のあと、日曜の前に来ます。

Nous irons au cinéma samedi après-midi.
私達は土曜の午後、映画に行きます。

Je viendrai samedi. 土曜にまた来ます。

samedi saint 聖土曜日(復活祭Pâquesの前日)

être né un samedi  怠け者である (イディオム、口語表現)



Samedi soir sur la terre フランシス・カブレル(Francis Cabrel)

samediがタイトルにはいっている曲をご紹介します。

フランシス・カブレルの1994年の曲です。
6分37秒

「土曜日の夜、この世界のどこかで恋人たちがめぐりあう、どこにでもあるありふれた話なんだ」と歌っています。
samediが出てくる箇所:

C´est une histoire d´enfant
Une histoire ordinaire
On est tout simplement, simplement
Un samedi soir sur la terre
Un samedi soir sur la terre

それは子どものころの話
ごく普通の物語
すべてはごく単純なこと
土曜の夜、この世界のどこかで
土曜の夜、この世界のどこかで

歌詞はこちら⇒Francis Cabrel – Samedi Soir Sur La Terre lyrics | LyricsMode.com

この曲は、octobre という歌が入っているアルバムに入っており、アルバムタイトル曲です。
octobre ⇒フランシス・カブレル Octobre (10月):歌と訳詞。美しすぎる秋の歌

1週間で1番好きな日を尋ねられたら、昔は、翌日が休みの土曜日をあげる人が多かったと思います。私が子どものころは、土曜日は半ドンと呼ばれる、学校が午前中だけの楽しい日でした。

学校が終わると、自宅で母が作ったお好み焼きをよく昼食に食べていました。私は今の子どもたちのようにお稽古事で忙しくはなかったので、昼ごはんのあとはまるまる自由時間。

よくラジオを聴いてましたね。FM愛知で、午後1時ぐらいから歌謡曲のベスト10、そのあと洋楽のベスト10を聴き、さらに民放でまた音楽を聴いておりました。

たいてい、寝転がって部屋の窓から見える柿の木をぼーっと眺めながら聴いていたものです。

たまに図鑑にある鳥の絵をまねて紙に描いたりしてのんびりと過ごしていました。

まだ週中ですが、なんだかいきなり週末の気分になりました。

この続きはこちら⇒日曜日はドミニカの日:フランス語の暦(17)

このシリーズを最初から読む方はこちらから⇒春(季節の単語)~フランス語の暦(1)

☆こちらでもフランシス・カブレルの曲を紹介しています。
歌と訳詞:フランシス・カブレル『死ぬほど愛する』

冬(季節の単語)~フランス語の暦(4) C’était l’hiver (それは冬だった)という曲を紹介。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. キューピッド

    フランスの暦、年中行事

    バレンタインデーとその神秘~その2

    先週に引き続き、フランスのWebマガジンにのっている、バレンタインデー…

  2. リンゴの花

    フランスの暦、年中行事

    『春は歌うよ』クロード・フランソワ 、歌と訳詞その2(終)

    先週からクロード・フランソワ(1939年-1978年)の春の喜びを歌っ…

  3. 不気味な写真

    フランス語の語彙

    ハロウィンにまつわる単語 その4(終)

    10月の週末はハロウィンに関連する単語をご紹介しています。前回は魔女、…

  4. new year pen

    フランスの暦、年中行事

    フランス人の大晦日とお正月の過ごし方。

    フランスでは大晦日から新年にかけて何をするのでしょうか?Fre…

  5. イースターエッグ

    フランスの暦、年中行事

    イースターに卵の形をしたチョコレートを食べる理由~後編

    イースター(復活祭)に卵型のチョコレートを食べる由来を書いた記事の和訳…

  6. テディベアのカップル

    フランス語の語彙

    バレンタインデーのフランス語その1~かわいい愛の詩

    きょうから週末はバレンタインデーにちなんだフランス語について書いていき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 12月6日は聖ニコラ(聖ニコラウス)の日。この人はいったい誰…
  2. ジンジャーマンクッキー(パンデピス)の作り方:フランスのお菓…
  3. 12月1日は世界エイズデー。AIDSに関する理解を深めよう。…
  4. フランスのあいさつ、ビズはどうやるのか?
  5. ディリリとパリの時間旅行:予告編のフランス語。
  6. なぜボジョレー・ヌーヴォーは人気があるのか?
  7. 11月19日は世界トイレの日。
  8. 月の花:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  9. 1918年の11月11日に起きたこと。
  10. サンジェルマン・デ・プレの歴史と名所

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス語を始めて三ヶ月ごろ~入門日記第15回
  2. 動詞être:「まいにちフランス語」5:初級編L13-15
  3. L38 フランスの地方都市
  4. フランスの猛暑(2019年6月)のニュース
  5. 学校からでてきたら:ジャック・プレヴェールの詩を読んでみた
  6. 歌と訳詞:アリゼ Fifty-Sixty ウォーホルのミュー…
  7. 10月から12月の言い方~フランスの暦(9)
  8. 文学や小説に関する言葉:かわいいフランス語教えます(120)…
  9. フランス語で学ぶチョコレートの歴史
  10. L15 フランス人が待ち合わせに使う噴水

おすすめのまとめ記事

  1. ニュースの記事のまとめ(2)
  2. フランス語の名言の記事の目次
  3. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  4. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  5. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  6. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  7. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  8. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  9. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  10. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP