カレンダー

暦、年中行事

フランスには国民の祝日が何日あるか? 祝祭日のまとめ。

長期の休みが多いフランスですが、国民の祝日(jours fériés)にはどんなのがあるでしょうか?

フランスの祝日を説明している子ども新聞の記事を紹介します。



フランスの祝日は何日?

明日、きみたちの両親は仕事に行かないし、ほとんどの店が閉まります。明日は諸聖人の祝日(Toussaint)だからです。

諸聖人の祝日は、キリストの祝日に関連のある祝日です。フランスには、何日祝日があるでしょうか?

■なぜこの話題なの? Pourquoi en parle-t-on ?

4月1日月曜日は祝日だからです。学校は休みです。お店の大部分もそうです。イースターマンデーという宗教的な祝日です。

万聖節についてはこちらを見てください⇒『諸聖人の祝日』(ラ・トゥーサン)の起源とは?

きょうのニュース L’@ctu du jour

フランスには11の祝日があります。ですが、数年前は12日ありました。

2004年6月30日の法律により、ペンテコステ(le lundi de pentecôte 聖霊降臨の主日)が廃止されました。

祝日が廃止されたのは、これがはじめてではありません。1961年から1965年のあいだ、5月8日は祝日ではありませんでした。

キリスト教に関係のある祝日:6個

まず、キリスト教に関係のある祝日があります。6つの祝日が、キリストの生涯において、大切な時を祝っています。

Noël (クリスマス) 12月25日。キリストの誕生⇒フランス人はどんなふうにクリスマスを過ごすの?

Pâques (イースター) 移動祝祭日。キリストの復活⇒なぜイースターにウサギが出てくるのか?

L’Ascension (キリスト昇天祭)イースターから40日目の木曜日。キリストが弟子の前に最後に姿を見せたとき。復活から40日目。

L’Assomption (聖母の被昇天) 8月15日。マリア様が昇天した日。

La Toussaint  (諸聖人の祝日)11月1日。すべての聖人を祝う日⇒検索 諸聖人 『諸聖人の祝日』(ラ・トゥーサン)の起源とは?

キリスト教に関係のない祝日

一方で、5日の祝日は宗教に関係ありません。

Le 1er janvier nouvel an 元旦 1月1日 (1810年に制定)⇒フランス人の大晦日とお正月の過ごし方。

Le 11 novembre 11月11日 1918年の第一次世界大戦の休戦協定を記念した日。(1922年に制定)⇒アルミスティス(第一次世界大戦休戦記念日)とは?

Le 1er mai 5月1日 le fête du travail メーデー (1948年に制定)⇒5月1日、メーデー(労動祭)の由来は何?

Le 8 mai 5月8日 第二次世界大戦の勝利を記念した日⇒5月8日、ヨーロッパ戦勝記念日(VEデー)の起源とは?

Le 14 juillet 7月14日 革命記念日⇒パリ祭(フランスの革命記念日)とは?どんなふうにお祝いするの?

きょうの単語:férié

férié という言葉はラテン語の feriatus (意味は fêter ~を祝う, chômer 休業する)から来ています。

休業しているときは、働きませんね。だから祝祭日は働かない日なのです。学校、役所、大部分の商業施設も閉まります。

元記事 → https://www.1jour1actu.com/france/11_jours_fris_en_france/(☆ページが削除されたか移動したようで、リンク切れになるので、リンクをはずしました。2019/03/18)

フランスの祝日を知るための関連動画

1jour1questionの動画です。1分40秒。

最後に出てくる pont(橋)は連休にするための橋です。

faire le pont で、休日に挟まれた平日を休みにする、飛び石連休をつないで休む、という意味になります。



休みではないがお祝いする日

この他に、エピファニー、マルディグラ、バレンタインデー、ハロウィン(これはもともとアメリカの祭り)など、公休の祝日ではないけれど、お祝いする日があるのは日本と同じです。

エピファニー⇒エピファニー(公現祭)とはどんな意味?

シャンドルール⇒シャンドルールの起源~なぜクレープを食べるの?クレープの作り方つき

バレンタインデー⇒バレンタインデーの歴史とフランスの愛の日の事情

マルディグラ⇒マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方。

4月の魚⇒4月の魚(フランスのエイプリルフール)の起源

ラマダーン⇒ラマダーンとは?

聖パトリックの日⇒セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。緑色のものがラッキーアイテム。

ハロウィン⇒お菓子と仮装が好きな人のためのお祭り、ハロウィンの起源とは?

また、◯◯の日、というのもあります。

母の日⇒フランスの母の日は、5月の最終日曜日。こんな経緯で生まれました。

祖母の日⇒祖母の日はいつで、どんなことをするのでしょうか?

父の日⇒フランスの父の日の由来とよくある贈り物

音楽祭の日⇒フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源

スズランの日⇒スズランの日の起源~5月1日はスズランを贈って幸せを願う

****

今回はフランスの国民の祝日を紹介しました。

2018年のイースターは4月1日です。なんと、4月の魚(エープリールフールの日)と同じですね。






教室スワッガー(Swagger):予告編のフランス語前のページ

ビットコイン入門。仮想通貨について何も知らない人のための記事。次のページ仮想通貨

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. キャンディケーン

    フランス語の語彙

    クリスマスの単語 その6~キャンディ・ケーン

    きょうは3歳から10歳の子どもむけの読み物が集めてあるサイト、Il é…

  2. アスプルモン

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」vol.1 第1話~第25話

    「虎と小鳥のフランス日記」の各エピソードの3つのキーフレーズを書いた記…

  3. 自然

    暦、年中行事

    ジャン・フェラ「季節」:歌と訳詞。季節の単語の復習をしよう

    フランス語の暦に関連する単語を学んでいます。先週までで四季…

  4. pen ギター

    フレンチポップスの訳詞

    歌の訳詞を書いている記事の目次~その3

    フレンチポップスの動画とその訳詞をご紹介している記事の目次、その3です…

  5. オードリー・ヘップバーンの傘

    ファッション

    ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)

    フランスのファッショントレンド、モード、おしゃれに関する記事のまとめ、…

  6. 4月の魚

    暦、年中行事

    フランスに4月の魚(エイプリルフール)の習慣が生まれた経緯

    4月1日は、エイプリルフール。フランスでは、Le Poisso…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP