凱旋門

フランスの暦、年中行事

5月8日、ヨーロッパ戦勝記念日(VEデー)の起源とは?

5月8日は、フランスでは、Fête de la Victoire(直訳:勝利の記念日)という祝日です。

何の勝利か?

第二次世界大戦で、連合国がドイツに勝利した日です。よってヨーロッパ諸国にはこの日が祝日になっている国が多いです。

英語圏では、Victory in Europe Day、略してVEデーと呼ばれています。日本語ではヨーロッパ戦勝記念日です。

この日の起源を説明しているFrenchPod101の動画と和訳を紹介します。

フランス語学習者向けの動画なので、文章はやさしく発話もゆっくりです。フランス語の字幕つきです。



ヨーロッパ戦勝記念日とは?

3分37秒。

皆さん、こんにちは。イングリッドです。

フランスのヴィクトリーデー(ヨーロッパ戦勝記念日)をご存知ですか?

フランス国民にとって、とても重要なできごとである、連合国がドイツのナチに勝利し、第二次世界大戦が終わったことを記念する日です。

この日は祝日で5月8日です。

このレッスンでは、なぜ、またどのように、フランス人がビクトリーデーを祝うのか学びます。

[クイズタイム]

Savez-vous ce que représente la tombe du Soldat inconnu, qui a été installée sous l’Arc de Triomphe à Paris ?

パリの凱旋門のふもとにある無名戦士の墓が何を代表しているか知っていますか?

動画の最後に答えをお教えします。

1940年から6年間パリは占領された

1939年、フランスはドイツに戦線布告をしますが、参戦はしませんでした。ドイツはポーランドを打ちのめし、1940年10月10日にフランスを侵略し、6月14日、パリは占領されました。

この降伏はフランス人にとって、大きな心の傷となり、ペタン元帥は救世主であるかのように見えました。彼は、ピエール・ラヴァルを閣議の副首相に任命しました。彼らはヴィシー政権を設立しました。

7月11日、新しい憲法が発令されましたが、それはフランス共和国の死を意味したのです。

1945年、ドイツが降伏

1945年5月7日、ドイツの降伏文書が、ランスで調印されました。5月8日の午後3時、すべての教会の鐘が鳴らされ、戦争が終わったことを知らせました。同時にシャルル・ド・ゴール将軍が終戦を告知しました。

人々は喜びにわきました。

5月8日の午後と5月9日は特別な祝日となり、人々は街に繰り出し、ラ・マルセイエーズや愛国的な歌を歌い始めました。

ヴィクトリーデーの変遷

その後フランスにおいて、1953年に、5月8日が記念日として祝日に制定されました。

シャルル・ド・ゴール首相は、1959年4月11日に法律でこの日を祝日にすることをやめました。

ジスカール・デスタン大統領は、ドイツと和解する戦略のため、連合国の勝利を祝うことをやめました。

フランソワ・ミッテラン大統領の要請で、1981年に、またこの日が祝日になりました。毎年5月8日、フランスの大統領は、軍隊と一緒にシャンゼリゼに赴き、無名兵士の墓に花輪を捧げ、追悼の意を表します。

[ファンファクト]

フランスの映画監督は、第二次世界大戦がテーマの映画を20作品以上作っています。

最も最近の映画は、Elle s’appelait Sarah (サラの鍵)です。アメリカのジャーナリストが、1942年に強制収容所に入れられたユダヤ人の少女の行方を探す物語です。

では、冒頭のクイズの答えをお教えします。

パリの凱旋門のふもとにある無名戦士の墓が何を代表しているか知っていますか?

無名戦士の墓は、身元のわからなかった兵士が埋葬されています。戦死したすべての兵士の象徴です。

このレッスンはどうでしたか? 何かおもしろいことを学びましたか?あなたの国では、第二次世界大戦の終結を記念する日はありますか?

FrenchPod101.comにコメントを残してください。

単語メモ

Alliés  連合国

défaite  敗戦、敗北

anéanti ←anéantir  消滅させる、全滅させる

capitulation 降伏

radiophonique  ラジオ放送の

entonner  歌い出す

supprimer  ~を取り除く、廃止する

décret  デクレ、行政権力による文書化された命令、決定

réconciliation  和解

raviver  再び勢いづける、復活させる

déporté  強制収容所に監禁された

こちらでもヨーロッパ戦勝記念日について書いています⇒5月8日はヨーロッパの終戦記念日

その他の5月の祝日

この日は1953年に祝日に制定されましたが、その後、日にちが移動したり、祝日ではなくなったり、何度か変更があります。動画の後半で説明しているのはそうした内容です。

日付を変えたのは、5月はほかにもたくさん祝祭日があるからかもしれません。

5月1日はメーデー Fête di travail ⇒5月1日、メーデー(労動祭)の由来は何?

5月8日はヨーロッパ戦勝記念日

この2つは毎年日付が決まっています。これに加えて、キリスト教関連の祝日があります。これらは復活祭から数えて決められるのその年によって違います(移動祝祭日)。

復活祭について⇒イースター(復活祭)に卵を使う風習はどのようにして生まれたのか?(1分で説明)

フランスの祝祭日⇒フランスには祝日が何日あるか? 祝祭日のまとめ。

キリスト昇天祭 Jeudi de l’Ascension 復活祭から40日後(復活祭から数えて6つ目のあとの木曜日) 2019年は5月30日

聖霊降臨の主日(ペンテコステ)Pentecôte 復活祭から7番目の日曜日。2017年は6月9日

今年はイースターが遅かったので、昇天祭もペンテコステも遅いですが、両方とも5月になることが多いです。

また、5月の最終日曜日は母の日(ペンテコステと重なるとずれます)ですし、祝日ではないのですが、5月の第二日曜はジャンヌ・ダルク祭で、オルレアンでは大々的な行事があります。

飛び石連休になると、フランス人は間の平日に休みをとり、長い連休にします。これを faire le pont (直訳:橋をかける)と表現します。

戦後は、戦争に勝ったことをお祝いするのは、なんだか変だよね、といった考えもあったので、祝日にするのはやめよう、といった考えもあったのでしょう。勝っても負けても多大な犠牲が払われているのですから。

そんなこんなで、休日になったり、取りやめになったりしていましたが、取りやめるたびに、退役軍人が強く抗議をし、結局、今は祝日です。動画で言っていたように、毎年5月8日に、フランス共和国の大統領が、無名戦士の墓に花輪を備えています。



ドイツは降伏文書に2回調印した

実は、ドイツは降伏文書に2回署名しています。

4月30日にヒトラーは自殺。遺書で、後任にカール・デ=ニッツという海軍司令官を使命。大統領となったデーニッツから命を受けたヨードルとフリーデブルクいう軍人が、5月7日に戦場(ランス)にて降伏文書に調印しました。

しかし、連合国側は批准文書も必要だ、調印はカイテル元帥(ドイツ国防軍最高司令部長官)がすべきだと考え、翌日の5月8日、カールスホルスト(ドイツのベルリン郊外)で、カイテル元帥らが降伏文書に調印しました。

1回目の文書の停戦発効時間は5月8日午後11時1分。2回めの文書に各国の代表が調印したときは、もう停戦していました。

この時、モスクワ時間では5月9日午前2時過ぎだったので、ロシア(昔はソビエト連邦)では5月9日を戦勝記念日にしており、毎年大々的な式典があります。

2回めの調印をした場所は、ソ連軍の司令部だったところで、今は博物館になっています。

「サラの鍵」という映画については過去に記事にしています⇒『サラの鍵』(1)~映画の予告編のフランス語

こちらの映画にも、ナチの占領時代の子どもたちの話が出てきます⇒学級崩壊したクラスに赴任した歴史の先生はどうしたか?:Les Heritiersの予告編のフランス語(前編)

日本も5月はたくさん祝日がありますが、戦争のことを考える人はいませんね。

日本はドイツが降伏したあとも、戦争を続け、結局8月14日にポツダム宣言を受諾。8月15日に昭和天皇が、玉音放送にて日本が負けたことを国民に伝えました。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. フランス料理

    フランスの暦、年中行事

    美食の祭典(フェット・ド・ラ・ガストロノミー)とは?

    毎年、秋分の日の週末にフランスでは、Fête de la Gastro…

  2. 火曜日

    フランスの暦、年中行事

    火曜日はマルスの日:フランス語の暦(12)

    フランス語の初心者でも楽しく読める、フランス語の暦シリーズ、今回は火曜…

  3. 凱旋門

    フランスの暦、年中行事

    アルミスティス(第一次世界大戦休戦記念日)とは?

    フランスでは11月11日は Armistice(アルミスティス)という…

  4. 魔女ペン
  5. 母の日

    フランスの暦、年中行事

    この世でもっとも大変な仕事とは?~その3(終)

    こんにちは。penです。きょう5月25日、フランスでは「母の日…

  6. ハロウィン

    時事ニュース

    ハロウィンの仮装用、ニセの血の作り方。意外な材料を使います

    10月31日はハロウィンですね。仮装する人のために、うその血、ニセの血…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 1918年の11月11日に起きたこと。
  2. サンジェルマン・デ・プレの歴史と名所
  3. いろいろな箱やケース:かわいいフランス語教えます(140)
  4. ハロウィンって何ですか?(子供むけの簡単な説明)
  5. 夏時間と冬時間。年に2度の時間の変更は、意味があるのか、ない…
  6. ヴェルサイユ宮殿って何ですか?
  7. マリー・アントワネット、世界のイコン
  8. 2019年のノーベル文学賞発表、2人の受賞者が象徴するもの。…
  9. パリのボン・マルシェ百貨店の歴史 (後編)
  10. 男と女 人生最良の日々(2019):予告編のフランス語

おすすめ記事いろいろ

  1. 名詞構文と名詞化のコツ~仏作文力養成講座第5回 後半
  2. Dansons la capucine parフランス語をし…
  3. フランス語の数字【第11回】~10(ディス)
  4. 劇場に関する単語~かわいいフランス語教えます(98)
  5. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  6. おしゃまな初恋:フランス・ギャル~歌と訳詞、フランス・ギャル…
  7. 『最強のふたり』(1): 出会うはずのない2人が出会った
  8. 手書きは消滅してしまうのでしょうか?
  9. 「まいにちフランス語」6:初級編L16-18~動詞avoir…
  10. プラリーヌの作り方(フランスのお菓子32)

おすすめのまとめ記事

  1. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5
  2. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  3. フランス語のことわざ~目次 その2
  4. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  5. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  6. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  7. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  8. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  9. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  10. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. フランス語の日めくり
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP