クリスマスのオーナメント

フランスにまつわるあれこれ

フランス人はどんなふうにクリスマスを過ごすの?

フランス人はどんなふうにクリスマスを過ごすのか、フランス語で教えてくれる動画を紹介します。

ときどき記事にしている、FrenchPod101.comのヴィデオカルチャークラスのシリーズです。



フランス人のクリスマスの過ごし方

早速ごらんください。フランス語の字幕と英訳がついています。

では和訳します。

皆さん、こんにちは。イングリッドです。

多くの国と同様に、フランスでもクリスマスのお祝いをします。12月25日はイエス・キリストの誕生日です。

政治と宗教が切り離された国になる前は、フランスはカトリック教会が政権を持っていました。そのせいで、今日もなお、宗教に端を発した行事や祝日がたくさんあります。

クリスマスはフランス人にとって、たとえ信仰がなくても、とても大切な行事です。このレッスンでは、フランス人がどんなふうにお祝いするのか学びましょう。

[クイズタイム]
プロヴァンス地方だけで、クリスマスに特别に供されるごちそうを知っていますか?この動画の最後に答えをお教えします。

年末のホリデーシーズンには、フランス各地でクリスマス市(マルシェ・ド・ノエル)が開かれます。もっとも有名なのはアルザスのストラスブールのクリスマス市です。

クリスマス市では、クリスマスの飾りや、郷土名物、ケーキのような食べ物を買うことができます。

ヴァン・ショー(ホットワイン)も飲めます。ヴァン・ショーは、赤ワインにスパイスを入れてあたためた冬場の飲み物です。

フランスではクリスマスは家族で集う日です。両親、祖父母、いとこなど、家族の大部分が集まります。室内にクリスマスのデコレーションをして自宅で過ごします。

欠かすことができないのは、クリスマスツリーです。作り物でも、本物でも、ツリーはリビングルームの中心となります。

プレゼントはツリーの前に置かれるのです。ツリーはクリスマスの玉や、ガーランドで飾られます。クリスマスの夜、家を飾るためにフランス人がよく使う色は赤、金色、銀色、緑です。

クリスマスイヴは12月24日に祝います。この日は本当のごちそうを食べます。伝統的に、クリスマスの七面鳥を食べ、デザートはビュッシュ・ド・ノエルというケーキです。また牡蠣やエスカルゴも食べます。

プレゼントはこの食事のあとの真夜中か、翌朝に開けます。

フランスの子どもたちは、サンタクロースを信じていて、家族の誰かがサンタの扮装をして子どもたちにプレゼントを渡すのもめずらしくありません。

[ファンファクト ]
フランスでもっとも知られているクリスマスの歌は、Petit Papa Noël (プチパパノエル)です。作詞は、レイモン・ヴィンシ、作曲はアンリ・マルティネです。サンタクロースに話しかける小さな男の子のお話を歌ったものです。

さて、最初に出したクイズの答えを言いますね。

プロヴァンスのクリスマスのごちそうはフランスの他の地方とは違います。それは「13のデザート」というものです。伝統的に、この13はイエス・キリストと12人の使徒を表しています。

13のデザートは、ドライフルーツ、生のフルーツ、チョコレート、その他のスイーツで構成されています。

このレッスンはどうでしたか?何かおもしろいことを学んでいただけましたか?あなたの国では、クリスマスをお祝いしますか?FrenchPod101.comにコメントを書いてくださいね。

それではまた。

単語メモ

laïque (教育などが)宗教から独立した、非宗教的な
ライシテについてはこちらで説明しています⇒ライシテって何でしょうか?|penのフランス語日記 アメブロです。

trôner  中央に人目を引くように置かれている
Au milieu de la table trônait une pièce montée.
テーブルの中央にデコレーションケーキが鎮座ましましていた。

doré  金色

festin  祝宴;ごちそう

Petit Papa Noël

フランスの超有名なクリスマスソング。聞いたことがある方も多いと思います。

歌詞つき動画です。

クリスマスの夜に子どもたちが
「小さなサンタさん、
おもちゃいっぱい持って降りてきてくださいな、
ストッキングも持ってきてね、
でも外は寒いからあったかくして着てね」
とサンタさんにお願いするかわいい歌です。

こちらに訳詞を書いています⇒プチ・パパ・ノエルはフランスのクリスマスソングの定番:歌と訳詞

関連記事も読んでいただくと、クリスマスのヴォキャブラリーが増えると思います。

かわいいフランス語教えます~その49 クリスマスの単語(1)

かわいいフランス語教えます~その50 クリスマスの単語(2)

クリスマスにまつわる単語(3)~かわいいフランス語教えます(100)

ストラスブールのクリスマスマーケットに関する単語を集めました

クリスマスの単語 その5 ビュッシュ・ド・ノエル

クリスマスにちなんだ記事の目次 2013年版



Treize desserts プロファンス地方の13個のデザート

プロファンス地方のクリスマスに供される13種類のデザートのこと。この13種類は厳密に決まっているわけではなく、動画で言っていたように、ドライフルーツ、生フルーツ、ケーキや甘いものが入っていればよいようです。

典型的な13個のデザートに使われるものは
●レーズン
●ドライいちじく
●アーモンド
●デーツ
●くるみ
●ヘーゼルナッツ
●くだもの(リンゴ、洋なし、みかん、すいかなど)
●クッキー
●ヌガー
●フーガス(パン)
●タルト
●パンデピス
など。

くわしくはこの記事をどうぞ⇒クリスマスの13種のデザート(プロバンス地方の伝統)

今回の動画、もっとキリスト教の話が出てくるかと思いましたが、フランス人がクリスマスに何をやるのかに終始していて、わかりやすかったですね。






ラニングシューズ靴のいろいろ~かわいいフランス語教えます(101)前のページ

土曜日はサバトの日:フランス語の暦(16)次のページsamedi

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」

関連記事

  1. 赤いばら

    フランスにまつわるあれこれ

    「ベルサイユのばら」の新作が週刊マーガレット創刊50周年記念号に

    70年代に連載されて一大ブームを巻き起こしたまんが「ベルサイユのばら」…

  2. オオカミ

    フランスにまつわるあれこれ

    なぜ、フランスにはオオカミを嫌う人がいるのか?

    フランスにおけるオオカミの問題を、子供むけに簡単なフランス語で説明して…

  3. スケートする女子

    フランスにまつわるあれこれ

    パリ市庁舎前のスケート場

    「虎と小鳥のフランス日記」第89話 パリ市役所前のスケート場で、Cam…

  4. パリ

    フランスにまつわるあれこれ

    ギロチンの歴史(後編)

    ギロチンの歴史を説明している動画の後編です。後半ではは、フラン…

  5. ヴェルサイユ

    フランスにまつわるあれこれ

    第1回「ベルサイユのばら」検定は11月24日開催

    「ベルサイユのばら」検定が秋の仏検と同じ2013年11月24日に行われ…

  6. 自由の女神像

    フランスにまつわるあれこれ

    自由の女神像は、フランスからアメリカへの贈り物(前編)

    ニューヨークにある『自由の女神像』は、アメリカ合衆国の独立、100…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP