パリのパンテオン

フランス語を読む練習

パンテノン(パリにある建物)とは何ですか?

パリにある建物、パンテオンを簡単なフランス語で説明している 1 jour, 1 question の動画を紹介します。

タイトルは、C’est quoi le panthéon ?(パンテオンって何?)。

パンテオンは偉人の霊廟(れいびょう、お墓)です。



パンテオンって何?

2017年7月に制作された動画なので、パンテオンに入っている人は78人と言っていますが、その後1人追加され、いまは79人です。

C’est quoi le panthéon ? トランスクリプション

C’est quoi le Panthéon ? Le Panthéon est un monument situé dans le 5e arrondissement de Paris.

Sur sa façade est gravée l’inscription “Aux grands hommes la patrie reconnaissante”. Car depuis 1791, le Panthéon abrite les dépouilles de ceux qui ont marqué l’histoire de la France.

Qui peut entrer au Panthéon ?

Aujourd’hui, 78 personnalités à qui la France rend hommage reposent au Panthéon. Des hommes politiques et des résistants comme Jean Jaurès et Jean Moulin.

Mais aussi des scientifiques comme Marie et Pierre Curie.

Ou bien des écrivains comme Victor Hugo.

C’est le président de la République qui décide qui entre au Panthéon.

La personnalité choisie doit être française, avoir oeuvré pour le pays et il faut obtenir l’accord de ses descendants. Certains y entrent longtemps après leur mort.

Louis Braille, l’inventeur du système d’écriture pour les non-voyants, a attendu 100 ans pour recevoir cet honneur.

D’autres comme Antoine de Saint-Exupéry, l’auteur du Petit Prince mort dans un accident d’avion et dont le corps a disparu, y ont une plaque commémorative. Et les femmes ? La ministre Simone Veil est entrée au Panthéon le 1er juillet 2018 pour son combat pour les droits des femmes.

Mais elles ne sont que cinq à ce jour à y avoir été admises.

Pourtant la romancière George Sand ou la résistante Lucie Aubrac, entre autres, y auraient aussi leur place.

Alors à quand plus de grandes femmes au Panthéon ?

☆トランスクリプションの引用元⇒C'est quoi le Panthéon ? – 1 jour, 1 question | Lumni

パンテオン・和訳

パンテオンはパリの5区にある建造物です。

正面には、Aux grands hommes la patrie reconnaissante(偉人たちへ、感謝せる祖国より)という碑文が刻まれています。

というのも、1791年から、パンテオンには、フランスの歴史に名を残した人の遺体が収容されているからです。

どんな人が、パンテオンに祀られるのでしょうか?

現在、78人の人々が、パンテオンで、フランスの崇敬を受けています。

ジャン・ジョレスやジャン・ムランのような政治家や抵抗者(レジスタンスの運動家)。

マリー・キュリーとピエール・キュリーのような科学者。

ヴィクトール・ユゴーのような作家もいます。

パンテオンに入る人を決めるのは大統領です。

選ばれる人は、フランス人で、国のために働き、子孫(現フランス国民)が同意する人でなければなりません。

亡くなってから、だいぶたって、祀られた人もいます。

盲人のための文字のシステムを作ったルイ・バライユは、(パンテオンに入る)栄誉を得るため、100年待ちました。

『星の王子さま』の作者で、飛行機事故で亡くなり、死体が見つかっていない作家、アントワーヌ・サン・テグジュペリは、記念のプレートが祀られています。

女性はどうでしょうか?

シモーヌ・ヴェイユ大臣は、女性の権利のために戦ったことを讃えられ、2018年の7月1日にパンテオン入りしました。

けれども、これまで、パンテオン入りした女性は5人だけです。

特に作家のジョルジュ・サンドや、レジスタンス運動家のリュシー・オブラックは、パンテオンに場所を確保すべきでしょう。

いつになったら、偉大なる女性たちがパンテオン入りするでしょうか?

単語メモ

une inscriptions  碑文、碑銘

reconnaissant  感謝している

une dépouille  亡骸(なきがら)、遺体

rendre hommage à  ~を崇敬する、賞賛する

descendant  子孫、後裔(こうえい)

non-voyant  目の不自由な人

une plaque  板、プレート

entre autres 特に

この原稿を書いた人はきっと女性でしょうね。



パンテオン・関連情報

■パンテオンの概要

パンテオンの建物を案内する2分半の動画です。

2分38秒。2018年の12月に撮影されたもの。

パンテオンは、古代ギリシャ・ローマで神々を祀った万神殿で、panは、ギリシヤ語で「すべての」という意味、théonは、「神の」という意味の単語から来ています。

パリのパンテオンは、18世紀後半に作られた建物で(1789年に完成)、はじめは、サント=ジュヌヴィエーヴの教会でしたが、フランス革命のとき、国民議会で、フランスの偉人たちの墓にすることが決まり、いまは、偉人の墓所になっています。

フーコーが振り子の実験をした場所でもあり、天井から振り子がつるされ、時を刻んでいます。

現在、79人の偉人が祀られています。

■パンテオンに入っている人たちの特徴

パンテオンで祀られている人の傾向を紹介している動画です。

2分6秒

男性で政治家や軍人だと、パンテオン入りしやすいようです。

シモーヌ・ヴェイユがパンテオン入りする前に作られたものなので、女性は4人、と言っています。

■関連記事もどうぞ

パンテオンの丸天井にある壁画と屋上について⇒パンテオンから見るパリの景色

「星の王子さま」の作者、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの生涯

知られざるジョルジュ・サンドの生涯

*****

パンテオンンを紹介しました。

200年で、80人しかパンテオン入りしていないので、かなり狭き門ですね。






モナ・リザモナ・リザの盗難事件(1911年8月22日)前のページ

ツール・ド・フランスとは何ですか?(動画)次のページツール・ド・フランス

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 化粧品

    フランスにまつわるあれこれ

    フランスのお土産におすすめ:イヴ・ロシェのコスメ

    フランスの化粧品のメーカー、イヴ・ロシェについて調べてみました。…

  2. ハンバーガー

    フランス語を読む練習

    ドリンクのおかわり飲み放題サービス

    フランスの子ども新聞で、最近、あるチェーンレストランで始まった清涼飲料…

  3. パリ

    フランスにまつわるあれこれ

    パリの20の行政区~第1回

    パリの20のarrondissement(行政区)をご紹介します。…

  4. パリのパンテオン

    フランス語を読む練習

    パンテオンから見るパリの景色

    パリのパンテオンのドームにあるフレスコ画と展望台(一番上)を見せている…

  5. ジョルジュ・サンド

    フランス語を読む練習

    知られざるジョルジュ・サンドの生涯

    フランスの女流作家、ジョルジュ・サンド(1804年 – 1876)の生…

  6. パリ10区の区役所

    フランスにまつわるあれこれ

    フランスの大統領選挙 後編~「虎と小鳥のフランス日記」第50話

    「虎と小鳥のフランス日記」のバック・ナンバーも週1本ずつ復習しています…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
  2. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
  3. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
  4. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
  5. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
  6. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
  7. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
  8. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
  9. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?
  10. パンテオンから見るパリの景色

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 日めくりとpen
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP