星のペン王女さま

フランス語を読む練習

「星の王子さま」の作者、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの生涯

6月29日は「星の王子さま」を書いたフランスの作家、Antoine de Saint-Exupéry(アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ)の誕生日です。

今回は、2011年に子ども新聞に掲載されたサン=テグジュペリの生涯について書かれたごく短い記事を紹介します。

サン=テグジュペリは1900年生まれなので、覚えやすいです。亡くなったのは1944年7月31日で、これは彼が地中海上を飛行中に連絡を絶った日です。

最近では、2010年に生誕110周年ということで、ちょっと話題になりました。



サン=テグジュペリって誰?

Qui es-tu, Saint-Exupéry ?

飛行士、小説家、ジャーナリスト:「星の王子さま」の生みの親は非凡な人生を送りました。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリについてお話しします。

UN GRAND RÊVEUR 大いなる夢想家

アントワーヌは1900年6月29日、リヨンで生まれました。たった4歳のときに父親を亡くしました。母親が彼と、4人の兄弟姉妹を育てました。

お母さんは子どもたちに音楽、絵画などを手ほどきしましたが、トニオ(アントワーヌの愛称)は芸術にかかわることがとても得意でした。

彼は夢見がちでぼんやりしていたので、友達は彼のことを «Pique la Lune» と呼びました。

UN VOYAGEUR DE HAUT VOL 飛行士

飛行に魅せられていた彼は、12歳のときに初めて飛行機に乗り、21歳のときに飛行士の免許をとりました。

1926年、航空郵便会社に入り、フランス、アフリカ、南アメリカの郵便を運びました。

第二次世界大戦中は、偵察機の仕事をしました。

UN ÉCRIVAIN REPORTER 報道作家

1929年からは、自分の体験を l’Aviateur 「飛行士」、Currier Sud 「南方郵便機」 Vol de nuit 「夜間飛行」といった小説に書き始めました。

1930年代に、レポーターになり、ロシア、ドイツ、スペインなど世界の大半の地域に行きました。この仕事は1939年 Terre des hommes「人間の大地」という作品にまとめられました。

UNE MYSTÉRIEUSE DISPARITION 謎の失踪

アントワーヌは1944年7月31日、飛行中に行方不明になります。彼の飛行機は地中海で粉々になりました。彼はドイツの飛行士に攻撃されたのでしょうか?それとも飛行の運転を誤ったのでしょうか? 詳細は不明です。

彼のブレスレットと機体の残骸が55年以上たってからようやく発見されました。

元記事 → Saint-Exupéry expliqué aux enfants1jour1actu

単語/表現メモ

une vie hors du commun ふつうではない

rêveur 夢見がち

distrait ぼんやりした

baptême de l’air  初飛行

brevet 免許

décrire  描写する

s’écraser  砕ける、粉々になる

gourmette  ブレスレット

・Pique la Lune は「月をピクニックする人」かなと思いますが、よくわかりません。

être dans la lune 直訳:月のなかにいる、は「ぼうっとしている、うわの空である」という意味です。

・baptême de l’air  初めての飛行機旅行
baptême は 洗礼 ですが、「最初の体験」という意味もあります。

サン=テグジュペリの死

サン=テグジュペリは1944年7月31日、占領されていたフランスを偵察するために、コルシカから飛行機で出発。しかし、2度と帰ってきませんでした。

突然消えてしまったので大きなニュースになりましたが、50年以上たった1998年に彼の名前入のブレスレットが地中海で発見されました。

サン=テグジュペリのブレスレット

ファイル:Gourmette de Saint Exupery.jpg – Wikipediaより

その2年後の2000年にスキューバーダイビングをしていた人が、マルセイユのそばの地中海で飛行機の残骸を見つけ、サン=テグジュペリの乗っていたものだと確認されました。

状況証拠から、彼は飛行中に撃ち殺されたと思われます。

2008年に、フランスのプロバンスのローカル紙に、ドイツのパイロットが、サン=テグジュペリの乗っていた偵察機を撃ち落としたと証言しました。

サン=テグジュペリについてあなたの知らない5つのこと

子ども新聞の記事はすごくざっくり書いているので、奥さんともめていたことや、大戦当時、アメリカに亡命していたことなどは書いてありません。

もっと彼について知りたい方は、このTEDの動画が参考になると思います。

本日は時間がないので^^;、要約できませんが、来年の彼の誕生日あたりに、また要約を試みたいと思います。

「星の王子さま」関連記事もどうぞ

もう読んだ?「星の王子さま」出版70周年

70歳だけど若々しい「星の王子さま」

「リトルプリンス 星の王子さまと私」予告編のフランス語・前編

『星の王子さま』~お役立ちリンク集



「星の王子さま」の日はビートルズ記念日

日本の「今日は何の日」によると、6月29日は彼の誕生日にちなんで「星の王子さまの日」です。

6月29日は「ビートルズ記念日」でもあります。1966年のこの日、ビートルズが来日しました。

JALのはっぴを着て、飛行機のタラップの上でポーズをとっている4人の写真を見たことがある方も多いでしょう。

昭和41年ですね。ビートルズは日本武道館で公演。前座はドリフターズでした。






エニシダクロード・フランソワ、「陽のあたる月曜日」の訳詞前のページ

第104回、ツール・ド・フランスが始まった。次のページツール・ド・フランス(2014)

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 線路

    フランス語を読む練習

    学校からでてきたら:ジャック・プレヴェールの詩を読んでみた

    フランスの詩人、ジャック・プレヴェール(Jacques Prévert…

  2. 竜の玉

    フランス語を読む練習

    『かめはめ波』のパフォーマンスが女子高生のあいだで流行中

    最近、日本の女子高生のあいだに流行っているらしい「かめはめ波」現象を報…

  3. 野菜サラダ

    フランス語を読む練習

    ベジタリアンがホリデーシーズンを乗り切るために その2

    肉や魚など動物性食品のごちそうが並ぶホリデーシーズンの家族の晩餐。ベジ…

  4. ノートルダム大聖堂

    フランス語を読む練習

    ビートルズの「ミッシェル」に出てくるフランス語

    身近にあるフランス語に光を当てるシリーズ。今回は、英語の歌なのに、歌詞…

  5. トイレ

    フランス語を読む練習

    11月19日は世界トイレの日。

    11月19日は国連が定めた『世界トイレの日』です。世界のトイレ事情を中…

  6. 鯉のぼり

    フランス語を読む練習

    子どもの日の由来~前編:鯉のぼり

    子どもの日について書かれたフランス語を読んでみました。日本文化…

コメント

    • アン
    • 2013年 6月 30日

    大学の文学史の授業で、彼は、飛行機乗りになる前、トラックのセールスマンをしていて、口下手で1年に1台くらいしか売れなかったと、聞いたような気がします・・・なんとなく、イイお話じゃないかしら?ガンガン売ってたら、ヤダナと、思う・・・

      • フランス語愛好家
      • 2013年 6月 30日

      アンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      へ~、トラックのセールスしてたんですか。
      それでも一年に一台、売れたんですね。
      まあ、あんまり営業が得意な小説家っていない気がします。
      特に、サン=テグジュペリは、基本的に内気で、正直。
      世渡りがヘタだったようなので、セールスマンはむいてなかったでしょうね。
      飛行機に乗るのが好きだったのも、一人になれる場所だというのもあると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. なぜ4月の魚(エイプリルフール)の習慣が生まれたのか?
  2. アステリックス、魔法の薬の秘密:予告編のフランス語
  3. フランスを代表する漫画、アステリックスの人気の秘密
  4. マクロン大統領の15日間の外出禁止令(抜粋)
  5. T’as vu (見えるでしょ)クリオ:歌と訳詞…
  6. セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。ラッキーア…
  7. なぜ13日の金曜日は運がいいとか悪いとか言われるのか?
  8. やさしさ、思いやりに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  9. 国際女性デーが生まれた背景とは?
  10. 勝手にしやがれ:予告編のフランス語(初心者向け)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  2. 13日の金曜日恐怖症
  3. L30 フランス人の日本への関心
  4. ミスティ・コープランドがアメリカのバレエ史上初の黒人のプリマ…
  5. 謎のマレーシア航空370便の海中捜査打ち切り
  6. どうしてフランス語はフランス以外の場所でも使われているのか?…
  7. L24 フランスの家庭料理
  8. ルノーの電気自動車、ZOE(ゾエ):CMのフランス語
  9. L32 パリ・プラージュとは?
  10. 霧のコルヴィザール~フランソワーズ・アルディ(歌と訳詩)

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  2. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  3. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  4. ニュースの記事のまとめ(2)
  5. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  6. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  7. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  9. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  10. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 日めくりとpen
  3. 星の王子さまの本

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP