ダカールのピカソ展、ポスター

フランス語を読む練習

ダカール(セネガル)で50年ぶりのピカソ展

2022年の4月1日から6月30日まで、セネガル共和国の首都、ダカールでピカソの展覧会が行われています。

この展覧会を伝えるTV5 Monde の2分半のニュースクリップを紹介します。

タイトルは、Sénégal : Picasso s’expose(セネガル:ピカソの展覧会)



ピカソ展@ダカール

2分32秒

ダカールでピカソの展覧会が行われるのは50年ぶりです。

Picasso au Sénégal トランスクリプション

Des formes anguleuses, des visages comme des masques, épurés et distordus.

À bien y regarder, on croirait voir un peu d’Afrique dans ces oeuvres de Picasso.

L’artiste s’en est bel et bien inspiré.

En 1907, lors d’une visite du musée d’ethnographie du Trocadéro à Paris, c’est le déclic : il découvre la puissance d’objets rituels africains.

L’artiste va alors s’en imprégner pour l’une de ses oeuvres majeures, Les Demoiselles d’Avignon.

C’est une oeuvre emblématique de cette période qu’on appelle le cubisme. Et le cubisme, sa manière de faire et de procéder est inséparable de l’imaginaire de l’art africain. Les similitudes, c’est les caractères géométriques qui sont fondamentaux à une majorité des oeuvres de l’art africain, qui sont comme des boîtes qu’on assemble, qui ont une architectonie et un rythme extraordinaire.

Picasso va nourrir ce dialogue intime et spirituel avec l’art africain toute sa vie.

Le peintre espagnol collectionne même des sculptures africaines qu’il garde toujours près de lui.

S’il n’a jamais mis les pieds en Afrique subsaharienne, ses oeuvres, elles, ont voyagé pour la première fois sur le continent, à Dakar, en 1972.

C’est Leopold Senghor, qui était donc le président du Sénégal, qui a donc impulsé cette première exposition Picasso, du vivant de l’artiste, et qui a prêté un très grand nombre d’oeuvres des dernières années. Donc il ne s’agit pas ici d’une reconstitution de cette exposition de 1972, mais bien plus d’une évocation des liens entre l’oeuvre de Picasso et les arts africains classiques.

Les visiteurs se promènent de surprise en surprise, entre les oeuvres de Picasso et les racines africaines de son art.

J’avais déjà entendu parler de Picasso, mais en réalité, j’ai jamais vu d’images. Et là, je peux dire c’est quelque chose qui me marque.

C’est pas à l’école forcément qu’on nous parle de Picasso ou autre, donc on arrive ici, on apprend des nouvelles choses. Ça nous rend fiers, parce que l’Afrique n’est pas souvent mise de l’avant, donc savoir qu’un grand peintre nous a mis de l’avant, ça nous fait vraiment plaisir.

Si l’art africain a inspiré Picasso, Picasso inspire aujourd’hui toute une jeunesse du continent.

Un échange continu et fécond entre deux mondes, rejoints par la magie de l’art.

☆引用元⇒7 jours sur la planète

ダカールのピカソ展:和訳

角張った形、仮面のような顔、洗練され歪んだ顔。

よく見るとピカソの作品にはアフリカが垣間見えます。

確かにこの画家は、影響を受けています。

1907年、パリのトロカデロ民族博物館を訪れたのがきっかけです。このとき、ピカソは、アフリカの儀式に使う用具の力を発見しました。

ピカソ(この芸術家)は、アフリカ美術の影響を吸収し、その後、代表作の1つである『アヴィニョンの娘たち』を制作したのです。

– この作品は、キュビズム(立体派)と呼ばれる時代の象徴的な作品です。キュビズムのやり方やプロセスは、アフリカ美術の想像力と切り離すことができません。

その共通点は、大半のアフリカ美術の作品の基本である幾何学的な特徴です。まるで箱を組み立てるようなもので、それは建築であり、すばらしいリズムがあります。

ピカソは生涯を通して、アフリカンアートと親密で精神的な対話を育みました。

ピカソ(このスペイン人の画家)はアフリカの彫刻を集め、いつも身近に置いておくほどでした。

彼は、サブサハラ・アフリカ地域には、足を踏み入れたことがありませんでしたが、彼の作品は、1972年に、ダカールまではじめてアフリカを旅しました。

– 当時セネガルの大統領だったレポボルド・サンゴールが、ピカソの存命中に、彼のはじめての展覧会を推進し、近年の作品を大量に貸し出しました。ですから、今回の展覧会は、1972年の展覧会の再現ではなく、ピカソの作品と古典的なアフリカ美術のつながりを、見せるものなのです。

来場者は、ピカソの作品と、彼の芸術のルーツにあるアフリカの間を、驚きつつ、進んでいきます。

– ピカソのことは聞いたことがありましたが、実際に絵を見たことはありませんでした。ここには、私を表す何かがあると言えます。

– 学校では、ピカソやほかの画家の話を必ずしも聞かないので、ここで新しいことを学んでいます。誇らしいですね。アフリカが話題になることはあまりないから、偉大な画家が、私たちのことを紹介しているとわかって、とてもうれしいです。

アフリカ美術が、ピカソに影響を与えたとすれば、ピカソは、今日、アフリカ大陸の若者全員を触発しています。

芸術の魔法で結ばれた2つの世界の、いつまでも続く、実り多い交流です。

単語メモ

anguleux, anguleuse  角の多い、角張った、ギザギザの

épuré  純化された、洗練された

bel et bien  間違いなく、本当に

un déclic  きっかけ(話)、(始動装置の作動する)かちっという音

s’imprégner  吸収する、しみこむ

Afrique subsaharienne  サブサハラ・アフリカ地域、アフリカでサハラ砂漠よりミナミの地域。北アフリカをのぞいた地域。世界でももっとも貧しい場所とされている。

Léopold Senghor  レオポール・セダール・サンゴール(1906-2001)、セネガルの初代大統領、詩人でもある。

impulser  推進させる

du vivant de  ~の存命中に

mettre de l’avant  提案する、紹介する

fécond  豊かな、実り多い



セネガルのピカソ展・関連動画

France 24のニュース

Sénégal : l’exposition Picasso ouvre à Dakar • FRANCE 24

1分38秒。

この展覧会は、Musée des Civilisations noires(黒人文明美術館)で行われています。

2018年の12月にオープンした、まだ新しい美術館です。

オープンしたときのニュース。

Le Sénégal inaugure un Musée des Civilisations noires à Dakar

2分

☆関連記事もどうぞ

クロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるまで。

映画「フランコフォニア」は第二次世界大戦中、ドイツの占領下のルーブル美術館が舞台

美術館にある物~かわいいフランス語教えます(91)

*****

確かに、ピカソの作品には、アフリカのお面っぽい人の絵が出てきますね。

シンプルだけど、力強さがあります。






修理する人こわれたものはリペアカフェを利用して修理して使おう。前のページ

フランスの大統領の果たす役割。次のページパリ

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト15選
  2. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. オリーブの小枝

    フランス語を読む練習

    アカデミー・フランセーズとは その2

    アカデミー・フランセーズの記事の和訳の続きです。タイトルは…

  2. チーズ

    フランス語を読む練習

    フランスのチーズの秘密(1分の動画)

    YouTubeのビデオを使ってフランス語を学習するサイト、Les se…

  3. エクス=アン=プロヴァンス

    フランス語を読む練習

    セザンヌと彼が好きだった山、サント・ヴィクトワール山。

    フランスの画家、、ポール・セザンヌが、好んでよく描いた、サント・ヴィク…

  4. 新年の花火

    フランス語を読む練習

    いろいろな新年の祝い方。

    いろいろな国の新年の祝い方を、簡単なフランス語とアニメで説明している短…

  5. 修理する人

    フランス語を読む練習

    こわれたものはリペアカフェを利用して修理して使おう。

    物がこわれてもすぐに捨てて買い換えるのではなく、リペアカフェ(修理カフ…

  6. 著作権について学ぶpen

    フランス語を読む練習

    ブログと著作権法について その4

    著作権について考えるきっかけになる、こども新聞の記事の和訳の続きです。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP