ノートルダム大聖堂

フランス語を読む練習

ビートルズの「ミッシェル」に出てくるフランス語

身近にあるフランス語に光を当てるシリーズ。今回は、英語の歌なのに、歌詞にちょっぴりフランス語が入っている曲をご紹介します。

知っている人はよく知っていて今さらブログに書くのもはばかれる曲。

ザ・ビートルズの「ミッシェル」です。



Michelle by The Beatles

1965年発売のアルバム、ラバー・ソウル(Rubber Soul)に収録されている曲です。

ポール・マッカートニーが作って歌っています。

フランス語部分は以下です。

Michelle, ma belle
Sont les mots qui vont très bien ensemble
Très bien ensemble

訳は

ミシェル、僕の可愛い人
2つの言葉はすごくいい感じにひびきあうね。
ほんとにあうね。

2つの言葉とは、

Michelle と ma belle です。

両方ともMで始まるし、エルで終わっています。つまり、韻を踏んでいるので、よく合うわけです。

上の訳はちょっと意訳してますが、直訳すると

Michelle と ma belle という言葉は、とてもうまく合う、とてもうまく合う。

この曲の要は、このフランス語部分であり、まずこの部分を作ってから、英語の

Michelle, ma belle
These are words that go together well
My Michelle

部分を作ったと思われます。意味は全く同じです。

日本の若い女性が、自分の好きな男性の名字に自分の名前をつけて読み上げ、合う、合わない、なんて考えることがありますが、それと同じ感覚でしょうか。

単語の説明

Michelle ミシェル 女性の名前

ma belle 女性に対する親しみをこめた呼び方。「あなた、きみ」と訳せるでしょう。ここでは、恋しい人に呼びかけています。

belle は beau の女性形です。もともとは形容詞ですが、名詞としても使われます。

belleは 美女、美人、という意味です。

「眠れる森の美女」は La Belle au bois dormant といいます⇒眠れる森の美女・タイトルのフランス語第5回

「美女と野獣」のヒロインはBelleという名前です⇒「美女と野獣」(2014)予告編のフランス語

ma は 「私の」という意味の所有形容詞の女性形です。次に続く名詞が女性形のときに使われます。男性形のときは mon です。

所有形容詞とは? ⇒「まいにちフランス語」3:初級編L7-9~形容詞

sont は être(~である) の 3人称複数形の活用

les  複数形の名詞につく定冠詞、それらの

mot  言葉

qui  主語になる関係代名詞。詳しくは⇒「まいにちフランス語」39:L61 関係代名詞 qui と que

vont  aller(行く) の 3人称複数形の活用

très  ひじょうに 副詞で、次のbienを強調

bien   うまく これも副詞で、次の ensemble を強調

ensemble  調和して、合致して

aller ensemble で 調和する、合う という意味です。

例文:Cette cravate et cette chemise jaune ne vont pas ensemble. このネクタイとその黄色いワイシャツは合いませんね。

Michelle という名前について

Michelle (ミシェル)は、日本人の感覚からすると、女性の名前ですが、男性の名前でもあります。その場合は、Michel とつづります。

旧約聖書に出てくるミカエル(Michael)という大天使の名前から派生した名前で、フランス語圏、英語圏でよく使われています。

男性:Michel 例:Polnareff ポルナレフ(歌手)
女性:Michelle 例:Pfeiffer ファイファー (女優)

フランス語の名前には、このようにベースが同じで語尾が女性形だと女性の名前となるものが多いです。

まあ、日本語でもそうですよね。

男性:一郎
女性:一美

男性:正雄、雅也
女性:正子、雅美

とか。

フランス語の名前で、男性、女性バージョンがある、きわめて一般的な名前の例をあげると、

男性:François フランソワ 例:トリュフォー監督、オランド元大統領
女性:Françoise フランソワーズ 例:アルディ(歌手)、サガン(作家)

男性:Jean ジャン 例:ギャバン(俳優)ルノアール(映画監督)
女性:Jeanne ジャンヌ 例:ダルク(オルレアンの少女)、モロー(女優)

基本的な目印は語尾のEです。名詞や形容詞と同じで、Eをつけると女性形になるものが多いのです。

ミシェルの場合は、スペルが変わっても発音は変わりません。

日本語の「薫」や「泉」のように男女両方に使える名前もあります。

たとえば、

Claude クロード
男性:Claude François フランソワ (歌手)
女性:Claude Jade ジャド(女優)

Camille カミーユ
男性:Camille Pissarro ピサロ(画家)
女性:Camille Claudel クローデル(彫刻家)

Michelle が生まれた背景

Michelle は、ビートルズの曲の中でフランス語が使われている唯一の曲です。

この曲は、ポールが10代のときに作ったとのこと。当時、リバプールでは、フランスの左岸派の文化(ボヘミアンな感じ)が流行っていました。

ポールが、芸術専攻の学生たち(あごひげをはやしていたり、ボーダーのTシャツを着ていた)の集まるパーティに出かけていったら、みんながフランス語の歌を歌っていました。

そこで、ポールもフランス語っぽい歌を作って歌い、みんなをわかしていたのです。

Michelle もそんな歌の中の1曲だったのですが、ジョンのすすめで、この曲をレコーディングすることになったとか。

フランス語部分は、アイヴァン・ヴォーン(Ivan Vaughan)の奥さんである、ジャン・ヴォーン(Jan Vaughan)が手伝いました。

ジャンはフランス語の先生だったそうです。

アイヴァン・ヴォーンは、ジョンとポールを引き合わせた人物として、ビートルズファンにはよく知られている人物です。

ポールは、ジャンに、「Michelleという名前が好きなんだけど、これに合う言葉って、何かない?」と聞き、Michelleのフランス語部分が生まれました。

ついでに、フランス語風の発音の手ほどきもうけたそうです。

Sont les mots qui vont très bien ensemble 部分は英語ネイティブには、 Sunday monkey won’t play piano song(日曜に、サルはピアノの曲は弾かない)と聞こえる、と言われています。



Michelle フランス語バージョン

Michelle は 1966年にケベックの Les Atomesというバンドがフランス語にしてレコーディングしています。

YouTubeに音源があったので紹介しますね。

う~ん、やっぱりビートルズのほうがずっといいですね。

歌詞の内容はオリジナルとほとんど同じです。

まあ、もともとオリジナルの歌詞もひじょうにシンプルで、単に、「ミッシェルとマ・ベルって、言葉的によく合うよね、僕、きみのことめちゃくちゃ愛してるんだ。この気持ち、どうかわかってね。わかってくれるまで、こう言い続けるからね」というものです。

身近にある簡単フランス語を読み解くシリーズの過去記事もどうぞ:

アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ

ちあきなおみ「夜間飛行」に出てくるフランス語

*****
川を上流から下流に向かって見て、右側を右岸、左側を左岸と呼びます。

左岸をフランス語で言うと、Rive gauche(リヴゴーシュ)です。イヴ・サン=ローランの香水に、「リヴ・ゴーシュ」というのがありますが、これは、彼のプレタポルテのブランド名から来ています。

サン=ローランは、はじめは金持ちむけにオートクチュール(注文服)を作って人気を博していました。

彼は、もっと大勢の人に自分のデザインした服を提供したいと思い、1966年に「Saint Laurent rive gauche」という名前のプレタポルテ(既製服)のブティックを開きました。

このブティックは、 パリの7区、rue de Tournon(トゥルノン通り)にあり、ここはセーヌ左岸です。この店は、有名デザイナーが手がける初の既製服の店でした。

当時はまだオートクチュールが主流だったのです。

ほかの有名デザイナーは、金持ちが集まるシャンゼリゼ通りにブティックを持っていましたが、あえてサン=ローランは、リブ・ゴーシュに店を開いたのです。先見の明がありますね。






ピックアップ記事

  1. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. フルーツ

    フランス語を読む練習

    フランスの味覚週間 2014年

    子ども新聞で「味覚週間」に関する記事を読みました。「Semai…

  2. ヴェルサイユ宮殿の庭園

    フランスにまつわるあれこれ

    造園家・アンドレ・ル・ノートル生誕400周年

    2013年はアンドレ・ル・ノートルというフランスの著名な造園家の生誕4…

  3. カーニバルのマスク

    フランス語を読む練習

    カーニバルの楽しみ方。フランスの子ども新聞記事より。

    マルディグラとカーニバルについて子ども新聞記事を読みました。カ…

  4. 野菜サラダ

    フランス語を読む練習

    ベジタリアンがホリデーシーズンを乗り切るために その1

    ごちそうが並ぶ年末年始に、ベジタリアンはどう対応したらいいのかという記…

  5. スヌーピーのぬり絵

    フランス語を読む練習

    世界の子どもぬり絵の日 後編

    こんにちは。フランス語愛好家のpenです。きょうは「ぬり絵…

  6. オリーブの小枝

    フランスにまつわるあれこれ

    アカデミー・フランセーズとは その2

    アカデミー・フランセーズの記事の和訳の続きです。タイトルは…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. ルノーの電気自動車、ZOE(ゾエ):CMのフランス語
  2. イスラム教徒が断食する月、ラマダン(ラマダーン)とは?
  3. ローマ数字の復習。1から100まで読めるようになろう。
  4. ダリダの Le temps des fleurs (花の時代…
  5. フランス人は働くことが好きなのでしょうか?
  6. シリアのドゥーマで何が起こったのか?
  7. 13日の金曜日の迷信、あなたは信じますか?
  8. 動物の名前:かわいいフランス語教えます(125)
  9. Dommage (ドマージュ):ビッグフロー・エ・オリー、歌…
  10. ペッパ・ピッグで学ぶフランス語2:春(エッグハント)の巻、前…

おすすめ記事いろいろ

  1. 10月から12月の言い方~フランスの暦(9)
  2. 「まいにちフランス語」2:初級編L4-6~冠詞
  3. 朱に交われば赤くなる:フランス語のことわざ19
  4. 教養あるフランス人は語彙が豊富。パリ日本文化会館の建物につい…
  5. 「殺意は薔薇の香り」後編~予告編のフランス語
  6. フランス北部の都市、リールを散策
  7. フランス語の達人になるために~その1
  8. 歌:グリーン・ウォッシング – Tryo(トリヨ…
  9. フランス語のことわざ4~去ることは少し死ぬこと
  10. 迅速と性急を混同するな(急がば回れ)フランス語のことわざ41…

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  2. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  3. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  4. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  5. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  6. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  7. ニュースの記事のまとめ(2)
  8. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  9. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  10. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 2018年フランス語日めくりカレンダー

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. メモ帳

    フランスの暦、年中行事

    日曜日はドミニカの日:フランス語の暦(17)
  2. フランスのカフェ

    百合のFranceウォッチング

    L48 日本のフレンチ・レストランとフランスのレストランの違い
  3. penのパソコン

    フランス語脳プロジェクト

    ブログマラソンに出ると、何かいいことあるの?
  4. Lyrics Training

    フランス語の教材

    Lyrics Trainingで洋楽を聞き取る練習をすると楽しいよ
  5. ルルク運河

    虎と小鳥のフランス日記

    ルルク運河の散歩「虎と小鳥のフランス日記」第42話~後半
PAGE TOP