かぐや姫

フランス語を読む練習

『かぐや姫の物語』~その4

『かぐや姫の物語』について書かれた記事の和訳の4回めです。

記事のタイトルは
Le magnifique « Conte de la princesse Kaguya », le nouveau Ghibli
素晴らしい『かぐや姫の物語』、ジブリの新作

フランスでは6月25日から公開されています。

きょうは、監督の高畑勲について書かれた箇所の最後と、音楽の部分です。



素晴らしい『かぐや姫の物語』、ジブリの新作

Le magnifique « Conte de la princesse Kaguya », le nouveau Ghibli

Isao Takahata : un réalisateur, pas un dessinateur 高畑勲:監督であり、漫画家ではない

Isao Takahata a presque 80 ans et ça ne l’empêche pas de proposer des mises en scène travaillées avec originalité : la gestion des travellings dans la forêt de bambou, avec le rendu de l’effet de profondeur par la gestion des plans, était particulièrement adroite.

Il y a aussi beaucoup de vigueur dans la réalisation ; je pense à la scène de course dont la bande-annonce vous livre un extrait et où le crayon noir en déchirerait presque l’écran.

Tant de violence dans un film d’animation, ça force le respect !

そろそろ80歳になる高畑勲ですが、監督としてのオリジナリティのある手腕を見ると、その年齢を感じさせません(←その年令は、オリジナリティのある監督の仕事を見せることの障害にはなりません)。

3次元空間の高さを感じさせる構図を使った、竹林の移動撮影は、とりわけ巧みです。

また、とても力強い演出が多数見られます。これからご紹介する予告編の黒い鉛筆で描かれた走るシーンは、スクリーンを引き裂くかのようです。

ひとつのアニメーション映画に、このような激しいものがあるなんて、尊敬せずにはいられませんね。

※「走るシーン」はこの予告編の4分40秒ぐらいから、5分ぐらいまでのところです。

久石譲の音楽の話をしましょう。ふつう、彼は宮﨑駿監督と仕事をしています。今回が初めての、高畑監督とのコレボレーションですが、素晴らしいの一言です。

使われている音楽は伝統的なものです。時に、西洋人には耳ざわりなこともある、アジアの歌声をあなたはすっかり気に入ってしまうことでしょう。

もうこれ以上は語りません。映画を見ている間中、聞こえてくる琴(弦楽器)の音や、ラストシーンの音楽をただ楽しんでください。

元記事 → Le magnifique « Conte de la princesse Kaguya », le nouveau Ghibli

映画の概要については、初回の記事をどうぞ⇒『かぐや姫の物語』~その1

単語メモ

gestion 運営、取り扱い

travelling 移動撮影

plan 図面、構想 ※よくわからなかったので、ここでは「構図」と訳してみました。

livrer 渡す、届ける

déchirer  引き裂く

sublime 卓越した、感嘆すべき

réconcilier 和解する、融和する



高畑監督とフランス語

高畑監督は1935年10月生まれで78歳です。

東京大学文学部仏文科卒業で、学生時代からジャック・プレヴェールが好きでした。

ジャック・プレヴェールはフランスの庶民派の詩人であり、脚本家。

このブログでも彼の詩をとりあげています⇒Le Jardin(ジャック・プレヴェール)という詩を読んでみた

プレヴェールの «Paroles» という詩集の日本で初めての完訳本も作りました。フランス語が堪能なんですね。

ジブリの『虹の豚』のパンフレットにのった、劇中で使われた『さくらんぼの実る頃』(Le Temps des cerises)の訳詞も彼がしました。

また、音楽に造詣が深く、ピアノも演奏し、『かぐや姫の物語』の挿入歌である、「わらべ唄」と「天女の唄」を作曲しています。

高畑監督は、78歳でも、みずみずしい感覚や、チャレンジ精神を持っています。

私もそうありたいと思います。
それでは、この続きをお楽しみに。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. キューピッド

    フランスの暦、年中行事

    バレンタインデーとその神秘~その2

    先週に引き続き、フランスのWebマガジンにのっている、バレンタインデー…

  2. pen 金太郎

    フランス語を読む練習

    子どもの日の由来~後編:中国から日本の武家へ

    フランス語で書かれた「子どもの日」の歴史を読んでいます。後編は…

  3. カーニバルのマスク

    フランス語を読む練習

    カーニバルの楽しみ方。フランスの子ども新聞記事より。

    マルディグラとカーニバルについて子ども新聞記事を読みました。カ…

  4. トイレ

    フランス語を読む練習

    11月19日は世界トイレの日。

    11月19日は国連が定めた『世界トイレの日』です。世界のトイレ事情を中…

  5. 鳩時計

    フランス語を読む練習

    アニメ:『ジャックと機械じかけの心臓』~その1

    きょうは子ども新聞の映画に関する記事の和訳です。記事のタイトル…

  6. イースターエッグ

    フランスの暦、年中行事

    イースターに卵の形をしたチョコレートを食べる理由~後編

    イースター(復活祭)に卵型のチョコレートを食べる由来を書いた記事の和訳…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 11月19日は世界トイレの日。
  2. 月の花:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  3. 1918年の11月11日に起きたこと。
  4. サンジェルマン・デ・プレの歴史と名所
  5. いろいろな箱やケース:かわいいフランス語教えます(140)
  6. ハロウィンって何ですか?(子供むけの簡単な説明)
  7. 夏時間と冬時間。年に2度の時間の変更は、意味があるのか、ない…
  8. ヴェルサイユ宮殿って何ですか?
  9. マリー・アントワネット、世界のイコン
  10. 2019年のノーベル文学賞発表、2人の受賞者が象徴するもの。…

おすすめ記事いろいろ

  1. 映画『シェルブールの雨傘』のテーマの訳詞
  2. ありえない失敗~masausa、penのおまけコーナー【第6…
  3. フランス語を始めて二ヶ月半たったころ~入門日記第13回
  4. 「虎と小鳥のフランス日記」第90話 ル・プレヴェール(パリの…
  5. 「うっかりペネロペ」はフランスの青いコアラの女の子:多読にお…
  6. 2013年、春夏流行のヘアスタイル~後編~ソバージュとワンシ…
  7. コラリー・クレモン『セラヴィ』歌と訳詞
  8. パンデピスの作り方。混ぜて焼くだけ:フランスのお菓子(11)…
  9. バレンタインデーのフランス語~その2 プレゼント
  10. 愛にちなんだ言葉~恋は空腹で生き…~アルフレッド・ド・ミュッ…

おすすめのまとめ記事

  1. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  2. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  3. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  4. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  7. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  8. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  9. ニュースの記事のまとめ(1)
  10. フランス語入門日記~目次を作りました

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP