ルーブル美術館

フランス語を読む練習

2分で学ぶ、レオナルド・ダ・ヴィンチのプロフィール。

前回、モナリザ(La Joconde)に関する動画を紹介したので、今回は、作者のレオナルド・ダ・ヴィンチについて、子供むけに、簡単なフランス語で説明している1 jour, 1 question の動画を紹介します。

このシリーズはすべて1分42秒なので、すきま時間に勉強できていいですね。

タイトルは、C’est qui Léonard de Vinci ?C’est qui Léonard de Vinci ?(レオナルド・ダ・ヴィンチって誰?)です。



レオナルド・ダ・ヴィンチって誰?

トランスクリプション

C’est un artiste et un savant qui a vécu il y a plus de 500 ans, en Italie. Peintre, sculpteur, architecte, astronome, musicien… Il brille dans tous les domaines. Aujourd’hui, il est considéré comme l’un des plus grands génies.

Mais qu’est-ce qui l’a rendu si mondialement connu ?

Son histoire commence en 1452. Léonard nait dans le petit village de Vinci, dans le nord de l’Italie.

Enfant, il passe ses journées à dessiner tout ce qui l’entoure. Un jour, son père montre ses dessins à Verrocchio, un grand artiste. Impressionné, celui-ci décide de former le jeune apprenti.

Très vite, Léonard se perfectionne. Dans ses toiles, il donne l’illusion de la profondeur, comme si on pouvait se promener dans ses décors, à l’infini.

Il invente des techniques pour donner du volume à ses personnages et joue avec l’ombre et la lumière pour qu’ils prennent vie. Ses tableaux sont acclamés.

SON CHEF D’ŒUVRE LE PLUS CONNU ? LA JOCONDE.

À ton avis, est-ce qu’elle sourit ? As-tu l’impression que son regard te suit ? Mais Léonard ne s’intéresse pas qu’à l’art. Il imagine des machines révolutionnaires, des villes futuristes, des engins volants.

Jusqu’à sa mort, en 1519, il remplit plus de 7000 pages de croquis d’inventions en avance sur son temps.

Alors, si le monde admire les chefs d’œuvre de Léonard de Vinci, il aime aussi ce génie parce qu’il a su explorer tous les domaines qui piquaient sa curiosité.

トランスクリプションの引用⇒C’est qui Léonard de Vinci ? | Lumni

和訳

彼は500年以上前、イタリアで生きた芸術家で科学者です。

画家、彫刻家、建築家、天文学者、音楽家…。彼は、すべての分野で抜きん出ていました。

今日、彼は大天才の1人として考えられています。

なぜ、彼は世界中でこんなに有名になったのでしょうか?(何が彼を世界中で有名にしたのでしょうか?)

彼の歴史は1452年に始まります。彼はイタリアの北部、ヴィンチの小さな村で生まれました。

子供のときは、まわりにあるすべての物の絵を描いて過ごしました。ある日、レオナルドの父は、彼の絵をヴェロッキオという偉大な画家に見せました。

その絵に感銘をうけたヴェロッキオはこの若き弟子を育てることにしました。

すぐにレオナルドは上達しました。

カンバスに、彼は奥行きという錯覚を作り出しました。まるでその景観の中を果てしなく散歩しているかのように思わせるのです。

彼は、肖像画に立体感をもたせる技術を開発し、光と影を使って、その人物がまるで生きているかのように見せました。彼の絵は称賛されました。

もっとも知られている作品とは? モナリザです。

彼女はほほえんでいると思いますか? モナリザの視線に追われているように感じますか?

しかし、レオナルドが興味を持っていたのは芸術だけではありません。彼は革命的な機械、未来の都市、空を飛ぶ機械を考え出しました。

1519年に亡くなるまで、彼はその時代より進んでいる発明品のスケッチを7000ページ以上も描きました。

もし世界が、レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作をあがめるとしたら、それはこの天才が、自分の好奇心をそそったあらゆる分野を探検することができたからなのです。



単語メモ

savant  学者、科学者

former  養成する、仕込む

se perfectionner  進歩する、完全になる、改良される

toile  カンバス

profondeur  深さ、奥行き

à l’infini  無限に、際限なく

prendre vie  生き生きとする、真に迫る

レオナルド・ダ・ヴィンチのもっと詳しいプロフィールはこちらの記事に書いています⇒レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき

■関連記事もどうぞ

モナ・リザのプロフィール、またはその謎。

アルフォンス・ミュシャ、ベル・エポックのイコン。

クロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるまで。

かわいいフランス語教えます~その53 絵画に関する単語

*****

レオナルド・ダ・ヴィンチに関する動画を紹介しました。

私は同じテーマに関する動画や記事を紹介することがままありますが、そのほうが、単語などを覚えやすいからです。

ニュースでも、同じ話題を追っていると、よく出てくる単語は自然に覚えるので、テーマをしぼって、しつこく見たり読んだりするのはおすすめの方法です。

では、次回のダ・ヴィンチの記事をお楽しみに。






モナ・リザモナ・リザのプロフィール、またはその謎。前のページ

なぜイランとアメリカは対立しているのか?(子供向けの説明)次のページイラン

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. ネコのぬり絵

    フランス語を読む練習

    緑色の猫、その正体は?

    最近また、過去記事も読めるようになった、子ども新聞、1jour1act…

  2. クリスマスツリー

    フランス語を読む練習

    クリスマスツリーはいつ、どうやって処分する?

    こども新聞(le Journal de Enfants)でツリーの処分…

  3. オリーブの小枝

    フランス語を読む練習

    アカデミー・フランセーズとは その2

    アカデミー・フランセーズの記事の和訳の続きです。タイトルは…

  4. イースターエッグ

    フランス語を読む練習

    イースターに卵の形をしたチョコレートを食べる理由~後編

    イースター(復活祭)に卵型のチョコレートを食べる由来を書いた記事の和訳…

  5. 母の日の花束

    フランス語を読む練習

    フランスの母の日の意外な起源

    日本の母の日はもう終わりましたが、フランスの母の日は毎年5月の最後の日…

  6. カマンベール

    フランス語を読む練習

    ノルマンディーのカマンベールチーズができるまで。

    ノルマンディー地方の名産、カマンベールチーズ(カマンベール・ドゥ・ノル…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. プラスチックを使わないゼロ・ウエイスト生活(前編)
  2. チーズ・フォンデュってコロナに感染の危険はないの?
  3. 世界初、スコットランドで生理用品を無料で提供する法案が可決さ…
  4. ブラックフライデーで、Amazonの人は大忙し。
  5. ファッションに関する言葉:かわいいフランス語(146)
  6. Un automne à Paris (あるパリの秋): ル…
  7. 2015年の11月13日に、どうしてパリでテロが起こったのか…
  8. なぜ、フランスにはオオカミを嫌う人がいるのか?
  9. なぜ赤いケシの花(ポピー)を身につけるのか?11月11日はリ…
  10. 11月11日はリメンブランスデイ(戦没者追悼記念日)。赤いケ…

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 日めくりとpen
  3. 星の王子さまの本

アーカイブ

PAGE TOP