秋のモンスーリ公園

フランス語を読む練習

Le Jardin(ジャック・プレヴェール)という詩を読んでみた。

ジャック・プレヴェールの Le Jardin (庭)という詩を紹介します。



ジャック・プレヴェールとは?

プレヴェール(1900-1977)は20世紀の有名なフランスの市井の詩人です。

詩だけでなく、たくさんの映画の脚本も書いています。またその詩が、数々のシャンソンの歌詞にもなっています。

脚本で有名なのは「天井桟敷の人々」、またこちらでご紹介している「霧の波止場」⇒ジャン・ギャバンとミッシェル・モルガン~「霧の波止場

シャンソンで有名なのは「枯葉」⇒『枯葉』Les Feuilles mortes イブ・モンタン~歌と訳詞

Le Jardin を朗読している動画

まず、朗読しているクリップをごらん下さい。

1分7秒

Des milliers et des milliers d’années
Ne sauraient suffire
Pour dire
La petite seconde d’éternité
Où tu m’as embrassé
Où je t’ai embrassée
Un matin dans la lumière de l’hiver
Au parc Montsouris à Paris
À Paris
Sur la terre
La terre qui est un astre.

訳してみます。
詩になってませんが、とりあえずこんな意味だということはわかると思います。

公園

何千年でも、何万年でも
足りやしないだろう
あのほんの一瞬の永遠を
語るためには
きみが僕にキスをして
僕がきみにキスをした
あの時
冬の光のあふれる朝
パリのモンスーリ公園で
パリで
この地球上で
この地球、それは宇宙の一つの星

・・・だいたいこんな感じです。

愛しあっている二人がキスをしていたとき、時が止まっていたんですね。
それはパリのモンスーリ公園の冬の朝のできごと。
そして、ここから場面がどんどんパンします。
公園⇒パリ⇒地球⇒宇宙

映像が目に浮かぶような詩です。

モンスーリ公園はパリの14区にある公園です。

緑がいっぱい。

DSC_5977

湖もあります。
Parc_Montsouris

この公園の南側がシテ U(Cité U 国際大学都市)とつながっています。

Cité Uは以前「虎と小鳥のフランス日記」第74話の舞台となりました。こちらもとてもきれいな学生寮です。
最新版 : 第74話 パリの国際大学都市

公園の写真をもっと見たい方はこちらへ⇒Le parc Montsouris

よくわかる!フランス語の解説

単語

jardin 庭、庭園、公園

jardin と parc のおおざっぱな区別
jardin 街の中にある公園
parc もともと城などについていた大規模な公園で、池や噴水があることが多い

millier 約千、複数形で、多数、無数
参考⇒数字 : 概数

sauraient savoir(~することができる)の条件法現在

astre 天体、星 アストゥル 「アスターダイヤモンド」という宝石屋さんがありますが、こちらは英語由来でしょうか。

幸運の星のもとに生まれる être né sous un astre favorable

文法 過去分詞の性数一致

tu m’as embrassé
je t’ai embrassée

embrasser キスをする の複合過去形ですが、
片方だけ過去分詞にEがついていることに注目。

助動詞にavoirをとる複合過去形で、直接目的語が過去分詞の前に置かれた場合、その目的語に性数一致する

というルールがあります。

tu m’as embrassé の形はme=自分(男性)に性数一致し、
je t’ai embrassée では te=女性に性数一致してEがついています。

過去分詞の性数一致についてはこの記事にまとめてあります。
ラジオ講座 応用編 2011年5月12日放送分-1 過去分詞の一致

Le Jardin が収録されている詩集など

いかがでしたか? パリは美しい公園がたくさんありますね。秋は、枯葉、春は花々が、パリジャンの目を楽しませています。

Le Jardin はParolesという詩集に入っています。



ジャック・プレヴェール関連記事

ジャック・プレヴェールの詩『朝食』は複合過去の学習に最適

『劣等生』という詩を読んでみた。

«L'accent grave» ジャック・プレヴェール

歌と訳詞 : Les Feuilles mortes 『枯葉』

ジャン・ギャバンとミッシェル・モルガン

歌と訳詞:プレヴェールに捧ぐ~セルジュ・ゲンズブール 前編

先週学習した「虎と小鳥のフランス日記」第90話 パリのル・プレヴェール(レストラン)はパリの「ル・プレヴェール Le Pré Verre」というレストランが舞台でした。

pré は草地、verre は ガラス、グラス、グラス1杯分、一杯の酒、という意味の単語ですが、実はこの店名は造語です。

店の創始者がジャック・プレヴェール(Jacques Prévert)という詩人を好きだからこういう名前をつけたのだそうです。

■2013年3月15日追記

コメントらんでさぼさまに教えてもらった動画です。
イブモンタンの「パリにて」という曲で、冒頭がこの詩です。

À Paris_Yves Montand à l´Olympia 4分5秒

さぼさま、教えていただきありがとうございます。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. パソコンに向かっている少女

    フランス語を読む練習

    ブログと著作権法について その3

    著作権について考えるきっかけになる、こども新聞の記事の和訳の続きです。…

  2. ツリーのデコレーション

    フランス語を読む練習

    クリスマスツリーの飾り方のアイデア その1 ナチュラル

    12月になりましたね。フランスの師走は「クリスマス」という一大イベント…

  3. カラスとキツネ

    フランス語を読む練習

    カラスとキツネ(タイトルのフランス語:第7回)

    『カラスとキツネ』というお話のフランス語のタイトルを紹介します。…

  4. 母の日

    フランスの暦、年中行事

    この世でもっとも大変な仕事とは?~その3(終)

    こんにちは。penです。きょう5月25日、フランスでは「母の日…

  5. ハート型のキャンドル

    フランスの暦、年中行事

    バレンタインデーとその神秘~その1

    毎週読んでいるフランスの若い女性むけのWebマガジン。ちょっと早いので…

  6. pcで宿題をしている少女

    フランス語を読む練習

    ブログと著作権法について その2

    ブログと著作権に関する記事の第2回は、著作権について考えるきっかけにな…

コメント

    • さぼ
    • 2013年 3月 14日

    penさん、はじめまして! さぼという者です。

    ブログを読ませていただいて、虎と小鳥のフランス日記を受講して
    みたいなと思うようになりました。でも続けられるか不安です。

    取り上げられた詩で、
    学生の頃、授業で見たビデオを思い出し、youtubeで探したら
    ありました。
    http://www.youtube.com/watch?v=0do-UYWZKoY

    すてきな詩ですね。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 3月 15日

      さぼさま、はじめまして。ブログにご訪問ありがとうございました。
      また、コメントもいただきまして、うれしく思います。
      動画のリンク先、拝見しました。
      これを授業で使われたのですね。素敵ですね~。あとで記事に追加させていただきますね。

      「虎と小鳥のフランス日記」は物理的に時間がとれないと難しいかもしれないですが、ほかの人と情報交換できるので通信教育としては続けやすいと思います。
      マイペースでできるますし。何かご心配な点などありましたら、メールでご相談ください。
      こちらからどうぞ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 風に関する単語:かわいいフランス語教えます(132)
  2. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  3. 国際女性デーが生まれた背景。
  4. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2019年版…
  5. なぜ日本は捕鯨をやめないのか?
  6. ファッション界の大物、カール・ラガーフェルド、85歳で亡くな…
  7. アラビア語由来の単語:かわいいフランス語(131)
  8. ポワソン・ルージュ(サン・プリヴァ)の歌と訳詩、映画「シンプ…
  9. 黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を…
  10. ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?…

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス語の数字【第25回】31 – 40
  2. アントワーヌとコレット~入門日記第25回
  3. フランソワ・トリュフォー 没後30年記念イベント2つ
  4. 「まいにちフランス語」37:L59 単純未来その2
  5. アメリカのトランプ大統領、パリ協定離脱を発表。
  6. 音楽、楽譜にまつわる単語:かわいいフランス語教えます~その3…
  7. ナチ占領時代の子どもたちのことを知り次第に団結する生徒たち~…
  8. 歌と訳詞:美しい九月~バルバラ
  9. リチャード・ギアと後藤久美子が登場する「オランジーナ」のCM…
  10. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2019年版…

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語の名言の記事の目次
  2. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  4. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  5. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  6. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  7. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  8. フランス語のことわざ~目次 その1
  9. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  10. 翻訳者養成講座関連記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. フランス語の日めくり
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP